イトウ先生のTips note【Dreamweaver CC 2015】DOMパネル

20150408-tipsnote2015

こんにちは、イマジカデジタルスケープの伊藤和博です。
今週も先週に引き続き、Dreamweaver CC 2015の中から、DOMパネルをご紹介します。
DOMとは、Document Object Modelの略でHTML各ページ毎に異なる各要素の構造のことをいいます。HTML要素の中に、head、bodyがあり、bodyの中にheader、main、footerなどの各要素と、その中の子要素としてdivがあるなど、概ねページの骨子を作成する要素は同じになるケースが多いといえますが、divの中にp、img、spanなどがあり、formの中にtableを作成するなど、各Webページ毎、様々な要素が含まれることでページは構成されているため、このDOMはHTMLの各ページ毎に異なるものになります。
Dreamweaver にはこのDOMを視覚化し、DOMをそのまま編集する機能が搭載されています。これは、Dreamweaver CC 2014に搭載された、Element Quick ViewというパネルがCC 2015でDOMというように名称変更されたものですが、Element Quick ViewパネルもDOMパネルも、基本的な使用方法は同じになり、従来からあるタグインスペクタをより使いやすくしたようなパネルになっています。
このパネルを使用することで、既存コンテンツのコピーペースト、複製、順番の入れ替えなどが容易に行うことが可能になりますので、ソースに直接入力したり、divなどの同じコンテンツを挿入パネルから何度も設定しなくても、DOMパネルだけでページを作成することが可能になります。

●さっそくやってみよう!

Dreamweaver CC 2015では、デフォルトのワークスペースでウインドウ右下にDOMパネルが表示されています。Dreamweaver CC 2014の場合は、表示メニュー>Element Quick Viewを選択すると、同様のパネルを表示することが可能です。

Dwcc15_DOM002

DOMパネル内に表示されている各要素に子要素を含んでいる場合は、以下の画像のようにアイコンが三重に重なった状態になっており、クリックすると展開することが可能です。たたむ場合は再度クリックします。

Dwcc15_DOM005

DOMパネル上で必要な要素をクリックするとライブビュー上でフォーカスされ、また逆に、ライブビュー上でコンテンツをクリックしても、DOMパネル上でそのコンテンツにフォーカスがあたるため、DOMの構造上、そのコンテンツがページ内のどこにあるのかが双方向ですぐ確認可能です。また、IllustratorやPhotoshopのレイヤーの階層を変更するように要素ごと必要な箇所にドラッグすると、コンテンツの入れ替えを容易に行うことが可能です。

Dwcc15_DOM007

コンテンツを複製する場合は、DOMパネル上で複製したいコンテンツを右クリックし、複製を選択するだけで、現在のコンテンツの直下に複製が作成されます。さらに、このコンテンツにidが設定されていた場合は、idが重複しないよう別の値を自動的に作成してくれます。
また、DOMの構造がおかしな構造になるような要素の移動や、マークアップに誤りがでるような要素の移動はできないようになっています。例えばリストタグのみをdivの直下に移動する、などulやolなどの親要素を伴わないと成立しない要素の移動や、meta要素をbodyの中に入れる、等の操作は最初からできないようになっています。

Dwcc15_DOM009

このDOMパネル内で操作可能なことは、以下にあるように要素の削除、複製、コピー、ペースト、子としてペーストとなり、これらの操作は分割ビューまたはコードビュー上でソースコードそのものを選択し、そのままドラッグで要素の移動、option【Alt】+ドラッグで複製することも可能ですが、これらの操作は分割ビューまたはコードビュー上で行うよりも、このDOMパネルから行うことで、改行等も含めたソースの成形も行うため操作が早くなります。

Dwcc15_DOM011

新規で要素を作成する場合は、挿入パネルから挿入するか分割ビューまたはコードビューで手打ちするかになりますが、新規で作成する以外のことはすべてこのDOMパネルで行うと作業が非常に効率化できるかと思いますので、ぜひ使ってみてください。


この記事を読んだ方にオススメの講座はこちら!

