イトウ先生のTips note【AfterEffects CC 2017】立体の旗を作る・2(CINEMA 4Dレンダラー)

Tipsnote-photo-2016022

こんにちは、イマジカデジタルスケープの伊藤和博です。
今週は前回のブログの続きとしまして、AfterEffects CC 2017から、「立体の旗を作る・その2(CINEMA 4Dレンダラー)」をご紹介したいと思います。
前回は、Illustratorのデータからシェイプを起こして厚みを設定し、トランスフォームのアニメートを設定した後、CINEMA 4Dに持っていく、というところまで記事にしましたが、今回のブログではCINEMA 4D Lite上で旗がなびいているアニメーションを適用する方法と、CC2017から新たに加わった、CINEMA 4Dレンダラーについてご紹介します。
ちなみに、以下がCC2017のスタートアップです。今回のバージョンアップでまたまた斬新なスタートアップになっています。

Aecc17_flag014

●CINEMA 4D レンダラー

Illustratorのデータからシェイプを作成し、3Dレイヤーに変更した後、厚みを出すところまでは前回のブログを参考にしていただきたいのですが、今回はCC2017から加わった新しいCINEMA 3Dレンダラーをご紹介します。
まず、前回使用したファイルをCC2017で開いた状態が以下の状態ですが、コンポジションパネルの右上にあるレンダラーをクリックすると、新たにCINEMA4Dレンダラーが追加されているのがわかります。

Aecc17_flag001

Aecc17_flag002

CINEMA 4Dレンダラーとレイトレース3Dの違いは、マテリアルオプションに少々違いがあります。
CINEMA 4Dレンダラーは屈折(透明度)が使用不可というのと、環境レイヤーは反射のみ、という制限があります。屈折(透明度)とは、マテリアルオプションの反射強度の数値と合わせて使用することで拡散とアンビエントに影響する数値です。立体そのものに透明感を出す、という意味ではありません(3Dレイヤーに透明感を出すのはトランスフォームの不透明度で行います)。

Aecc17_flag007

環境レイヤーの反射のみは、環境レイヤーそのものを3Dレイヤーの反射目的としてしか使用できない、という意味で、環境レイヤーに「反射内に表示」の設定そのものがありません。そのため、環境レイヤーを設定するといわゆるレイトレースでの「反射内に表示・効果のみ」と同じ状態になります。

Aecc17_flag009

Aecc17_flag010

レイトレースとの違いはこの2点のみで、それ以外はレイトレースと同様に使用でき、レイトレース3Dで作成したものもマテリアルオプションの屈折(透明度)を使用していなければ同様に開いて扱える、と考えるといいでしょう。
レンダラーのオプションをクリックすると、品質を調整できるスライダーが表示され、レイしきい値、レイ深度、反射深度、シャドウ深度の調整が可能です。光の反射が大きい場合や、レイヤーに不透明度を適用している場合、このスライダーを右にシフトするとその効果の違いがわかるかと思います。

Aecc17_flag006

●Wind

CINEMA 4Dファイルへの書き出しは、以前のブログイトウ先生のTips note【AfterEffects CC 2015】新しくなったMAXON CINEMA 4D Exporterを参照していただきたいのですが、この3Dレイヤーをc4dファイルに書き出した後、CINEMA 4D Liteで開き、windを適用すると、波打つ感じのアニメートが自動的に適用されます。

Aecc17_flag011

保存してAfterEffectsに戻り、MediaEncorderで書き出したものが、前回のブログにあるビデオ、ということになります。

CC2017から新たに搭載されたCINEMA 4Dレンダラーですが、押し出しが適用されたテキストやシェイプ、曲線が適用された 2D平面も含め、レンダラーのパフォーマンスが、CPUのみを使用するレイトレース3Dレンダラーよりも高速になっています。レイトレース3Dレンダラーと比べると一部機能差があるものの、ほぼ同等の機能として使え、かつ高速に動作するため、CC2017以降をお使いの方は、レンダラーをCINEMA4Dレンダラーで使用するといいでしょう。


この記事を読んだ方にオススメの講座はこちら!

