イトウ先生のTips note【AfterEffects CC 2019】レスポンシブデザインー時間

こんにちは、イマジカデジタルスケープの伊藤和博です。
今週はAfterEffects CC 2019から新機能で、「レスポンシブデザインー時間」をご紹介します。
今回のこのレスポンシブデザインー時間、という機能は、レイヤーデュレーションを変更しても、時間伸長されない部分とされる部分を設定できる機能になります。例えば、イントロ1秒、アウトロ1秒、それ以外を3秒、の全部で5秒間の映像を作成した後、その映像を10秒に延長しても、イントロとアウトロの尺は1秒のまま、途中の映像部分だけを伸長して7秒にする、というような機能です。
なお、この機能は、ちょうど一年ほど前の記事になりますが、「イトウ先生のTipsnote【Premiere Pro CC 2018】レスポンシブデザイン」という機能と関連している機能になり、Premiere Proと連携で使用することでより意味が出る機能になります。

●さっそくやってみよう!

まずは、以下のようなビデオがあったとします(約5秒。音は鳴りません)。

このビデオはイントロ2秒、アウトロ2秒、静止部分1秒の5秒のビデオになりますが、AfterEffects上ではイントロに「文字の雨」のアニメーションプリセット(2秒)、アウトロはトランスフォーム(2秒)で不透明度100%から0%になるように作成しています。

今回は、このイントロ、アウトロの尺を変更せずに、静止部分のデュレーションを任意に変更できるようレスポンシブデザインを設定します。
イントロアウトロ以外の、2秒目から3秒目までを任意に時間伸長したい(=1~2秒目と、4~5秒目は伸長したくない)ため、まず、時間伸長してもいい箇所とそうでない箇所を設定する必要(時間伸長したくない箇所を保護する必要)があります。
保護する方法は何通りかありますが、いずれの方法も基本的に【マーカーで指定した範囲を保護領域に設定】することで伸長しないように設定します。
まずは「ワークエリアから自動的にマーカーを作成し、その範囲を保護する」方法ですが、最初に、ワークエリアを保護したい範囲に合わせておき、コンポジションメニュー > レスポンシブデザインー時間 > ワークエリアから保護された領域を作成、を選択します。すると、ワークエリアの範囲にマーカーが設定され、そのマーカーの範囲が保護された領域として定義されます。

保護する箇所は複数設定できるため、複数箇所を保護する箇所に設定する場合は、ワークエリアを移動した後、再度コンポジションメニュー > レスポンシブデザインー時間 > ワークエリアから保護された領域を作成、を選択します。

もう一つは、【先にマーカーのみを設定しておき、そのマーカーに範囲を設定した後、その範囲を保護する】方法ですが、まず保護したい箇所の最初のフレームに再生ヘッドを合わせておき、マーカーを追加します。次にマーカーをoption【Alt】ドラッグしてマーカーの範囲を指定し、マーカーの上で右クリックし、「保護された領域を有効にする」を選択します。こちらも複数の箇所にマーカーを挿入し、保護することが可能です。なお、このマーカーの使い方は過去のブログ、「イトウ先生のTipsnote【AfterEffects CC 2017】マーカーデュレーション」も合わせて参照してみてください。

なお、イントロとアウトロ部分を保護する場合は、コンポジションメニュー > レスポンシブデザインー時間 > イントロを作成・アウトロを作成、をそれぞれ選択すると、レイヤーデュレーションの最初と最後に自動的にマーカーと保護された領域を作成するため、あとはイントロとアウトロの尺にお好みで合わせる、という方法も可能です。

ちなみに、一度保護した範囲の保護を解除する場合は、マーカーの上で右クリックし、マーカーそのものを削除すると保護の解除が可能です。なお、マーカーは残し、保護された領域のみを無効にする場合は、「保護された領域を有効にする」のチェックを外します。