▼Dreamweaver CCの使い方・基本トレーニング
メインビジュアル:Dreamweaver CCの使い方・基本トレーニング

▼HTML5・CSS3の基礎知識(PC・スマートフォン)
メインビジュアル:HTML5・CSS3の基礎知識(PC・スマートフォン)


イトウ先生が、Twitterを始めました!みなさんもぜひ、フォローしてくださいね!
itoh_sensei

イトウ先生のTips noteアーカイブ【2016年~】

イトウ先生のTips note アーカイブ【2010年~】(別サイトに飛びます)

○消しゴムツールの活用
○ななめの画像をまっすぐにする方法
○自然な合成テクニック・角版
○自然な合成テクニック・切り抜き画像
○画像合成後の便利なショートカット
○調整レイヤー
○レイヤーパネルの不透明度と塗りについて
○不透明度のショートカット
○CS5新機能01:「コンテンツに応じる」機能
○CS5新機能02:絵筆ブラシと混合ブラシ
○CS5新機能03:人の記憶に近い画像・HDRについて
○CS5新機能04:パペットワープ
○CS5新機能05:3Dオブジェクトとアニメーション
○美しいモノクロ画像の作り方
○境界部分をきれいにカラー変更する方法
○Photoshop CS6 特集・その1(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その2(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その3(全3回)
○2つの画像の違いを調べる、差の絶対値
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その1
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その2
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その3
○CSSの読み込み(スウォッチカラー)と、 CSS書き出し(CSSをコピー)について
○条件付きアクション
○Photoshop CCの新機能
○Photoshop CCの新機能:Generator(ジェネレーター)
○PhotoshopをJavaScriptで操作するAdobe Extendscript Toolkit CC
○新しいスクリプトパターンと、リンクを配置について
○変数
○Photoshop CC 2014:「配置」と「パッケージ化」
○Photoshop CC 2014:焦点選択と測定ガイド
○Photoshop CC 2014:3Dプリント
○Photoshop CC 2014:CameraRaw 8.7
○Photoshop CC 2014:シェイプから新規ガイドを作成と、新規ガイドレイアウトを作成
○Photoshop CC 2014:PhotoshopとAfterEffectsで使える、カラールックアップテーブルの書き出し
○Photoshop CC 2015:アートボード
○Photoshop CC 2015:かすみを除去する
○CS5新機能01:ロトブラシ
○CS5新機能02:新しい便利なショートカット
○CS5 パペットアニメーションと、時間反転キーフレーム
○CS5 ビデオや画像の型抜きについて「トラックマットとステンシルアルファ」
○CS5 動画の動きを捕らえて、他のレイヤーに適用する「モーショントラック」
○CS5.5 ワープスタビライザー
○CS5.5 ブラー・互換・タイムコード
○CS5.5 「シャドウを落とす・受ける」機能
○CS5.5 エクスプレッション・その1
○CS5.5 エクスプレッション・その2
○CS5.5 エクスプレッション・その3
○CS6の新機能1:ベクトルレイヤーからシェイプを生成
○CS6の新機能2:3Dカメラトラック
○AfterEffects CCの新機能:ワープスタビライザーVFX
○AfterEffects CC・レンダリングの変更点
○AfterEffects CCの新機能:マスクをトラック
○AfterEffects CCの新機能:ピクセルモーションブラー
○AfterEffects CCエッジを調整ツール
○AfterEffects CC モーションスケッチ
○AfterEffects CC 2014:HTML5パネルSDK(その1)
○AfterEffects CC 2014:HTML5パネルSDK(その2)
○AfterEffects CC 2014:4KビデオのYouTubeへのアップロード
○AfterEffects CC 2014:相対的なプロパティリンクと一緒にコピー
○AfterEffects CC 2014:モーフィング
○AfterEffects CC 2014:画像やビデオ等からカラーを抽出し、他のレイヤーに適用するsampleImageメソッド
○AfterEffects CC 2014:監視フォルダーの使い方
○AfterEffects CC 2014:カラープロファイルの使い方
○AfterEffects CC 2015:顔のトラッキング
○AfterEffects CC 2015:タイムチューナー