イトウ先生のTips note【Dreamweaver CC 2017】マルチカーソル

こんにちは、イマジカデジタルスケープの伊藤和博です。
今週はDreamweaver CC 2017の新機能から「マルチカーソル」をご紹介します。
この機能は、挿入パネルやアセットパネル等を使用してページを作成していく、という、いわゆるビジュアルアプリケーションを使用する感覚でDreamweaverを使う方よりも、HTMLソースを直接入力することをメインにDreamweaverを使用されている方に大変便利な機能で、ソースの入力を大幅に簡素化することができる新機能になります。
一度の入力で複数の行に同じソースを同時入力したり、連続する行、また連続しない行に関わらず、特定の行の属性値を一括入力で変更したり、など、頭に描いたDOM構造を素早くソースに反映していくには非常に便利な機能となりますので、その辺りの使い方をご紹介します。

●連続する複数の行に、同じソースを一括入力する。

これらマルチカーソルの機能は、コードビュー(分割ビュー)上での操作となりますが、まず、同じソースを入力したい箇所を空の行として空けておきます。
空の先頭の行でクリックしてIビームカーソルを入れ、option【Alt】キーを押しながら下にドラッグ、またはoption【Alt】キーとShift【shift】キーを押しながら、下矢印キーをタイプし続けます。すると、複数の行にIビームカーソルが設定されます。

そのままソースを入力すると、Iビームカーソルがある行に同時に入力されます。

閉じタグは、閉じタグを入力する箇所まで右矢印キーをタイプしてカーソルを移動した後、【<】【/】の2文字を連続で入力すると自動で閉じタグが適用されます。

●連続する複数の行の一部のテキストのみを、一括で選択+変更する。

連続する行の属性値など、ソース中の一部のテキストのみを変更する場合は、変更したい箇所の先頭にマウスカーソルを入れておき、option【Alt】キーを押しながら下及び右方向にドラッグ、またはoption【Alt】キーとShift【shift】キーを押しながら、下矢印キーと右矢印キーをタイプして、変更したい箇所のみを選択し、そのまま上書きでソースを入力します。

●飛び飛びの行の一部のテキストのみを、一括で選択+変更する。

飛び飛びの行の場合は、いずれか変更したい箇所の先頭にマウスカーソルを入れた後、command【Ctrl】キーを押しながら、選択したい行の指定の箇所をクリックしていくと、クリックした箇所にIビームカーソルが挿入されるため、その後、option【Alt】キーとShift【shift】キーを押しながら、右矢印キーを1回タイプ(1文字づつの場合はShift【shift】キーのみ押しながら、右矢印キーをタイプ)して、変更したい箇所のみを選択し、そのまま上書きでソースを入力します。

新機能の名前の通り複数の行に同時にカーソルを挿入できる、という機能になり、ソースの入力が非常に効率化されるため、他のテキストエディタからDreamweaverに乗り換える目的で使用されてもいいかと思いますのでぜひ使ってみてください。


この記事を読んだ方にオススメの講座はこちら!

▼Dreamweaver CC 2015の使い方・基本トレーニング
メインビジュアル:Dreamweaver CCの使い方・基本トレーニング


イトウ先生が、Twitterを始めました!みなさんもぜひ、フォローしてくださいね!
itoh_sensei

イトウ先生のTips noteアーカイブ【2016年~】

イトウ先生のTips note アーカイブ【2010年~】(別サイトに飛びます)

○消しゴムツールの活用
○ななめの画像をまっすぐにする方法
○自然な合成テクニック・角版
○自然な合成テクニック・切り抜き画像
○画像合成後の便利なショートカット
○調整レイヤー
○レイヤーパネルの不透明度と塗りについて
○不透明度のショートカット
○CS5新機能01:「コンテンツに応じる」機能
○CS5新機能02:絵筆ブラシと混合ブラシ
○CS5新機能03:人の記憶に近い画像・HDRについて
○CS5新機能04:パペットワープ
○CS5新機能05:3Dオブジェクトとアニメーション
○美しいモノクロ画像の作り方
○境界部分をきれいにカラー変更する方法
○Photoshop CS6 特集・その1(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その2(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その3(全3回)
○2つの画像の違いを調べる、差の絶対値
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その1
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その2
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その3
○CSSの読み込み(スウォッチカラー)と、 CSS書き出し(CSSをコピー)について
○条件付きアクション
○Photoshop CCの新機能
○Photoshop CCの新機能:Generator(ジェネレーター)
○PhotoshopをJavaScriptで操作するAdobe Extendscript Toolkit CC
○新しいスクリプトパターンと、リンクを配置について
○変数
○Photoshop CC 2014:「配置」と「パッケージ化」
○Photoshop CC 2014:焦点選択と測定ガイド
○Photoshop CC 2014:3Dプリント
○Photoshop CC 2014:CameraRaw 8.7
○Photoshop CC 2014:シェイプから新規ガイドを作成と、新規ガイドレイアウトを作成
○Photoshop CC 2014:PhotoshopとAfterEffectsで使える、カラールックアップテーブルの書き出し
○Photoshop CC 2015:アートボード
○Photoshop CC 2015:かすみを除去する
○CS5新機能01:ロトブラシ
○CS5新機能02:新しい便利なショートカット
○CS5 パペットアニメーションと、時間反転キーフレーム
○CS5 ビデオや画像の型抜きについて「トラックマットとステンシルアルファ」
○CS5 動画の動きを捕らえて、他のレイヤーに適用する「モーショントラック」
○CS5.5 ワープスタビライザー
○CS5.5 ブラー・互換・タイムコード
○CS5.5 「シャドウを落とす・受ける」機能
○CS5.5 エクスプレッション・その1
○CS5.5 エクスプレッション・その2
○CS5.5 エクスプレッション・その3
○CS6の新機能1:ベクトルレイヤーからシェイプを生成
○CS6の新機能2:3Dカメラトラック
○AfterEffects CCの新機能:ワープスタビライザーVFX
○AfterEffects CC・レンダリングの変更点
○AfterEffects CCの新機能:マスクをトラック
○AfterEffects CCの新機能:ピクセルモーションブラー
○AfterEffects CCエッジを調整ツール
○AfterEffects CC モーションスケッチ
○AfterEffects CC 2014:HTML5パネルSDK(その1)
○AfterEffects CC 2014:HTML5パネルSDK(その2)
○AfterEffects CC 2014:4KビデオのYouTubeへのアップロード
○AfterEffects CC 2014:相対的なプロパティリンクと一緒にコピー
○AfterEffects CC 2014:モーフィング
○AfterEffects CC 2014:画像やビデオ等からカラーを抽出し、他のレイヤーに適用するsampleImageメソッド
○AfterEffects CC 2014:監視フォルダーの使い方
○AfterEffects CC 2014:カラープロファイルの使い方
○AfterEffects CC 2015:顔のトラッキング
○AfterEffects CC 2015:タイムチューナー