イトウ先生のTips note【Photoshop CC 2015】顔立ちを調整

Tipsnote-photo-2016012

こんにちは、イマジカデジタルスケープの伊藤和博です。
つい先日、Creative Cloudの6月リリースの提供が始まり、いくつかのアプリケーションでアップデートを行っていますが、今週はその中の新機能から、Photoshop CC 2015の5月アップデート版より「顔立ちを調整」をご紹介します。
画像の中から自動的に顔を検出し、ゆがみフィルターの機能を使って目や鼻などを調整する、という機能になりますが、あまり本人の顔とかけ離れた補正をするのもちょっと微妙な感じもしますので、多少見栄えを良くする程度でいいのでは、とも思いますが、アニメの顔やお面など、人物以外の顔の面でいろいろと操作してみると面白いかと思います。
なお、この機能は、Photoshop CC 2015.5というバージョンからの機能になりますので、未だアップデートがまだの方は、アップデート後に試してみてください。

●さっそくやってみよう!

まずこの機能そのものを使う場合は、環境設定>パフォーマンス>グラフィックプロセッサーを使用する、の設定がONになっていないと動作しないため、環境設定でこの設定を確認してから行います。

PScc15_kao001

この機能そのものは従来のゆがみフィルターを拡張したものになるため、フィルターであることから、スマートオブジェクトに対してこの機能を適用することで、あとから着脱できるフィルターとして使用することが可能です。
顔を含んだレイヤーを選択し、フィルターメニュー>ゆがみを選択すると、画像の中の顔を認識します。このとき複数の顔を含む場合は、複数の顔を自動認識します。

PScc15_kao002

PScc15_kao003

なお、画像いっぱいに顔が広がっている画像の場合は顔として認識しない場合もありますので、顔のアップを修正する場合は少し引いた画像の状態で修正をしてしまい、修正後にアップ画像に変更する、というようにしたほうがいいでしょう。

PScc15_kao005

●顔ツール

顔を認識した後は、顔ツールを選択して、対象の顔の上にマウスカーソルを沿えると、目、鼻、口などを認識し、アンカーポイントを表示するため、ドラッグで編集可能です。

PScc15_kao007

また、目や鼻、口などの各パーツ毎にスライダーが用意されており、数値で設定することも可能です。

PScc15_kao013

●マスクツールと渦ツール

CC2015では、マスクツールと渦ツールも追加され、マスクツールで部分的に画像を保護しておき、渦ツール等で修正する、ということも可能になっています。

PScc15_kao015

渦ツールはパペットワープを彷彿させる機能になりますが、今回のアップデートで画像のねじれもこのゆがみフィルターも可能になっています。
顔の表情をいろいろと作ることが可能になりますので、口角を上げたりするのにいいかと思いますが、単純に使ってみて面白い部分もありますので、ぜひ一度使ってみてください。


この記事を読んだ方にオススメの講座はこちら!

▼Photoshop CC 2015 の使い方・基本トレーニング
メインビジュアル:Photoshop CC 2015 の使い方・基本トレーニング


イトウ先生が、Twitterを始めました!みなさんもぜひ、フォローしてくださいね!
itoh_sensei

イトウ先生のTips noteアーカイブ【2016年~】

イトウ先生のTips note アーカイブ【2010年~】(別サイトに飛びます)

○消しゴムツールの活用
○ななめの画像をまっすぐにする方法
○自然な合成テクニック・角版
○自然な合成テクニック・切り抜き画像
○画像合成後の便利なショートカット
○調整レイヤー
○レイヤーパネルの不透明度と塗りについて
○不透明度のショートカット
○CS5新機能01:「コンテンツに応じる」機能
○CS5新機能02:絵筆ブラシと混合ブラシ
○CS5新機能03:人の記憶に近い画像・HDRについて
○CS5新機能04:パペットワープ
○CS5新機能05:3Dオブジェクトとアニメーション
○美しいモノクロ画像の作り方
○境界部分をきれいにカラー変更する方法
○Photoshop CS6 特集・その1(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その2(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その3(全3回)
○2つの画像の違いを調べる、差の絶対値
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その1
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その2
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その3
○CSSの読み込み(スウォッチカラー)と、 CSS書き出し(CSSをコピー)について
○条件付きアクション
○Photoshop CCの新機能
○Photoshop CCの新機能:Generator(ジェネレーター)
○PhotoshopをJavaScriptで操作するAdobe Extendscript Toolkit CC
○新しいスクリプトパターンと、リンクを配置について
○変数
○Photoshop CC 2014:「配置」と「パッケージ化」
○Photoshop CC 2014:焦点選択と測定ガイド
○Photoshop CC 2014:3Dプリント
○Photoshop CC 2014:CameraRaw 8.7
○Photoshop CC 2014:シェイプから新規ガイドを作成と、新規ガイドレイアウトを作成
○Photoshop CC 2014:PhotoshopとAfterEffectsで使える、カラールックアップテーブルの書き出し
○Photoshop CC 2015:アートボード
○Photoshop CC 2015:かすみを除去する
○CS5新機能01:ロトブラシ
○CS5新機能02:新しい便利なショートカット
○CS5 パペットアニメーションと、時間反転キーフレーム
○CS5 ビデオや画像の型抜きについて「トラックマットとステンシルアルファ」
○CS5 動画の動きを捕らえて、他のレイヤーに適用する「モーショントラック」
○CS5.5 ワープスタビライザー
○CS5.5 ブラー・互換・タイムコード
○CS5.5 「シャドウを落とす・受ける」機能
○CS5.5 エクスプレッション・その1
○CS5.5 エクスプレッション・その2
○CS5.5 エクスプレッション・その3
○CS6の新機能1:ベクトルレイヤーからシェイプを生成
○CS6の新機能2:3Dカメラトラック
○AfterEffects CCの新機能:ワープスタビライザーVFX
○AfterEffects CC・レンダリングの変更点
○AfterEffects CCの新機能:マスクをトラック
○AfterEffects CCの新機能:ピクセルモーションブラー
○AfterEffects CCエッジを調整ツール
○AfterEffects CC モーションスケッチ
○AfterEffects CC 2014:HTML5パネルSDK(その1)
○AfterEffects CC 2014:HTML5パネルSDK(その2)
○AfterEffects CC 2014:4KビデオのYouTubeへのアップロード
○AfterEffects CC 2014:相対的なプロパティリンクと一緒にコピー
○AfterEffects CC 2014:モーフィング
○AfterEffects CC 2014:画像やビデオ等からカラーを抽出し、他のレイヤーに適用するsampleImageメソッド
○AfterEffects CC 2014:監視フォルダーの使い方
○AfterEffects CC 2014:カラープロファイルの使い方
○AfterEffects CC 2015:顔のトラッキング
○AfterEffects CC 2015:タイムチューナー