イトウ先生のTips note【Premiere Pro CC 2015】Lumetri

20150408-tipsnote2015
こんにちは、イマジカデジタルスケープの伊藤和博です。
新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。
2016年最初のブログは、Premiere Pro CC 2015と、PremiereとAfterEffectsの連携機能で、まずはPremiere CC 2015から採用されたLumetriカラーパネルと、Premiereで設定したLumetriカラーをAfterEffectsにコンバートする方法 をご紹介します。この方法を使うと、Premiereで行ったLumetriカラーの編集内容を、そのままそっくりAfterEffects上に移行する 行うことが可能になります。
クリスマスやお正月に撮りためたビデオなどの編集にぜひお役立てください。

●さっそくやってみよう!

Lumetriは、Premiere CCから搭載したカラーグレーディング機能で、ビデオや画像に対して様々な状態・状況を演出したり、演出したその状態・状態を編集することができる機能で す。Premiere CCおよびCC 2014では、ビデオエフェクトとしてLumetri Looksという一連のエフェクトが搭載されており、このエフェクトをクリップに適用するだけで、その効果が得られるというものでした。

Prcc15_Lm001

Premiere CC 2015では、このLumetriが強化され、新たにLumetriカラーパネルが搭載されました。アセンブリからカラーをクリックすると、Lumetriカラーパネルが表示されるパネルレイアウトに変更されます。

Prcc15_Lm004

このLumetriパネルにある基本補正、クリエイティブなどの項目から、様々なカラーグレーディングが可能になっていますが、予め用意されたプリセット を使用すると比較的簡単にカラーグレーディングを行うことが可能で、このプリセットは、LumetriカラーパネルのクリエイティブにあるLookから何 らかのプリセットを選択するか、エフェクトパネルのLumetriプリセットから、適用したいLookをクリップにドラッグすることで適用可能です。
なお、LumetriカラーパネルのLookにあるプルダウンメニュー内の名称(英語表記)と、エフェクトパネルのLumetriプリセットの名称(日本 語表記)は異なりますが、これらは別々の効果ではなく、ただ名前の表記が違うだけですので、どちらから適用しても同じ効果となります。

Prcc15_Lm005

以下は、Lumetriカラーを使ったカラー編集になります。オリジナルから、特定のLumetriカラーを使用して変化する状況を演出しています。(音は鳴りません。約20秒)

●AfterEffectsのコンポジションへ書き出す

Premiere CC 2015では、このLumetriを使用したクリップを、AfterEffectsのコンポジションに直接書き出すことが可能になりました。
Lumetriカラーを適用したクリップを選択し、ファイルメニュー>Adobe Dynamic Link>AfterEffectsコンポジションに置き換え、を選択します。

Prcc15_Lm006

選択すると、自動的にAfterEffectsが起動し、ファイルを保存するダイアログを表示した後、直接AfterEffects上にLumetri Colorのエフェクトが効いた状態で表示されます。これらの設定はエフェクトコントロールパネルで確認・編集が可能です。

Prcc15_Lm008

なお、Premiereを使用せず、AfterEffects上で直接Lumetriカラーを使用する場合は、エフェクトメニュー>ユーティリティ>Lumetri Colorで設定することが可能です。なおこのLumetri Colorは、AfterEffects CC 2015から、になります。

Prcc15_Lm009

Lumetriカラーを使用すれば、比較的複雑なカラー編集も既存のプリセットからの適用に簡単に行え、またカスタマイズもPhotoshopでのカラー編集の経験があればなんとなくでも操作は可能かと思いますので、ぜひ使ってみてください。
それでは、2016年もよろしくお願いいたします。


この記事を読んだ方にオススメの講座はこちら!

