イトウ先生のTips note【InDesign CC 2017】脚注の段抜き

Tipsnote-photo-2017024

こんにちは、イマジカデジタルスケープの伊藤和博です。
2017年、あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い申し上げます。
さて、2017年最初のブログは、InDesign CC 2017の新機能から、「脚注の段抜き」をご紹介します。
脚注とは、「本文の下につける(本文中に出てくる単語や表記の)注記」のことで、本文文字サイズよりも1~2段階小さい文字サイズで設定するものです。
InDesignにはもともと脚注の機能はありましたが、これまでの脚注は、複数段落のドキュメントの場合、段落単位での脚注となり、脚注の機能そのものでは、複数の段間を横断する(段を抜く)脚注を作成することができませんでしたが、CC2017ではこれが可能になりました。
製品マニュアルや取扱説明書の作成などでは必須の機能になるかと思いますので、ぜひ使ってみてください。

●さっそくやってみよう!

まず、脚注そのものの使い方ですが、脚注を挿入したい箇所にカーソルを入れておき、書式メニュー > 脚注を挿入、を選択します。

IDCC17-kyakucyu001

デフォルトでは半角の「1」が挿入され、同時にテキストフレーム内の最終行に、自動的に脚注を入力できる領域が設定されます。脚注の機能で設定した領域であるため、本文テキストの量が増減しても、脚注の領域はそのままキープされます。

IDCC17-kyakucyu003

脚注を削除する場合は、脚注を挿入した箇所にカーソルを入れ、テキストを選択するようにドラッグすると、極細スペースよりも細いスペースのようなものが選択されるためこれを削除します(数字そのものは選択できません)。また、脚注は制御文字を表示しても表示されません。

IDCC17-kyakucyu005

●脚注の段抜き

InDesign CC 2017では、脚注を挿入した後、脚注のテキストを入力するだけで自動的に複数の段落にまたがるように脚注が設定されます。

IDCC17-kyakucyu006

脚注の罫線や、罫線のオフセット値などは、書式メニュー > 脚注オプションを選択し、レイアウトタブから段落ごとに設定します。なお、この脚注オプションの設定は、ドキュメント内の全ての脚注に適用される共通設定となります。

IDCC17-kyakucyu007

個々のテキストフレームで個別に脚注を設定する場合には、プレーンテキストフレームもフレームグリッドも共通で、設定したいテキストフレームを選択した状態でオブジェクトメニュー > テキストフレーム設定を選択し、脚注タブにある「上書きを有効化」にチェックして編集します。

IDCC17-kyakucyu009

●IDMLで書き出した場合

この「脚注の段抜き」機能は、CC2017からの機能であるため、IDML形式で書き出し、CS4~CC2015までのバージョンで表示すると、以下のように個々の段落に分かれて表示されます。

IDCC17-kyakucyu011

これは、脚注オプションにある「脚注の分離」にチェックが入っているためで、このチェックを外すと、個々の段落に対して脚注が適用されます。

IDCC17-kyakucyu013

IDCC17-kyakucyu014

なお、CC 2017の場合、「脚注の段抜き」にチェックが入っている場合は、「脚注を分離」がONでもOFFでも段抜きが優先されますので、個々の段落に対して脚注を設定する場合には「脚注の段抜き」と「脚注を分離」の両方のチェックを外して使用します。
また、今回のこの段抜き機能は、「罫線が複数段落にまたがって直線上に引ける」=「段間にも罫線が通る」という機能を兼ね備えていることになります。そのため、柱にも使用するなど、使い方次第ではアレンジが可能になるかと思いますので、ぜひ使ってみてください。

それでは2017年もよろしくお願いいたします。


この記事を読んだ方にオススメの講座はこちら!

▼InDesign CC の使い方・基本トレーニング
メインビジュアル:InDesign CC の使い方・基本トレーニング

▼読みやすい文字の組み方(このページはなぜ読みやすいのか?)
メインビジュアル:読みやすい文字の組み方(このページはなぜ読みやすいのか?)


