イトウ先生のTips note【AfterEffects CC 2015】立体の旗を作る・1

Tipsnote-photo-2016021

こんにちは、イマジカデジタルスケープの伊藤和博です。
今週はAfterEffects CC 2015から、「立体の旗を作る・その1」としまして、Illustratorおよび、既存のエフェクトとCINEMA 4D Liteを併用した旗の作成をご紹介したいと思います。
AfterEffects CC 2015の6月アップデート版から、AfterEffects上での3Dテキストレイヤーおよび3Dシェイプレイヤーにトランスフォーム等のアニメーションを設定したまま、CINEMA 4Dへの書き出しができるようになりましたが、CC2017では、新たにCINEMA4Dレンダラーが採用されたため、このブログでは、CC2015でのオペレーションとしてご紹介いたします。今後CC2017でのオペレーションとどのように違ってくるか、その違いがありましたら、その2のブログとしてご紹介したいと思います。

●タービュレントディスプレイス

まずは、Illustratorで以下のような素材を用意しておきます。星の部分は、立体にした時の立体の背面を考慮して、中マドや前面オブジェクトで型抜きなどで、穴があいた状態にしておきます。

Aecc15_flag001

AfterEffectsに取り込みます。星の部分に穴をあけておいたことで、背景のレイヤーのカラーを透過することが可能です。

Aecc15_flag002

Aecc15_flag003

エフェクトメニュー > ディストーション > タービュレントディスプレイス、を選択します。

Aecc15_flag004

エフェクトコントロールパネルから、変形の種類や量、サイズなどをお好みで調整し、展開にキーフレームを設定すると旗がなびいたように動きます。以下がそのビデオになります(音は鳴りません)。

なお、このレイヤー3Dレイヤーに変更し、Y回転等で奥行き感を出すことで以下のようにすることが可能です。なお、レンダラーがクラッシック3Dの場合はコンポジションパネルでなびいている様子が表示されますが、レイトレース3Dの場合はコンポジションパネル上ではレンダリングされないため、ただの平面の3Dレイヤーのように見えますが、Media Encoderでレンダリングすれば、いずれのレンダラーを使用しても3Dでレンダリングされます。

Aecc15_flag005

Aecc15_flag006

●厚みを出すには

次に、このIllustratorのデータに立体の厚みを持たせたいと思いますが、Illustratorのネイティブデータのままでは、レイトレース3Dでも厚みを持たせることができません。厚みを設定するのは形状オプションから行いますが、Illustratorのネイティブデータのままでは、曲率と線分数のみ設定可能です。曲率は曲面のように円形にする機能、線分数は、その曲面を何分割で曲面を作成するか?の設定になります。線分数の数値が高ければ高いほど、曲面は滑らかに見え、数値が少ないと紙を折って作った面のように多面体に見えます。

Aecc15_flag008

そこで厚みを持たせるために、このIllustratorのレイヤーから、AfterEffectsのシェイプレイヤーを作成します。一度、タービュレントディスプレイスのエフェクトを削除し、2Dレイヤーの状態に戻してから、レイヤーメニュー > ベクトルレイヤーからシェイプを作成、を選択します。
すると、Illustratorのレイヤーはそのままに、Illustratorのパスと同じパスの構造をもったAfterEffectsのシェイプレイヤーを新たに作成するため、このシェイプレイヤーを3Dレイヤーに変更すると、形状オプションから「押し出す深さ」を設定することが可能になり、厚みを持たせることが可能になります。

Aecc15_flag009

Aecc15_flag010

この厚みを持たせたレイヤーに、トランスフォームでアニメーションを加え、CINEMA 4D Liteで別の運動を与えたものが以下のビデオになります。

うねりのような運動を独特の照りが設定されますが、CINEMA4Dでのアニメーションの設定は、その2のブログの方でご紹介していきたいと思います。


この記事を読んだ方にオススメの講座はこちら!