▼Premiere Pro CC 2014の使い方・基本トレーニング
メインビジュアル:Premiere Pro CC 2014の使い方・基本トレーニング

▼AfterEffects CCの使い方・基本トレーニング
メインビジュアル:AfterEffects CCの使い方・基本トレーニング


イトウ先生が、Twitterを始めました!みなさんもぜひ、フォローしてくださいね!
itoh_sensei

イトウ先生のTips noteアーカイブ【2016年~】

イトウ先生のTips note アーカイブ【2010年~】(別サイトに飛びます)

○消しゴムツールの活用
○ななめの画像をまっすぐにする方法
○自然な合成テクニック・角版
○自然な合成テクニック・切り抜き画像
○画像合成後の便利なショートカット
○調整レイヤー
○レイヤーパネルの不透明度と塗りについて
○不透明度のショートカット
○CS5新機能01:「コンテンツに応じる」機能
○CS5新機能02:絵筆ブラシと混合ブラシ
○CS5新機能03:人の記憶に近い画像・HDRについて
○CS5新機能04:パペットワープ
○CS5新機能05:3Dオブジェクトとアニメーション
○美しいモノクロ画像の作り方
○境界部分をきれいにカラー変更する方法
○Photoshop CS6 特集・その1(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その2(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その3(全3回)
○2つの画像の違いを調べる、差の絶対値
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その1
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その2
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その3
○CSSの読み込み(スウォッチカラー)と、 CSS書き出し(CSSをコピー)について
○条件付きアクション
○Photoshop CCの新機能
○Photoshop CCの新機能:Generator(ジェネレーター)
○PhotoshopをJavaScriptで操作するAdobe Extendscript Toolkit CC
○新しいスクリプトパターンと、リンクを配置について
○変数
○Photoshop CC 2014:「配置」と「パッケージ化」
○Photoshop CC 2014:焦点選択と測定ガイド
○Photoshop CC 2014:3Dプリント
○Photoshop CC 2014:CameraRaw 8.7
○Photoshop CC 2014:シェイプから新規ガイドを作成と、新規ガイドレイアウトを作成
○Photoshop CC 2014:PhotoshopとAfterEffectsで使える、カラールックアップテーブルの書き出し
○Photoshop CC 2015:アートボード
○Photoshop CC 2015:かすみを除去する
○CS5新機能01:ロトブラシ
○CS5新機能02:新しい便利なショートカット
○CS5 パペットアニメーションと、時間反転キーフレーム
○CS5 ビデオや画像の型抜きについて「トラックマットとステンシルアルファ」
○CS5 動画の動きを捕らえて、他のレイヤーに適用する「モーショントラック」
○CS5.5 ワープスタビライザー
○CS5.5 ブラー・互換・タイムコード
○CS5.5 「シャドウを落とす・受ける」機能
○CS5.5 エクスプレッション・その1
○CS5.5 エクスプレッション・その2
○CS5.5 エクスプレッション・その3
○CS6の新機能1:ベクトルレイヤーからシェイプを生成
○CS6の新機能2:3Dカメラトラック
○AfterEffects CCの新機能:ワープスタビライザーVFX
○AfterEffects CC・レンダリングの変更点
○AfterEffects CCの新機能:マスクをトラック
○AfterEffects CCの新機能:ピクセルモーションブラー
○AfterEffects CCエッジを調整ツール
○AfterEffects CC モーションスケッチ
○AfterEffects CC 2014:HTML5パネルSDK(その1)
○AfterEffects CC 2014:HTML5パネルSDK(その2)
○AfterEffects CC 2014:4KビデオのYouTubeへのアップロード
○AfterEffects CC 2014:相対的なプロパティリンクと一緒にコピー
○AfterEffects CC 2014:モーフィング
○AfterEffects CC 2014:画像やビデオ等からカラーを抽出し、他のレイヤーに適用するsampleImageメソッド
○AfterEffects CC 2014:監視フォルダーの使い方
○AfterEffects CC 2014:カラープロファイルの使い方
○AfterEffects CC 2015:顔のトラッキング
○AfterEffects CC 2015:タイムチューナー