●コンポジションにネストして使う

このレスポンシブ機能を使う場合は、この保護されたレイヤーを含んだコンポジションごと、他のコンポジションにレイヤーとして入れることで、レスポンシブが機能します。
例えば、尺を長めにした新規コンポジションを作成し・・

レスポンシブを設定したレイヤーを含むコンポジションを、このコンポジションに入れると、以下のようになりますが・・

この後、レイヤーデュレーションバーのインポイントとアウトポイントを任意にドラッグすると、以下のように尺を延長することができ、この時、保護した箇所は同じ幅のままデュレーションのみが延長しているのがわかります。

なお、レスポンシブデザインを設定した元のレイヤーに戻り、保護した箇所の尺の長さを変更した後、ネストした方のコンポジションにその変更を反映させるには、ネストした方のコンポジションレイヤーを選択し、レイヤーメニュー > マーカー > ソースからマーカーを更新、を選択します。

●モーショングラフィックステンプレートとして書き出す

なお、このネストしたコンポジションを、エッセンシャルグラフィックパネルから、モーショングラフィックステンプレートとして書き出すと、同じくPremiere Proのエッセンシャルグラフィックパネルに取り込むことで、Premiere Pro上でのレスポンシブデザインとして使用することが可能です。
Premiere Proのレスポンシブデザインの機能は、過去のブログ「イトウ先生のTipsnote【Premiere Pro CC 2018】レスポンシブデザイン」も合わせてご確認ください。

従来のオペレーションでこのレスポンシブと同じように尺を延長する場合は、コンポジション設定でデュレーションを変更し、尺を伸ばしたいレイヤーを個別に修正、という形でしたが、テロップなど含め、【将来的に尺を変更する可能性がある】コンテンツはこの機能で作っておくと後々修正が楽に行えるかと思います。特にPremiere Proと連携で使用されている方には非常に便利な機能だと思いますので、ぜひ使ってみてください。


この記事を読んだ方にオススメの講座はこちら!

▼AfterEffects CC 2018の使い方・基本トレーニング
メインビジュアル:AfterEffects CC 2018の使い方・基本トレーニング

▼Premiere Pro CC 2018の使い方・基本トレーニング
メインビジュアル:Premiere Pro CC 2018の使い方・基本トレーニング


イトウ先生が、Twitterを始めました!みなさんもぜひ、フォローしてくださいね!
itoh_sensei

イトウ先生のTips noteアーカイブ【2016年~】

○AfterEffects CC 2015:顔のトラッキング
○AfterEffects CC 2015:タイムチューナー
○AfterEffects CC 2015:AIデータはレイヤーに分配で取り込む
○AfterEffects CC 2015:プレビューのコントロール
○AfterEffects CC 2015:スクリプト
○AfterEffects CC 2015:新しくなったMAXON CINEMA 4D Exporter
○AfterEffects CC 2015:マスクリファレンス
○AfterEffects CC 2015:スムーザー
○AfterEffects CC 2015:立体の旗を作る・1
○AfterEffects CC 2015:立体の旗を作る・2(CINEMA 4Dレンダラー)
○AfterEffects CC 2017:強化されたライブテキストテンプレート
○AfterEffects CC 2017:日付のトークン
○AfterEffects CC 2017:マーカーデュレーション
○AfterEffects CC 2017:他のレイヤーのエフェクトをプリコンポーズ無しで参照する
○AfterEffects CC 2017:拡張された平面フォルダ
○AfterEffects CC 2017:レイヤーのあるコンポジションに変換
○AfterEffects CC 2017:現在のフレームから静止画を作る
○AfterEffects CC 2017:最後のフレームでフリーズ
○AfterEffects CC 2017:サウンドの振幅を他のレイヤーで活用する、オーディオ振幅
○AfterEffects CC 2017:カンマ区切りの文字列をランダムに表示する
○AfterEffects CC 2017:CC Light Raysとトラッカー
○AfterEffects CC 2018:パスからヌルを作成
○AfterEffects CC 2018:モーショングラフィックステンプレート
○AfterEffects CC 2018:マスタープロパティ
○AfterEffects CC 2018:プロパティリンクのピックウィップ
○AfterEffects CC 2019:レスポンシブデザインー時間

