イトウ先生のTips note【AfterEffects CC 2019】パペットベンドピン

こんにちは、イマジカデジタルスケープの伊藤和博です。
あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。それでは、2019年最初のブログとなりますが、今年最初のブログは、AfterEffects CC 2019から新機能で「パペットベンドピン」をご紹介します。
AfterEffectsはCSの時から「パペットピンツール」を搭載しており、CC2018までは「パペットピンツール」「パペットスターチツール」「パペット重なりツール」の3つのツールを搭載していましたが、このパペット関連のツールがCC2019で新しくなりました。
これらのパペットピンツールの主な役割ですが、「パペットピンツール」がいわゆる人形の関節を定義するもので、いくつかの関節をパペットピンで定義し、そのうちのいずれかのピンを動かすと、周辺にある最寄りのピンを基軸に関節のアニメーションを模倣する、というもの、「パペットスターチツール」は、パペットピンの近くにスターチピンを入れておくとその周辺を「硬く」し、パペットピンを動かしても硬くなってあまり動かないようにする、という時に使用するもの、「パペット重なりツール」は関節などを動かした時に、動いた部分が元のオブジェクトに対して「前面」にくるのか「背面」に来るのかを指定するもの、でした。
今回のAfterEffects CC 2019ではこのパペットに「パペットベンドピンツール」と「パペット詳細ツール」という新たなツールが加わり、また従来の「パペットピンツール」は「パペット位置ピンツール」という名称に変更になっていますので、その辺りをご紹介したいと思います。

●パペット(位置)ピンツール

まずは、基本ツールのおさらいとなりますが、パペット系ツールの基本的な操作方法は、AfterEffectsではないですが以前のブログ「イトウ先生のTips note【Illustrator CC 2018】パペットワープ」での使い方と似ています。
まず、以下のようなシェイプレイヤーがあったとします。これは白の平面レイヤーの上に、Illustratorで作成したデニムのイラストを、AfterEffects上でアウトラインパスに変換したものです。

「パペット位置ピンツール」(CC2018までのパペットピンツール)は、ピンの位置を設定するもので、以下のように可動部分にピンを設定し、いずれかのピンを動かすと、他のピンを基軸に以下のように変形します。ピンの影響が及ぶ範囲を表示するには、パペット位置ピンツールの右にあるメッシュにチェックを入れておきます。なおこの「位置ピンツール」は、ピンの色が「黄色」で表示されるため、ピンの色で何のピンなのか?を判断することも可能になっています。もちろん個別のピンにキーフレームを設定し、アニメートが可能です。

なお、一度設定したこのピンは、あとからピンの役割を変更することが可能で、位置ピンツールとして設定しても、スターチやベンドなどに変更することが可能です。各ピンのカラーは「位置ピン」が黄色、「スターチ」が赤、ベンドが「黄土色」、「詳細」が緑、(重なりは「青」)になります。

●パペットスターチツール

パペットスターチツールは、CC2018まではピンを設定した箇所の「硬さ」を設定するものでしたが、CC2019では「硬さ」を設定する意味合いを残しつつも、他のツールと連動した時に「位置」として機能する場合もあります。
従来の使い方としては、「位置」のピンを設定し、そのピンの近くにスターチピン(赤いピン)を入れておくとその周辺が「硬化」し、位置ピンを動かしてもあまり動かないようにすることが可能でした。

●パペット重なりツール

パペット位置ピンツールで設定したピンを動かし、動かした部分がそのオブジェクト自身に重なった時、デフォルトでは「動かしたピンが、オブジェクト自身の前面に移動する」ようになっています。

この時、動かしたピンを背面に送りたい場合に「パペット重なりツール」を使います。まずパペット重なりツールで、「前面」に出したい箇所の方をクリック(青いピン)します。次に、前面に出したい範囲(面積)を、タイムラインパネルのパペット > メッシュ1 >重なり > 重なり1 > 範囲で設定します。デフォルトは15になっていますが、数値を上げれば上げるほど前面になる範囲は広がっていきます。その上で、パペット位置ピンツールに持ち替え、重ねたいピンをその上に移動すると、結果的に背面に移動したことになります。

