イトウ先生のTips note【Premiere Pro CC 2017】キーボードショートカット

こんにちは、イマジカデジタルスケープの伊藤和博です。
今週はPremiere Pro CC 2017の新機能から「キーボードショートカット」をご紹介します。
キーボードショートカットそのものが新機能、ということではなく、キーボードショートカットの確認・設定変更やそのインターフェイスそのものがビジュアル的に非常にわかりやすく、扱いやすくなりました。
デスクトップやノートPCなど、現在使用しているハードウェアに合わせてキーボード配列が表示されるようになり、タイプしたキーと連動したショートカットが表示されるため、キーコンビネーションによって何がどのように割り当てがされているのかが一目瞭然になりましたので、そのあたりをご紹介したいと思います。

●アプリケーションメニュー

まずは、アプリケーションメニュー(Windowsは編集メニュー)→キーボードショートカットを選択しますが、CC2015とCC2017ではパネル表示が全然違います。

現在使用しているPCに合わせたキー配列が表示され、command【Ctrl】やoption【Alt】をタイプした際に、どのキーにショートカットが割り当てられているのかが一目でわかります。

キーに設定されている配色は、紫はアプリケーション全体で使用するショートカット、緑はパネル固有のショートカット、紫と緑はその両方に割り当てられているキー、という意味になります。

●新しいショートカットの割り当て

新規のショートカットを割り当てる場合は、ウインドウ左下にある【コマンド】から、割り当てたいコマンドを表示した後、ショートカットの箇所をクリックすると【×】を伴う枠が表示されるため、その状態でお好みで新しいショートカットを直接タイプして設定します。

●キー割り当ての一覧を作成する

ウインドウ上部にある【クリップボードにコピー】をクリックすると割り当て中のショートカットの一覧をテキストデータとしてメモリー内に保存するため、任意のテキストエディタを起動しペーストすることで一覧を書き出すことが可能です。

このキーボードショートカットの機能によって、【このキーとこのキーを組み合わせると何のコマンドになるのか?】の学習ツールとして使用できるのはもちろん、【どのキーが割り当てとして空いているか?】などを視覚的にわかりやすくしたり、また、まだPremiere Proの操作に慣れていない方にとっては【この辺りのキーに間違って触れてしまい何らかのショートカットが反応したが、今、何が起こったのか?】などを調べるのが容易になるため非常に重宝する機能になります。ぜひ他のアプリケションでも採用していただきたい機能といえると思いますが、ぜひこのキーボードショートカットは自学自習ツールとして活用してみてください。


この記事を読んだ方にオススメの講座はこちら!

▼Premiere Pro CC 2014の使い方・基本トレーニング
メインビジュアル:Premiere Pro CC 2014の使い方・基本トレーニング


イトウ先生が、Twitterを始めました!みなさんもぜひ、フォローしてくださいね!
itoh_sensei

イトウ先生のTips noteアーカイブ【2016年~】

イトウ先生のTips note アーカイブ【2010年~】(別サイトに飛びます)

○消しゴムツールの活用
○ななめの画像をまっすぐにする方法
○自然な合成テクニック・角版
○自然な合成テクニック・切り抜き画像
○画像合成後の便利なショートカット
○調整レイヤー
○レイヤーパネルの不透明度と塗りについて
○不透明度のショートカット
○CS5新機能01:「コンテンツに応じる」機能
○CS5新機能02:絵筆ブラシと混合ブラシ
○CS5新機能03:人の記憶に近い画像・HDRについて
○CS5新機能04:パペットワープ
○CS5新機能05:3Dオブジェクトとアニメーション
○美しいモノクロ画像の作り方
○境界部分をきれいにカラー変更する方法
○Photoshop CS6 特集・その1(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その2(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その3(全3回)
○2つの画像の違いを調べる、差の絶対値
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その1
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その2
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その3
○CSSの読み込み(スウォッチカラー)と、 CSS書き出し(CSSをコピー)について
○条件付きアクション
○Photoshop CCの新機能
○Photoshop CCの新機能:Generator(ジェネレーター)
○PhotoshopをJavaScriptで操作するAdobe Extendscript Toolkit CC
○新しいスクリプトパターンと、リンクを配置について
○変数
○Photoshop CC 2014:「配置」と「パッケージ化」
○Photoshop CC 2014:焦点選択と測定ガイド
○Photoshop CC 2014:3Dプリント
○Photoshop CC 2014:CameraRaw 8.7
○Photoshop CC 2014:シェイプから新規ガイドを作成と、新規ガイドレイアウトを作成
○Photoshop CC 2014:PhotoshopとAfterEffectsで使える、カラールックアップテーブルの書き出し
○Photoshop CC 2015:アートボード
○Photoshop CC 2015:かすみを除去する
○CS5新機能01:ロトブラシ
○CS5新機能02:新しい便利なショートカット
○CS5 パペットアニメーションと、時間反転キーフレーム
○CS5 ビデオや画像の型抜きについて「トラックマットとステンシルアルファ」
○CS5 動画の動きを捕らえて、他のレイヤーに適用する「モーショントラック」
○CS5.5 ワープスタビライザー
○CS5.5 ブラー・互換・タイムコード
○CS5.5 「シャドウを落とす・受ける」機能
○CS5.5 エクスプレッション・その1
○CS5.5 エクスプレッション・その2
○CS5.5 エクスプレッション・その3
○CS6の新機能1:ベクトルレイヤーからシェイプを生成
○CS6の新機能2:3Dカメラトラック
○AfterEffects CCの新機能:ワープスタビライザーVFX
○AfterEffects CC・レンダリングの変更点
○AfterEffects CCの新機能:マスクをトラック
○AfterEffects CCの新機能:ピクセルモーションブラー
○AfterEffects CCエッジを調整ツール
○AfterEffects CC モーションスケッチ
○AfterEffects CC 2014:HTML5パネルSDK(その1)
○AfterEffects CC 2014:HTML5パネルSDK(その2)
○AfterEffects CC 2014:4KビデオのYouTubeへのアップロード
○AfterEffects CC 2014:相対的なプロパティリンクと一緒にコピー
○AfterEffects CC 2014:モーフィング
○AfterEffects CC 2014:画像やビデオ等からカラーを抽出し、他のレイヤーに適用するsampleImageメソッド
○AfterEffects CC 2014:監視フォルダーの使い方
○AfterEffects CC 2014:カラープロファイルの使い方
○AfterEffects CC 2015:顔のトラッキング
○AfterEffects CC 2015:タイムチューナー