イトウ先生のTips note アーカイブ【2010年~】(別サイトに飛びます)

○消しゴムツールの活用
○ななめの画像をまっすぐにする方法
○自然な合成テクニック・角版
○自然な合成テクニック・切り抜き画像
○画像合成後の便利なショートカット
○調整レイヤー
○レイヤーパネルの不透明度と塗りについて
○不透明度のショートカット
○CS5新機能01:「コンテンツに応じる」機能
○CS5新機能02:絵筆ブラシと混合ブラシ
○CS5新機能03:人の記憶に近い画像・HDRについて
○CS5新機能04:パペットワープ
○CS5新機能05:3Dオブジェクトとアニメーション
○美しいモノクロ画像の作り方
○境界部分をきれいにカラー変更する方法
○Photoshop CS6 特集・その1(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その2(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その3(全3回)
○2つの画像の違いを調べる、差の絶対値
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その1
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その2
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その3
○CSSの読み込み(スウォッチカラー)と、 CSS書き出し(CSSをコピー)について
○条件付きアクション
○Photoshop CCの新機能
○Photoshop CCの新機能:Generator(ジェネレーター)
○PhotoshopをJavaScriptで操作するAdobe Extendscript Toolkit CC
○新しいスクリプトパターンと、リンクを配置について
○変数
○Photoshop CC 2014:「配置」と「パッケージ化」
○Photoshop CC 2014:焦点選択と測定ガイド
○Photoshop CC 2014:3Dプリント
○Photoshop CC 2014:CameraRaw 8.7
○Photoshop CC 2014:シェイプから新規ガイドを作成と、新規ガイドレイアウトを作成
○Photoshop CC 2014:PhotoshopとAfterEffectsで使える、カラールックアップテーブルの書き出し
○Photoshop CC 2015:アートボード
○Photoshop CC 2015:かすみを除去する
○CS5新機能01:ロトブラシ
○CS5新機能02:新しい便利なショートカット
○CS5 パペットアニメーションと、時間反転キーフレーム
○CS5 ビデオや画像の型抜きについて「トラックマットとステンシルアルファ」
○CS5 動画の動きを捕らえて、他のレイヤーに適用する「モーショントラック」
○CS5.5 ワープスタビライザー
○CS5.5 ブラー・互換・タイムコード
○CS5.5 「シャドウを落とす・受ける」機能
○CS5.5 エクスプレッション・その1
○CS5.5 エクスプレッション・その2
○CS5.5 エクスプレッション・その3
○CS6の新機能1:ベクトルレイヤーからシェイプを生成
○CS6の新機能2:3Dカメラトラック
○AfterEffects CCの新機能:ワープスタビライザーVFX
○AfterEffects CC・レンダリングの変更点
○AfterEffects CCの新機能:マスクをトラック
○AfterEffects CCの新機能:ピクセルモーションブラー
○AfterEffects CCエッジを調整ツール
○AfterEffects CC モーションスケッチ
○AfterEffects CC 2014:HTML5パネルSDK(その1)
○AfterEffects CC 2014:HTML5パネルSDK(その2)
○AfterEffects CC 2014:4KビデオのYouTubeへのアップロード
○AfterEffects CC 2014:相対的なプロパティリンクと一緒にコピー
○AfterEffects CC 2014:モーフィング
○AfterEffects CC 2014:画像やビデオ等からカラーを抽出し、他のレイヤーに適用するsampleImageメソッド
○AfterEffects CC 2014:監視フォルダーの使い方
○AfterEffects CC 2014:カラープロファイルの使い方
○AfterEffects CC 2015:顔のトラッキング
○AfterEffects CC 2015:タイムチューナー