●パペットベンドピンツール

ここからが本題となりますが、今回のCC2019で新しく搭載されたツールの1つがこのパペットベンドピンツールで、ベンドピンを設定した箇所に対し、「回転」と「拡大縮小」ができるようになりました。これによってレイヤーに対し「ねじれ」や「ゆがみ」を作れるようになりました。
例えば、以下のようなレイヤーを用意します。これもIllustratorのデータからアウトラインパスをとったものですが、AfterEffectsの合成シェイプで作成してもかまいません。

パペット位置ピンツールで4コーナーでクリックし、1つの位置ピンを動かすと以下のよう
になります。

パペットスターチツールで4コーナーの近くをそれぞれクリックし、1つの位置ピンを動かすと、ピンの近くが硬化するため、以下のようになります。

メッシュを非表示時にし、4コーナーの位置ピンとスターチピンを元に戻し、ただそれぞれのピンを入れたままの状態で・・

旗の右中央に、以下のようにベンドピンを入れます。

ピンの外側にある四角形のハンドルで「回転」と「拡大縮小」をコントロールしますが、ハンドルをピンの中心から外側に向かって(中央のピンに対して垂直方向に)動かすと拡大、中心に向かって内側に動かすと縮小、ハンドルを円周に沿って動かすと回転することが可能です。

今回は、このベンドピンに以下のようにキーフレームを設定します。3秒で半回転(180度)に設定し、同じくスケールも3秒で-100%に、というキーフレームです。

レンダリングして書き出したものが以下になります。(約5秒。音は鳴りません。)

風になびいている様子をアニメーションにする場合、キーフレームを設定するコツとしては、回転角度180度に対して、スケールを100から-100に、を1セットにすると1回なびいている様子を再現できるため、バタバタと強風に煽られているようにするには、この運動を短い時間に何度も繰り返すといいかと思います。ちなみに以下のように3秒間で回転を1回転、スケールは100%からスタートし、1秒15フレあたりに-100%のキー、3秒目に100%のキー、というキーフレームを設定すると3秒間に2回、風になびいているように見えるアニメーションにすることができます。

●パペット詳細ピンツール

パペット詳細ピンツールは、位置ピンとベンドを兼ね備えたピンになります。例えば、上記のベンドピンの場合は、「回転」と「拡大縮小」の制御しかできませんが、このピンをベンドピンではなく詳細ピンで設定すると、ピンの位置も同時にキーフレームを設定するなどの制御が可能になります。

 
長い間、特に変更がなかったこのパペットピンツールですが、このベンドピンの登場で、パペット以外にも様々な用途で活用できるようになりました。AfterEffects CC2019では新しいパペットエンジンを搭載しているようですのでより高度で詳細なコントロールができるようになっていますので、ぜひ一度使ってみてください。それでは、2019年もよろしくお願いいたします!


この記事を読んだ方にオススメの講座はこちら!

▼AfterEffects CC 2018の使い方・基本トレーニング
メインビジュアル:AfterEffects CC 2018の使い方・基本トレーニング

▼AfterEffects CC 2014の使い方・実践トレーニング
メインビジュアル:AfterEffects CC 2014の使い方・実践トレーニング


イトウ先生が、Twitterを始めました!みなさんもぜひ、フォローしてくださいね!
itoh_sensei

イトウ先生のTips noteアーカイブ【2016年~】

○AfterEffects CC 2015:顔のトラッキング
○AfterEffects CC 2015:タイムチューナー
○AfterEffects CC 2015:AIデータはレイヤーに分配で取り込む
○AfterEffects CC 2015:プレビューのコントロール
○AfterEffects CC 2015:スクリプト
○AfterEffects CC 2015:新しくなったMAXON CINEMA 4D Exporter
○AfterEffects CC 2015:マスクリファレンス
○AfterEffects CC 2015:スムーザー
○AfterEffects CC 2015:立体の旗を作る・1
○AfterEffects CC 2015:立体の旗を作る・2(CINEMA 4Dレンダラー)
○AfterEffects CC 2017:強化されたライブテキストテンプレート
○AfterEffects CC 2017:日付のトークン
○AfterEffects CC 2017:マーカーデュレーション
○AfterEffects CC 2017:他のレイヤーのエフェクトをプリコンポーズ無しで参照する
○AfterEffects CC 2017:拡張された平面フォルダ
○AfterEffects CC 2017:レイヤーのあるコンポジションに変換
○AfterEffects CC 2017:現在のフレームから静止画を作る
○AfterEffects CC 2017:最後のフレームでフリーズ
○AfterEffects CC 2017:サウンドの振幅を他のレイヤーで活用する、オーディオ振幅
○AfterEffects CC 2017:カンマ区切りの文字列をランダムに表示する
○AfterEffects CC 2017:CC Light Raysとトラッカー
○AfterEffects CC 2018:パスからヌルを作成
○AfterEffects CC 2018:モーショングラフィックステンプレート
○AfterEffects CC 2018:マスタープロパティ
○AfterEffects CC 2018:プロパティリンクのピックウィップ
○AfterEffects CC 2019:レスポンシブデザインー時間
○AfterEffects CC 2019:パペットベンドピン

