イトウ先生のTips note【AfterEffects CC 2017】レイヤーのあるコンポジションに変換

こんにちは、イマジカデジタルスケープの伊藤和博です。
今週はAfterEffects CC 2017から「レイヤーのあるコンポジションに変換」をご紹介します。
この機能そのものはCC 2015から追加された機能ですが、IllustratorやPhotoshopなどレイヤー構造になっているデータを「フッテージ」として取り込み、全てのレイヤーを結合して1つのフッテージとしてまとめてしまった後、AfterEffects上で、IllustratorやPhotoshopのレイヤー構造に再分解する機能になります。
以前のブログでイトウ先生のTips note【AfterEffects CC 2015】AIデータはレイヤーに分配で取り込むという記事と関連した機能になりますが、Illustratorのデータの場合には、あくまでも個々のオブジェクトをレイヤーに分けて作成している場合にのみ有効な機能となります。

●さっそくやってみよう!

まずは、以下のようなレイヤー構造になっているIllustratorのデータがあったとします。

このAIデータをAfterEffectsに取り込む際、コンポジションとして取り込むか、フッテージとして取り込むかを選択できますが、コンポジションとして取り込んだ場合は、IllustratorのレイヤーをAfterEffectsでのレイヤーに変換して取り込むことが可能です、ということは以前のブログの記事で書いた通りです。
この時、コンポジションではなくフッテージとして取り込むと、Illustrator上でのすべてのレイヤーを結合し、1枚のレイヤーで取り込むか、特定のレイヤーのみを取り込むかを聞いてきますが、「レイヤーを統合」を選択するとすべてのレイヤーは結合されて1つのレイヤーとして取り込まれます。

この、レイヤーを統合して「フッテージ」として取り込んだ後、AfterEffects上で再度Illustratorのレイヤーの状態に再分解する機能が「レイヤーのあるコンポジションに変換」という機能になります。

●レイヤーのあるコンポジションに変換

レイヤーの状態に再分解する場合は、プロジェクトパネル内にあるAIデータ、またはタイムラインに取り込んだAIデータのいずれかを選択し、レイヤーメニュー > 「レイヤーのあるコンポジションに変換」を選択します。

すると、オリジナルのレイヤーを統合したAIデータはそのままに、新たにコンポジションを作成してその中にレイヤーに分解されたフッテージを個別に作成します。タイムラインに取り込んだ元のAIデータはコンポジションに変換され、そのコンポジションの中にレイヤーに再分解されたAIデータが個々に入っている、という状態にすることが可能です。

このレイヤーへの再分解はPhotoshop形式の画像でも可能ですので、一度フッテージとして取り込んだ後にレイヤーに再分解する場合には使用するといいでしょう。なお、Illustratorのデータは1つのレイヤーですべてのイラスト等を作成してしまう場合もあるため、Illustrator上で個々のオブジェクトに分解する場合には、以前のブログイトウ先生のTips note【AfterEffects CC 2015】AIデータはレイヤーに分配で取り込むを参照してみてください。


この記事を読んだ方にオススメの講座はこちら!

▼AfterEffects CCの使い方・基本トレーニング
メインビジュアル:AfterEffects CCの使い方・基本トレーニング

▼AfterEffects CC 2014の使い方・実践トレーニング
メインビジュアル:AfterEffects CC 2014の使い方・実践トレーニング


イトウ先生が、Twitterを始めました!みなさんもぜひ、フォローしてくださいね!
itoh_sensei

イトウ先生のTips noteアーカイブ【2016年~】

イトウ先生のTips note アーカイブ【2010年~】(別サイトに飛びます)

○消しゴムツールの活用
○ななめの画像をまっすぐにする方法
○自然な合成テクニック・角版
○自然な合成テクニック・切り抜き画像
○画像合成後の便利なショートカット
○調整レイヤー
○レイヤーパネルの不透明度と塗りについて
○不透明度のショートカット
○CS5新機能01:「コンテンツに応じる」機能
○CS5新機能02:絵筆ブラシと混合ブラシ
○CS5新機能03:人の記憶に近い画像・HDRについて
○CS5新機能04:パペットワープ
○CS5新機能05:3Dオブジェクトとアニメーション
○美しいモノクロ画像の作り方
○境界部分をきれいにカラー変更する方法
○Photoshop CS6 特集・その1(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その2(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その3(全3回)
○2つの画像の違いを調べる、差の絶対値
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その1
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その2
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その3
○CSSの読み込み(スウォッチカラー)と、 CSS書き出し(CSSをコピー)について
○条件付きアクション
○Photoshop CCの新機能
○Photoshop CCの新機能:Generator(ジェネレーター)
○PhotoshopをJavaScriptで操作するAdobe Extendscript Toolkit CC
○新しいスクリプトパターンと、リンクを配置について
○変数
○Photoshop CC 2014:「配置」と「パッケージ化」
○Photoshop CC 2014:焦点選択と測定ガイド
○Photoshop CC 2014:3Dプリント
○Photoshop CC 2014:CameraRaw 8.7
○Photoshop CC 2014:シェイプから新規ガイドを作成と、新規ガイドレイアウトを作成
○Photoshop CC 2014:PhotoshopとAfterEffectsで使える、カラールックアップテーブルの書き出し
○Photoshop CC 2015:アートボード
○Photoshop CC 2015:かすみを除去する
○CS5新機能01:ロトブラシ
○CS5新機能02:新しい便利なショートカット
○CS5 パペットアニメーションと、時間反転キーフレーム
○CS5 ビデオや画像の型抜きについて「トラックマットとステンシルアルファ」
○CS5 動画の動きを捕らえて、他のレイヤーに適用する「モーショントラック」
○CS5.5 ワープスタビライザー
○CS5.5 ブラー・互換・タイムコード
○CS5.5 「シャドウを落とす・受ける」機能
○CS5.5 エクスプレッション・その1
○CS5.5 エクスプレッション・その2
○CS5.5 エクスプレッション・その3
○CS6の新機能1:ベクトルレイヤーからシェイプを生成
○CS6の新機能2:3Dカメラトラック
○AfterEffects CCの新機能:ワープスタビライザーVFX
○AfterEffects CC・レンダリングの変更点
○AfterEffects CCの新機能:マスクをトラック
○AfterEffects CCの新機能:ピクセルモーションブラー
○AfterEffects CCエッジを調整ツール
○AfterEffects CC モーションスケッチ
○AfterEffects CC 2014:HTML5パネルSDK(その1)
○AfterEffects CC 2014:HTML5パネルSDK(その2)
○AfterEffects CC 2014:4KビデオのYouTubeへのアップロード
○AfterEffects CC 2014:相対的なプロパティリンクと一緒にコピー
○AfterEffects CC 2014:モーフィング
○AfterEffects CC 2014:画像やビデオ等からカラーを抽出し、他のレイヤーに適用するsampleImageメソッド
○AfterEffects CC 2014:監視フォルダーの使い方
○AfterEffects CC 2014:カラープロファイルの使い方
○AfterEffects CC 2015:顔のトラッキング
○AfterEffects CC 2015:タイムチューナー