イトウ先生のTips note【Illustrator CC 2018】変数パネルを使用したデータ結合・2

こんにちは、イマジカデジタルスケープの伊藤和博です。
2018年4月となりました。新社会人となりこれから社会で活躍される方、多数いらっしゃるかと思いますが、まずはおめでとうございます。仕事のやり方など、いろいろ諸先輩方に聞きながら頑張ってください。
さて、今週は前回の続きとなりますが、Illustrator CC 2018の2018年3月アップデートから「変数パネルを使用したデータ結合・その2」をご紹介します。
前回のブログでは、エクセルやNumbersでCSVを作成し、Illustratorの変数パネルに取り込み、アートボード上のオブジェクトとバインドさせ、データセットを選択してオブジェクトを入れ替える、というところまでご紹介しました。
今週は、変数とバインド(紐付け)したオブジェクトの複製や、変数でグラフを操作する方法をご紹介します。

●変数オブジェクトの複製について

前回の続きから、となりますが、仮にアートボードが複数ある場合で、別のアートボード上にあるオブジェクトを同時に編集する場合は、それぞれのオブジェクトを個別にバインドしておく必要があります。
例えば、アートボードツールでアートボードを複製した後、変数にバインドしたオブジェクトをそれぞれ以下のように変更した、とします。

この後、変数パネルでデータセットを変更しても、いずれか一方のアートボード上にあるオブジェクトしか変更されません。

この場合は、変更されない方のオブジェクトと、変数パネルの変数を再度動的に設定し直し、再バインドします。
変更されない方のオブジェクトと、変数パネル上でのバインドしたい変数を選択し、「・・を動的に設定」をクリックします。

この時、複製先のオブジェクトと、複製元のオブジェクトの表示状態が異なったまま動的に設定すると、以下のアラートを返します。

意味合い的には、「仮に2つのアートボードの画像を別々に表示させたままにしておきたい場合は、一旦このアラートを返した後に別名で保存などで保存しておかないと、この後、変数パネルでデータセットを変更することで、2つの画像は同時に変更されますよ」という警告になります。なお、2つの画像を同じ表示状態から再度動的に設定をクリックすれば、上記のアラートは表示されません。
OKをクリックすると、以下のように2つの同じ変数が表示されているのがわかります。

以降は、データセットを変更していけば、複数のアートボードにあるオブジェクトを同時に差し替えていくことが可能になります。

同様に、テキストも再バインドすることで、ドキュメント上にある全てのオブジェクトが、データセットの選択のみで一括変更することが可能になります。

● グラフの変数操作

グラフの場合は、CSVの二重リンクのような形になりますが、まずは、以下のような2つの表データがあったとします。

この2つの表データを、Illustratorで棒グラフにし、変数で瞬時に切り替えたい、という場合を想定します。
まずは、この2つの表データを事前にutf-8のCSVとして書き出しておき、更に、Illustratorのグラフをバインドする、以下のような別の表データを作成しておきます。

グラフの場合は、前回のブログでご紹介したとおり、項目名を「%」から書き始める必要がありますので、項目名は「%グラフ」とし、その下のセルには読み込みたいcsvデータのファイルパスを書き、このファイルもcsvで書き出しておきます。

次に、Illustratorに戻り、棒グラフツールでグラフを描きます。この時、数値を入力するウインドウが表示されますが、このウインドウには何も数字をいれずにそのまま閉じてかまいません。

次に、変数パネルで、上記の変数設定用のcsvを読み込み、グラフオブジェクトと変数名の両方を選択し、グラフを動的に設定、をクリックします。変数パネルのオブジェクトの列にグラフと表示されればバインドできたことになります。

あとは、データセットで選択すれば、瞬時にグラフの入れ替えを行うことが可能です。

ただし、グラフをよくみると、表データには含まれない棒グラフ(赤い枠)が生成されているのがわかります。

CSVをテキストエディタで見ると以下のようになっています。Numbersから書き出すcsvでバインド先がグラフの場合は、空白セルをそのまま列として認識するため、空の列に対してオブジェクトが生成されてしまうようです。

そこで、Numbersの場合、事前に空白セルが無いよう、以下のように不要な行列を削除してからcsvに書き出すか、テキストエディタで不要なカンマを手動で削除します。

Illustratorに取り込むと、以下のようにCSVの通りにグラフが生成されます。

なお、第一列目が半角数字で始まるcsvを、変数としてグラフに取り込むと、第一列目を表の項目としてではなく、一つの列として認識するため、項目なしの棒グラフが1つできてしまいます。

この場合は手作業での修正になりますが、表データ上かテキストエディタ上で全角数字に書き換えて、変数の定義ファイル自体を再読み込みするか、またはIllustrator上でグラフの上で右クリックし、データを選択した後、第一列目に手動でダブルクォーテーションを追加すると、項目として認識するようになります。

なお、Illustratorのグラフ上で右クリックし、グラフのデータでダブルクォーテーションを直接手入力した場合、その後、変数パネルで他のデータセットを選択して、再度元のデータセットを選択し直すと、元の変数から値を読み込み直すことになるため、手入力したダブルクォーテーションは外れてしまいますので、この場合は元のcsvを修正しておく方がいいでしょう。
また、グラフもテキストや画像と同じように、複数のグラフに同じ定義を割り当てることによって、別々のデザインで、同じ値を持ったグラフを複数同時に作成してくことが可能になります。

2回にわたってご紹介してきました変数のデータ結合ですが、今後の制作ワークフローを左右する非常に重要な機能だと思います。
現時点で変数でコントロールできるのは、文字、画像、グラフと、レイヤーの表示非表示になりますが、今後この変数でコントロールできる機能が増えてくると、Illustrator上でのワークフローはかなり変わってくると思いますので、まずは一度試しに使ってみてください。


この記事を読んだ方にオススメの講座はこちら!