イトウ先生のTips note アーカイブ【2010年~】(別サイトに飛びます)

○消しゴムツールの活用
○ななめの画像をまっすぐにする方法
○自然な合成テクニック・角版
○自然な合成テクニック・切り抜き画像
○画像合成後の便利なショートカット
○調整レイヤー
○レイヤーパネルの不透明度と塗りについて
○不透明度のショートカット
○CS5新機能01:「コンテンツに応じる」機能
○CS5新機能02:絵筆ブラシと混合ブラシ
○CS5新機能03:人の記憶に近い画像・HDRについて
○CS5新機能04:パペットワープ
○CS5新機能05:3Dオブジェクトとアニメーション
○美しいモノクロ画像の作り方
○境界部分をきれいにカラー変更する方法
○Photoshop CS6 特集・その1(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その2(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その3(全3回)
○2つの画像の違いを調べる、差の絶対値
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その1
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その2
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その3
○CSSの読み込み(スウォッチカラー)と、 CSS書き出し(CSSをコピー)について
○条件付きアクション
○Photoshop CCの新機能
○Photoshop CCの新機能:Generator(ジェネレーター)
○PhotoshopをJavaScriptで操作するAdobe Extendscript Toolkit CC
○新しいスクリプトパターンと、リンクを配置について
○変数
○Photoshop CC 2014:「配置」と「パッケージ化」
○Photoshop CC 2014:焦点選択と測定ガイド
○Photoshop CC 2014:3Dプリント
○Photoshop CC 2014:CameraRaw 8.7
○Photoshop CC 2014:シェイプから新規ガイドを作成と、新規ガイドレイアウトを作成
○Photoshop CC 2014:PhotoshopとAfterEffectsで使える、カラールックアップテーブルの書き出し
○Photoshop CC 2015:アートボード
○Photoshop CC 2015:かすみを除去する
○CS5新機能01:ロトブラシ
○CS5新機能02:新しい便利なショートカット
○CS5 パペットアニメーションと、時間反転キーフレーム
○CS5 ビデオや画像の型抜きについて「トラックマットとステンシルアルファ」
○CS5 動画の動きを捕らえて、他のレイヤーに適用する「モーショントラック」
○CS5.5 ワープスタビライザー
○CS5.5 ブラー・互換・タイムコード
○CS5.5 「シャドウを落とす・受ける」機能
○CS5.5 エクスプレッション・その1
○CS5.5 エクスプレッション・その2
○CS5.5 エクスプレッション・その3
○CS6の新機能1:ベクトルレイヤーからシェイプを生成
○CS6の新機能2:3Dカメラトラック
○AfterEffects CCの新機能:ワープスタビライザーVFX
○AfterEffects CC・レンダリングの変更点
○AfterEffects CCの新機能:マスクをトラック
○AfterEffects CCの新機能:ピクセルモーションブラー
○AfterEffects CCエッジを調整ツール
○AfterEffects CC モーションスケッチ
○AfterEffects CC 2014:HTML5パネルSDK(その1)
○AfterEffects CC 2014:HTML5パネルSDK(その2)
○AfterEffects CC 2014:4KビデオのYouTubeへのアップロード
○AfterEffects CC 2014:相対的なプロパティリンクと一緒にコピー
○AfterEffects CC 2014:モーフィング
○AfterEffects CC 2014:画像やビデオ等からカラーを抽出し、他のレイヤーに適用するsampleImageメソッド
○AfterEffects CC 2014:監視フォルダーの使い方
○AfterEffects CC 2014:カラープロファイルの使い方
○AfterEffects CC 2015:顔のトラッキング
○AfterEffects CC 2015:タイムチューナー