イトウ先生のTips note【Photoshop CC 2015】切り抜きのコンテンツに応じた塗りつぶし

Tipsnote-photo-2016015

こんにちは、イマジカデジタルスケープの伊藤和博です。
今週は、Photoshop CC 2015の6月アップデート版より、「切り抜きのコンテンツに応じた塗りつぶし」をご紹介します。
この、ある意味シリーズ化しているともいえる「コンテンツに応じた・・」関連の機能ですが、ついに切り抜きツールにも「コンテンツに応じた」機能が搭載されました。
今回の機能は、斜めにカットした画像の欠落部分を周辺の画像を使って塗りつぶす、というものになりますが、従来は、画像を回転した上で矩形に切り抜く場合、元の画像と比べると、縦横サイズはどうしても小さくする必要がありました。今回のこの機能の搭載で、欠落部分を自動的に補填し、かつ極力画像サイズをそのままに切り抜くことが可能になりました。

●さっそくやってみよう!

まずは、従来の切り抜きツールで切り抜きたい領域を囲みます。

Pscc15_Cut001

画像を回転する場合は、切り抜きツールのまま、切り抜きツールで囲んだエリアの外側をドラッグすると回転させることが可能です。
画像は常に矩形での切り抜きとなるため、回転させると状況に応じて画像に欠ける部分ができてしまいます。

Pscc15_Cut002

このとき、オプションバーにある、切り抜きツールのオプション「コンテンツに応じる」にチェックしておきます。

Pscc15_Cut003

切り抜きツールで囲んだエリアの内側でダブルクリックするか、オプションバーの○ボタンをクリックすると、欠けた部分にあった周辺の画像を使用し、欠けた部分を補った状態で切り抜きが実行されます。

Pscc15_Cut004

切り抜きの実行時に、オプションバーにある「切り抜いたピクセルを削除」のチェックを外して切り抜きを実行すると非破壊切り抜きとなり、切り抜いた後でも画像が移動可能ですが、切り抜いた後に画像を移動すると以下のように補填されているのがわかります。

Pscc15_Cut005

Pscc15_Cut006

当たり前ではありますが、コンテンツに応じて塗りつぶした部分がこちらの期待通りになるとは限りませんので、この辺りはコピースタンプツールをはじめ、修復ブラシやパッチツールなど、レタッチ系のツールを使用して手作業で修正する、という形になります。

Pscc15_Cut007

従来は、できるだけクオリティを維持したまま斜めに画像をカットする場合は、画像が小さくなるのはやむ終えませんでしたが、この機能を使用することでできるだけ画像のサイズをキープした状態で斜めにカットできるようになりましたので、バージョンアップがまだの方はぜひバージョンアップして使ってみてください。


この記事を読んだ方にオススメの講座はこちら!

▼Photoshop CC 2015 の使い方・基本トレーニング
メインビジュアル:Photoshop CC 2015 の使い方・基本トレーニング


イトウ先生が、Twitterを始めました!みなさんもぜひ、フォローしてくださいね!
itoh_sensei

イトウ先生のTips noteアーカイブ【2016年~】

イトウ先生のTips note アーカイブ【2010年~】(別サイトに飛びます)

○消しゴムツールの活用
○ななめの画像をまっすぐにする方法
○自然な合成テクニック・角版
○自然な合成テクニック・切り抜き画像
○画像合成後の便利なショートカット
○調整レイヤー
○レイヤーパネルの不透明度と塗りについて
○不透明度のショートカット
○CS5新機能01:「コンテンツに応じる」機能
○CS5新機能02:絵筆ブラシと混合ブラシ
○CS5新機能03:人の記憶に近い画像・HDRについて
○CS5新機能04:パペットワープ
○CS5新機能05:3Dオブジェクトとアニメーション
○美しいモノクロ画像の作り方
○境界部分をきれいにカラー変更する方法
○Photoshop CS6 特集・その1(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その2(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その3(全3回)
○2つの画像の違いを調べる、差の絶対値
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その1
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その2
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その3
○CSSの読み込み(スウォッチカラー)と、 CSS書き出し(CSSをコピー)について
○条件付きアクション
○Photoshop CCの新機能
○Photoshop CCの新機能:Generator(ジェネレーター)
○PhotoshopをJavaScriptで操作するAdobe Extendscript Toolkit CC
○新しいスクリプトパターンと、リンクを配置について
○変数
○Photoshop CC 2014:「配置」と「パッケージ化」
○Photoshop CC 2014:焦点選択と測定ガイド
○Photoshop CC 2014:3Dプリント
○Photoshop CC 2014:CameraRaw 8.7
○Photoshop CC 2014:シェイプから新規ガイドを作成と、新規ガイドレイアウトを作成
○Photoshop CC 2014:PhotoshopとAfterEffectsで使える、カラールックアップテーブルの書き出し
○Photoshop CC 2015:アートボード
○Photoshop CC 2015:かすみを除去する
○CS5新機能01:ロトブラシ
○CS5新機能02:新しい便利なショートカット
○CS5 パペットアニメーションと、時間反転キーフレーム
○CS5 ビデオや画像の型抜きについて「トラックマットとステンシルアルファ」
○CS5 動画の動きを捕らえて、他のレイヤーに適用する「モーショントラック」
○CS5.5 ワープスタビライザー
○CS5.5 ブラー・互換・タイムコード
○CS5.5 「シャドウを落とす・受ける」機能
○CS5.5 エクスプレッション・その1
○CS5.5 エクスプレッション・その2
○CS5.5 エクスプレッション・その3
○CS6の新機能1:ベクトルレイヤーからシェイプを生成
○CS6の新機能2:3Dカメラトラック
○AfterEffects CCの新機能:ワープスタビライザーVFX
○AfterEffects CC・レンダリングの変更点
○AfterEffects CCの新機能:マスクをトラック
○AfterEffects CCの新機能:ピクセルモーションブラー
○AfterEffects CCエッジを調整ツール
○AfterEffects CC モーションスケッチ
○AfterEffects CC 2014:HTML5パネルSDK(その1)
○AfterEffects CC 2014:HTML5パネルSDK(その2)
○AfterEffects CC 2014:4KビデオのYouTubeへのアップロード
○AfterEffects CC 2014:相対的なプロパティリンクと一緒にコピー
○AfterEffects CC 2014:モーフィング
○AfterEffects CC 2014:画像やビデオ等からカラーを抽出し、他のレイヤーに適用するsampleImageメソッド
○AfterEffects CC 2014:監視フォルダーの使い方
○AfterEffects CC 2014:カラープロファイルの使い方
○AfterEffects CC 2015:顔のトラッキング
○AfterEffects CC 2015:タイムチューナー