▼Illustrator CC 2015の使い方・基本トレーニング
メインビジュアル:Illustrator CC 2015の使い方・基本トレーニング


イトウ先生が、Twitterを始めました!みなさんもぜひ、フォローしてくださいね!
itoh_sensei

イトウ先生のTips noteアーカイブ【2016年~】

○AfterEffects CC 2015:顔のトラッキング
○AfterEffects CC 2015:タイムチューナー
○AfterEffects CC 2015:AIデータはレイヤーに分配で取り込む
○AfterEffects CC 2015:プレビューのコントロール
○AfterEffects CC 2015:スクリプト
○AfterEffects CC 2015:新しくなったMAXON CINEMA 4D Exporter
○AfterEffects CC 2015:マスクリファレンス
○AfterEffects CC 2015:スムーザー
○AfterEffects CC 2015:立体の旗を作る・1
○AfterEffects CC 2015:立体の旗を作る・2(CINEMA 4Dレンダラー)
○AfterEffects CC 2017:強化されたライブテキストテンプレート
○AfterEffects CC 2017:日付のトークン
○AfterEffects CC 2017:マーカーデュレーション
○AfterEffects CC 2017:他のレイヤーのエフェクトをプリコンポーズ無しで参照する
○AfterEffects CC 2017:拡張された平面フォルダ
○AfterEffects CC 2017:レイヤーのあるコンポジションに変換
○AfterEffects CC 2017:現在のフレームから静止画を作る
○AfterEffects CC 2017:最後のフレームでフリーズ
○AfterEffects CC 2017:サウンドの振幅を他のレイヤーで活用する、オーディオ振幅
○AfterEffects CC 2017:カンマ区切りの文字列をランダムに表示する
○AfterEffects CC 2017:CC Light Raysとトラッカー
○AfterEffects CC 2018:パスからヌルを作成
○AfterEffects CC 2018:モーショングラフィックステンプレート

イトウ先生のTips note アーカイブ【2010年~】(別サイトに飛びます)

○消しゴムツールの活用
○ななめの画像をまっすぐにする方法
○自然な合成テクニック・角版
○自然な合成テクニック・切り抜き画像
○画像合成後の便利なショートカット
○調整レイヤー
○レイヤーパネルの不透明度と塗りについて
○不透明度のショートカット
○CS5新機能01:「コンテンツに応じる」機能
○CS5新機能02:絵筆ブラシと混合ブラシ
○CS5新機能03:人の記憶に近い画像・HDRについて
○CS5新機能04:パペットワープ
○CS5新機能05:3Dオブジェクトとアニメーション
○美しいモノクロ画像の作り方
○境界部分をきれいにカラー変更する方法
○Photoshop CS6 特集・その1(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その2(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その3(全3回)
○2つの画像の違いを調べる、差の絶対値
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その1
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その2
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その3
○CSSの読み込み(スウォッチカラー)と、 CSS書き出し(CSSをコピー)について
○条件付きアクション
○Photoshop CCの新機能
○Photoshop CCの新機能:Generator(ジェネレーター)
○PhotoshopをJavaScriptで操作するAdobe Extendscript Toolkit CC
○新しいスクリプトパターンと、リンクを配置について
○変数
○Photoshop CC 2014:「配置」と「パッケージ化」
○Photoshop CC 2014:焦点選択と測定ガイド
○Photoshop CC 2014:3Dプリント
○Photoshop CC 2014:CameraRaw 8.7
○Photoshop CC 2014:シェイプから新規ガイドを作成と、新規ガイドレイアウトを作成
○Photoshop CC 2014:PhotoshopとAfterEffectsで使える、カラールックアップテーブルの書き出し
○Photoshop CC 2015:アートボード
○Photoshop CC 2015:かすみを除去する
○CS5新機能01:ロトブラシ
○CS5新機能02:新しい便利なショートカット
○CS5 パペットアニメーションと、時間反転キーフレーム
○CS5 ビデオや画像の型抜きについて「トラックマットとステンシルアルファ」
○CS5 動画の動きを捕らえて、他のレイヤーに適用する「モーショントラック」
○CS5.5 ワープスタビライザー
○CS5.5 ブラー・互換・タイムコード
○CS5.5 「シャドウを落とす・受ける」機能
○CS5.5 エクスプレッション・その1
○CS5.5 エクスプレッション・その2
○CS5.5 エクスプレッション・その3
○CS6の新機能1:ベクトルレイヤーからシェイプを生成
○CS6の新機能2:3Dカメラトラック
○AfterEffects CCの新機能:ワープスタビライザーVFX
○AfterEffects CC・レンダリングの変更点
○AfterEffects CCの新機能:マスクをトラック
○AfterEffects CCの新機能:ピクセルモーションブラー
○AfterEffects CCエッジを調整ツール
○AfterEffects CC モーションスケッチ
○AfterEffects CC 2014:HTML5パネルSDK(その1)
○AfterEffects CC 2014:HTML5パネルSDK(その2)
○AfterEffects CC 2014:4KビデオのYouTubeへのアップロード
○AfterEffects CC 2014:相対的なプロパティリンクと一緒にコピー
○AfterEffects CC 2014:モーフィング
○AfterEffects CC 2014:画像やビデオ等からカラーを抽出し、他のレイヤーに適用するsampleImageメソッド
○AfterEffects CC 2014:監視フォルダーの使い方
○AfterEffects CC 2014:カラープロファイルの使い方
○AfterEffects CC 2015:顔のトラッキング
○AfterEffects CC 2015:タイムチューナー