▼AfterEffects CCの使い方・基本トレーニング
メインビジュアル:AfterEffects CCの使い方・基本トレーニング

▼AfterEffects CC 2014の使い方・実践トレーニング
メインビジュアル:AfterEffects CC 2014の使い方・実践トレーニング


イトウ先生が、Twitterを始めました!みなさんもぜひ、フォローしてくださいね!
itoh_sensei

イトウ先生のTips noteアーカイブ【2016年~】

イトウ先生のTips note アーカイブ【2010年~】(別サイトに飛びます)

○消しゴムツールの活用
○ななめの画像をまっすぐにする方法
○自然な合成テクニック・角版
○自然な合成テクニック・切り抜き画像
○画像合成後の便利なショートカット
○調整レイヤー
○レイヤーパネルの不透明度と塗りについて
○不透明度のショートカット
○CS5新機能01:「コンテンツに応じる」機能
○CS5新機能02:絵筆ブラシと混合ブラシ
○CS5新機能03:人の記憶に近い画像・HDRについて
○CS5新機能04:パペットワープ
○CS5新機能05:3Dオブジェクトとアニメーション
○美しいモノクロ画像の作り方
○境界部分をきれいにカラー変更する方法
○Photoshop CS6 特集・その1(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その2(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その3(全3回)
○2つの画像の違いを調べる、差の絶対値
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その1
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その2
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その3
○CSSの読み込み(スウォッチカラー)と、 CSS書き出し(CSSをコピー)について
○条件付きアクション
○Photoshop CCの新機能
○Photoshop CCの新機能:Generator(ジェネレーター)
○PhotoshopをJavaScriptで操作するAdobe Extendscript Toolkit CC
○新しいスクリプトパターンと、リンクを配置について
○変数
○Photoshop CC 2014:「配置」と「パッケージ化」
○Photoshop CC 2014:焦点選択と測定ガイド
○Photoshop CC 2014:3Dプリント
○Photoshop CC 2014:CameraRaw 8.7
○Photoshop CC 2014:シェイプから新規ガイドを作成と、新規ガイドレイアウトを作成
○Photoshop CC 2014:PhotoshopとAfterEffectsで使える、カラールックアップテーブルの書き出し
○Photoshop CC 2015:アートボード
○Photoshop CC 2015:かすみを除去する
○CS5新機能01:ロトブラシ
○CS5新機能02:新しい便利なショートカット
○CS5 パペットアニメーションと、時間反転キーフレーム
○CS5 ビデオや画像の型抜きについて「トラックマットとステンシルアルファ」
○CS5 動画の動きを捕らえて、他のレイヤーに適用する「モーショントラック」
○CS5.5 ワープスタビライザー
○CS5.5 ブラー・互換・タイムコード
○CS5.5 「シャドウを落とす・受ける」機能
○CS5.5 エクスプレッション・その1
○CS5.5 エクスプレッション・その2
○CS5.5 エクスプレッション・その3
○CS6の新機能1:ベクトルレイヤーからシェイプを生成
○CS6の新機能2:3Dカメラトラック
○AfterEffects CCの新機能:ワープスタビライザーVFX
○AfterEffects CC・レンダリングの変更点
○AfterEffects CCの新機能:マスクをトラック
○AfterEffects CCの新機能:ピクセルモーションブラー
○AfterEffects CCエッジを調整ツール
○AfterEffects CC モーションスケッチ
○AfterEffects CC 2014:HTML5パネルSDK(その1)
○AfterEffects CC 2014:HTML5パネルSDK(その2)
○AfterEffects CC 2014:4KビデオのYouTubeへのアップロード
○AfterEffects CC 2014:相対的なプロパティリンクと一緒にコピー
○AfterEffects CC 2014:モーフィング
○AfterEffects CC 2014:画像やビデオ等からカラーを抽出し、他のレイヤーに適用するsampleImageメソッド
○AfterEffects CC 2014:監視フォルダーの使い方
○AfterEffects CC 2014:カラープロファイルの使い方
○AfterEffects CC 2015:顔のトラッキング
○AfterEffects CC 2015:タイムチューナー