イトウ先生のTips note【Illustrator CC 2017】サンプルテキストと異体字のコンテキスト表示

こんにちは、イマジカデジタルスケープの伊藤和博です。
今週は、Illustrator CC 2017の新機能から、「サンプルテキストと異体字のコンテキスト表示」をご紹介します。
Illustrator CC2017では、テキスト関連の機能が強化されており、サンプルテキスト表示と異体字へのアクセスが容易になりました。今回ご紹介する機能は使い勝手や機能的な好き嫌いはあるかもしれませんが、テキスト含めた全体のレイアウト感、組版の確認するため、サンプルテキストを活用したり、ポイントテキストへの入力スピード向上、異体字へのアクセススピードが向上していますのでこのあたりをご紹介していきます。

●さっそくやってみよう!

まず、Illustrator CC2017では、言語環境設定にかかわらず、文字ツールを選択してアートボード上でクリックすると、文字パネルで設定されているフォントサイズなどに応じて、自動的にサンプルテキストが入力された状態からスタートします。

この機能のメリットは、文字の入力しやすさに加えて、特にポイントテキストの場合は「孤立点ができる可能性も減らす」、ということになるかと思います。
テキストを入力しようと思い、文字ツールで任意の箇所でクリックした後、やっぱり別のことをしよう、などテキストを入力するつもりで他のことをしてしまったり、また気づかないところでうっかり文字ツールでクリックし、文字の入力を行わないでいると、その時にできたアンカーポイントは文字を入力していなくてもフォント扱いになります。

この時、サンプルテキストが自動で入力されると、「文字ツールで間違ってクリックしたけど削除し忘れた」ということはなくなると思います。
ちなみに、孤立点を削除する場合は、選択範囲メニュー>余分なポイント、で選択し削除します。

また、このサンプルテキストはエリアテキストにも適用され、任意のオブジェクト内にエリア内テキストツールでクリックするだけで、自動的にサンプルテキストを配置します。

なお、このサンプルテキストが使いづらい、という場合は、環境設定 > テキストにある、「新規オブジェクトにサンプルテキストを割り付け」のチェックを外しておきます。

●コンテキストウィジェットの表示

また、選択したテキストキャラクタに異体字がある場合、文字の下にコンテキストウィジェットを表示し、異体字へすばやくアクセス可能になっています。ウィジェットの左にある矢印をクリックすると字形パネルにアクセス可能です。

日本語も、またサンプルテキストそのものも異体字があるものは異体字を表示します。

そもそもこの機能は、InDesignのCC 2015から搭載した機能と同様の機能ですので、文字周りの機能はIllustratorもInDesignの機能に近づいてきている、といえると思います。名簿など、人名をよく扱うお仕事の方は異体字を使う機会が多いかと思いますので、ぜひこの機能を使ってみてください。


この記事を読んだ方にオススメの講座はこちら!

▼Illustrator CC 2015の使い方・基本トレーニング
メインビジュアル:Illustrator CC 2015の使い方・基本トレーニング


イトウ先生が、Twitterを始めました!みなさんもぜひ、フォローしてくださいね!
itoh_sensei

イトウ先生のTips noteアーカイブ【2016年~】

イトウ先生のTips note アーカイブ【2010年~】(別サイトに飛びます)

○消しゴムツールの活用
○ななめの画像をまっすぐにする方法
○自然な合成テクニック・角版
○自然な合成テクニック・切り抜き画像
○画像合成後の便利なショートカット
○調整レイヤー
○レイヤーパネルの不透明度と塗りについて
○不透明度のショートカット
○CS5新機能01:「コンテンツに応じる」機能
○CS5新機能02:絵筆ブラシと混合ブラシ
○CS5新機能03:人の記憶に近い画像・HDRについて
○CS5新機能04:パペットワープ
○CS5新機能05:3Dオブジェクトとアニメーション
○美しいモノクロ画像の作り方
○境界部分をきれいにカラー変更する方法
○Photoshop CS6 特集・その1(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その2(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その3(全3回)
○2つの画像の違いを調べる、差の絶対値
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その1
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その2
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その3
○CSSの読み込み(スウォッチカラー)と、 CSS書き出し(CSSをコピー)について
○条件付きアクション
○Photoshop CCの新機能
○Photoshop CCの新機能:Generator(ジェネレーター)
○PhotoshopをJavaScriptで操作するAdobe Extendscript Toolkit CC
○新しいスクリプトパターンと、リンクを配置について
○変数
○Photoshop CC 2014:「配置」と「パッケージ化」
○Photoshop CC 2014:焦点選択と測定ガイド
○Photoshop CC 2014:3Dプリント
○Photoshop CC 2014:CameraRaw 8.7
○Photoshop CC 2014:シェイプから新規ガイドを作成と、新規ガイドレイアウトを作成
○Photoshop CC 2014:PhotoshopとAfterEffectsで使える、カラールックアップテーブルの書き出し
○Photoshop CC 2015:アートボード
○Photoshop CC 2015:かすみを除去する
○CS5新機能01:ロトブラシ
○CS5新機能02:新しい便利なショートカット
○CS5 パペットアニメーションと、時間反転キーフレーム
○CS5 ビデオや画像の型抜きについて「トラックマットとステンシルアルファ」
○CS5 動画の動きを捕らえて、他のレイヤーに適用する「モーショントラック」
○CS5.5 ワープスタビライザー
○CS5.5 ブラー・互換・タイムコード
○CS5.5 「シャドウを落とす・受ける」機能
○CS5.5 エクスプレッション・その1
○CS5.5 エクスプレッション・その2
○CS5.5 エクスプレッション・その3
○CS6の新機能1:ベクトルレイヤーからシェイプを生成
○CS6の新機能2:3Dカメラトラック
○AfterEffects CCの新機能:ワープスタビライザーVFX
○AfterEffects CC・レンダリングの変更点
○AfterEffects CCの新機能:マスクをトラック
○AfterEffects CCの新機能:ピクセルモーションブラー
○AfterEffects CCエッジを調整ツール
○AfterEffects CC モーションスケッチ
○AfterEffects CC 2014:HTML5パネルSDK(その1)
○AfterEffects CC 2014:HTML5パネルSDK(その2)
○AfterEffects CC 2014:4KビデオのYouTubeへのアップロード
○AfterEffects CC 2014:相対的なプロパティリンクと一緒にコピー
○AfterEffects CC 2014:モーフィング
○AfterEffects CC 2014:画像やビデオ等からカラーを抽出し、他のレイヤーに適用するsampleImageメソッド
○AfterEffects CC 2014:監視フォルダーの使い方
○AfterEffects CC 2014:カラープロファイルの使い方
○AfterEffects CC 2015:顔のトラッキング
○AfterEffects CC 2015:タイムチューナー