▼Illustrator CC 2015の使い方・基本トレーニング
メインビジュアル:Illustrator CC 2015の使い方・基本トレーニング

▼AfterEffects CC 2014の使い方・実践トレーニング
メインビジュアル:AfterEffects CC 2014の使い方・実践トレーニング


イトウ先生が、Twitterを始めました!みなさんもぜひ、フォローしてくださいね!
itoh_sensei

イトウ先生のTips noteアーカイブ【2016年~】

イトウ先生のTips note アーカイブ【2010年~】(別サイトに飛びます)

○消しゴムツールの活用
○ななめの画像をまっすぐにする方法
○自然な合成テクニック・角版
○自然な合成テクニック・切り抜き画像
○画像合成後の便利なショートカット
○調整レイヤー
○レイヤーパネルの不透明度と塗りについて
○不透明度のショートカット
○CS5新機能01:「コンテンツに応じる」機能
○CS5新機能02:絵筆ブラシと混合ブラシ
○CS5新機能03:人の記憶に近い画像・HDRについて
○CS5新機能04:パペットワープ
○CS5新機能05:3Dオブジェクトとアニメーション
○美しいモノクロ画像の作り方
○境界部分をきれいにカラー変更する方法
○Photoshop CS6 特集・その1(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その2(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その3(全3回)
○2つの画像の違いを調べる、差の絶対値
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その1
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その2
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その3
○CSSの読み込み(スウォッチカラー)と、 CSS書き出し(CSSをコピー)について
○条件付きアクション
○Photoshop CCの新機能
○Photoshop CCの新機能:Generator(ジェネレーター)
○PhotoshopをJavaScriptで操作するAdobe Extendscript Toolkit CC
○新しいスクリプトパターンと、リンクを配置について
○変数
○Photoshop CC 2014:「配置」と「パッケージ化」
○Photoshop CC 2014:焦点選択と測定ガイド
○Photoshop CC 2014:3Dプリント
○Photoshop CC 2014:CameraRaw 8.7
○Photoshop CC 2014:シェイプから新規ガイドを作成と、新規ガイドレイアウトを作成
○Photoshop CC 2014:PhotoshopとAfterEffectsで使える、カラールックアップテーブルの書き出し
○Photoshop CC 2015:アートボード
○Photoshop CC 2015:かすみを除去する
○CS5新機能01:ロトブラシ
○CS5新機能02:新しい便利なショートカット
○CS5 パペットアニメーションと、時間反転キーフレーム
○CS5 ビデオや画像の型抜きについて「トラックマットとステンシルアルファ」
○CS5 動画の動きを捕らえて、他のレイヤーに適用する「モーショントラック」
○CS5.5 ワープスタビライザー
○CS5.5 ブラー・互換・タイムコード
○CS5.5 「シャドウを落とす・受ける」機能
○CS5.5 エクスプレッション・その1
○CS5.5 エクスプレッション・その2
○CS5.5 エクスプレッション・その3
○CS6の新機能1:ベクトルレイヤーからシェイプを生成
○CS6の新機能2:3Dカメラトラック
○AfterEffects CCの新機能:ワープスタビライザーVFX
○AfterEffects CC・レンダリングの変更点
○AfterEffects CCの新機能:マスクをトラック
○AfterEffects CCの新機能:ピクセルモーションブラー
○AfterEffects CCエッジを調整ツール
○AfterEffects CC モーションスケッチ
○AfterEffects CC 2014:HTML5パネルSDK(その1)
○AfterEffects CC 2014:HTML5パネルSDK(その2)
○AfterEffects CC 2014:4KビデオのYouTubeへのアップロード
○AfterEffects CC 2014:相対的なプロパティリンクと一緒にコピー
○AfterEffects CC 2014:モーフィング
○AfterEffects CC 2014:画像やビデオ等からカラーを抽出し、他のレイヤーに適用するsampleImageメソッド
○AfterEffects CC 2014:監視フォルダーの使い方
○AfterEffects CC 2014:カラープロファイルの使い方
○AfterEffects CC 2015:顔のトラッキング
○AfterEffects CC 2015:タイムチューナー