イトウ先生のTips note【Illustrator CC 2018】パペットワープ

こんにちは、イマジカデジタルスケープの伊藤和博です。
2018年、あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
今回は、2018年最初のブログとなりますが、Illustrator CC 2018から新機能で「パペットワープ」をご紹介します。
パペットワープの機能はPhotoshopやAfterEffectsではおなじみの機能となりますが、ついにIllustratorにも搭載されました。もともとパペットとは「人形」の意味で、ワープは「歪み」となり、主に人や動物など、関節の可動を再現する変形に使用すると便利なツールになります。何かの軸を起点に歪みや回転を適用させる変形に非常に便利ですので、その使い方をご紹介します。

●さっそくやってみよう!

まずは、必要なオブジェクトを用意しておきます。可動させるには必要なパーツはパーツごとにグループ化しておくと編集が楽になります。

編集したいオブジェクトを選択しておき、パペットワープツールで最低3箇所、主に関節の可動部分となる箇所でクリックします。オブジェクトにはメッシュが作成されクリックした箇所にピンが追加されます。
ピンを設定した後、ピンの上で再度クリックするとそのピンを選択したことになり、選択中のピンは、ピンの中心に白い点が表示されます。選択中のピンをドラッグすると、そのピンから最も近い箇所にある別のピンを軸にしてオブジェクトが変形していきます。選択中のピンの周辺にある破線の近くでドラッグすると回転が可能です。
なお、選択中のピンをoption【Alt】+ドラッグすると、周辺のピンの影響を受けずに選択中のピンの周辺のみで変形が可能です。

足のように、1つの軸から複数に分岐しているようなオブジェクトは、複数のオブジェクトをまとめて選択した状態で、可動する箇所にピンをいれて動かすとバランスよく変形することが可能です。なお、複数のオブジェクトを選択した状態でピンを設定すると、それらのオブジェクトは自動的にグループ化された状態となります。

変形したことによってオブジェクトの位置がずれた場合は、選択ツールに持ち替えて移動するか、プロパティパネルから「すべてのピンを選択」をクリックした後、いずれかのピンをつかんで動かすと、オブジェクトを移動することが可能です。

また、メッシュの範囲を拡大した状態で変形すると、変形の及ぶ範囲を拡大することが可能です。

従来のIllustratorでは、このような関節を元に変形するオブジェクトの変形は結構面倒でしたが、このパペットワープツールで非常に便利になりましたので、従来のワープツール同様にぜひ使ってみてください。


この記事を読んだ方にオススメの講座はこちら!

▼Illustrator CC 2015の使い方・基本トレーニング
メインビジュアル:Illustrator CC 2015の使い方・基本トレーニング


イトウ先生が、Twitterを始めました!みなさんもぜひ、フォローしてくださいね!
itoh_sensei

イトウ先生のTips noteアーカイブ【2016年~】

イトウ先生のTips note アーカイブ【2010年~】(別サイトに飛びます)

○消しゴムツールの活用
○ななめの画像をまっすぐにする方法
○自然な合成テクニック・角版
○自然な合成テクニック・切り抜き画像
○画像合成後の便利なショートカット
○調整レイヤー
○レイヤーパネルの不透明度と塗りについて
○不透明度のショートカット
○CS5新機能01:「コンテンツに応じる」機能
○CS5新機能02:絵筆ブラシと混合ブラシ
○CS5新機能03:人の記憶に近い画像・HDRについて
○CS5新機能04:パペットワープ
○CS5新機能05:3Dオブジェクトとアニメーション
○美しいモノクロ画像の作り方
○境界部分をきれいにカラー変更する方法
○Photoshop CS6 特集・その1(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その2(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その3(全3回)
○2つの画像の違いを調べる、差の絶対値
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その1
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その2
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その3
○CSSの読み込み(スウォッチカラー)と、 CSS書き出し(CSSをコピー)について
○条件付きアクション
○Photoshop CCの新機能
○Photoshop CCの新機能:Generator(ジェネレーター)
○PhotoshopをJavaScriptで操作するAdobe Extendscript Toolkit CC
○新しいスクリプトパターンと、リンクを配置について
○変数
○Photoshop CC 2014:「配置」と「パッケージ化」
○Photoshop CC 2014:焦点選択と測定ガイド
○Photoshop CC 2014:3Dプリント
○Photoshop CC 2014:CameraRaw 8.7
○Photoshop CC 2014:シェイプから新規ガイドを作成と、新規ガイドレイアウトを作成
○Photoshop CC 2014:PhotoshopとAfterEffectsで使える、カラールックアップテーブルの書き出し
○Photoshop CC 2015:アートボード
○Photoshop CC 2015:かすみを除去する
○CS5新機能01:ロトブラシ
○CS5新機能02:新しい便利なショートカット
○CS5 パペットアニメーションと、時間反転キーフレーム
○CS5 ビデオや画像の型抜きについて「トラックマットとステンシルアルファ」
○CS5 動画の動きを捕らえて、他のレイヤーに適用する「モーショントラック」
○CS5.5 ワープスタビライザー
○CS5.5 ブラー・互換・タイムコード
○CS5.5 「シャドウを落とす・受ける」機能
○CS5.5 エクスプレッション・その1
○CS5.5 エクスプレッション・その2
○CS5.5 エクスプレッション・その3
○CS6の新機能1:ベクトルレイヤーからシェイプを生成
○CS6の新機能2:3Dカメラトラック
○AfterEffects CCの新機能:ワープスタビライザーVFX
○AfterEffects CC・レンダリングの変更点
○AfterEffects CCの新機能:マスクをトラック
○AfterEffects CCの新機能:ピクセルモーションブラー
○AfterEffects CCエッジを調整ツール
○AfterEffects CC モーションスケッチ
○AfterEffects CC 2014:HTML5パネルSDK(その1)
○AfterEffects CC 2014:HTML5パネルSDK(その2)
○AfterEffects CC 2014:4KビデオのYouTubeへのアップロード
○AfterEffects CC 2014:相対的なプロパティリンクと一緒にコピー
○AfterEffects CC 2014:モーフィング
○AfterEffects CC 2014:画像やビデオ等からカラーを抽出し、他のレイヤーに適用するsampleImageメソッド
○AfterEffects CC 2014:監視フォルダーの使い方
○AfterEffects CC 2014:カラープロファイルの使い方
○AfterEffects CC 2015:顔のトラッキング
○AfterEffects CC 2015:タイムチューナー