イトウ先生が、Twitterを始めました!みなさんもぜひ、フォローしてくださいね!
itoh_sensei

イトウ先生のTips noteアーカイブ【2016年~】

イトウ先生のTips note アーカイブ【2010年~】(別サイトに飛びます)

○消しゴムツールの活用
○ななめの画像をまっすぐにする方法
○自然な合成テクニック・角版
○自然な合成テクニック・切り抜き画像
○画像合成後の便利なショートカット
○調整レイヤー
○レイヤーパネルの不透明度と塗りについて
○不透明度のショートカット
○CS5新機能01:「コンテンツに応じる」機能
○CS5新機能02:絵筆ブラシと混合ブラシ
○CS5新機能03:人の記憶に近い画像・HDRについて
○CS5新機能04:パペットワープ
○CS5新機能05:3Dオブジェクトとアニメーション
○美しいモノクロ画像の作り方
○境界部分をきれいにカラー変更する方法
○Photoshop CS6 特集・その1(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その2(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その3(全3回)
○2つの画像の違いを調べる、差の絶対値
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その1
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その2
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その3
○CSSの読み込み(スウォッチカラー)と、 CSS書き出し(CSSをコピー)について
○条件付きアクション
○Photoshop CCの新機能
○Photoshop CCの新機能:Generator(ジェネレーター)
○PhotoshopをJavaScriptで操作するAdobe Extendscript Toolkit CC
○新しいスクリプトパターンと、リンクを配置について
○変数
○Photoshop CC 2014:「配置」と「パッケージ化」
○Photoshop CC 2014:焦点選択と測定ガイド
○Photoshop CC 2014:3Dプリント
○Photoshop CC 2014:CameraRaw 8.7
○Photoshop CC 2014:シェイプから新規ガイドを作成と、新規ガイドレイアウトを作成
○Photoshop CC 2014:PhotoshopとAfterEffectsで使える、カラールックアップテーブルの書き出し
○Photoshop CC 2015:アートボード
○Photoshop CC 2015:かすみを除去する
○CS5新機能01:ロトブラシ
○CS5新機能02:新しい便利なショートカット
○CS5 パペットアニメーションと、時間反転キーフレーム
○CS5 ビデオや画像の型抜きについて「トラックマットとステンシルアルファ」
○CS5 動画の動きを捕らえて、他のレイヤーに適用する「モーショントラック」
○CS5.5 ワープスタビライザー
○CS5.5 ブラー・互換・タイムコード
○CS5.5 「シャドウを落とす・受ける」機能
○CS5.5 エクスプレッション・その1
○CS5.5 エクスプレッション・その2
○CS5.5 エクスプレッション・その3
○CS6の新機能1:ベクトルレイヤーからシェイプを生成
○CS6の新機能2:3Dカメラトラック
○AfterEffects CCの新機能:ワープスタビライザーVFX
○AfterEffects CC・レンダリングの変更点
○AfterEffects CCの新機能:マスクをトラック
○AfterEffects CCの新機能:ピクセルモーションブラー
○AfterEffects CCエッジを調整ツール
○AfterEffects CC モーションスケッチ
○AfterEffects CC 2014:HTML5パネルSDK(その1)
○AfterEffects CC 2014:HTML5パネルSDK(その2)
○AfterEffects CC 2014:4KビデオのYouTubeへのアップロード
○AfterEffects CC 2014:相対的なプロパティリンクと一緒にコピー
○AfterEffects CC 2014:モーフィング
○AfterEffects CC 2014:画像やビデオ等からカラーを抽出し、他のレイヤーに適用するsampleImageメソッド
○AfterEffects CC 2014:監視フォルダーの使い方
○AfterEffects CC 2014:カラープロファイルの使い方
○AfterEffects CC 2015:顔のトラッキング
○AfterEffects CC 2015:タイムチューナー