イトウ先生のTips note【Premiere Pro CC 2018】複数のプロジェクトを同時に開く

こんにちは、イマジカデジタルスケープの伊藤和博です。
今週はPremiere Pro CC 2018の新機能の中から、「複数のプロジェクトを同時に開く」をご紹介します。
これまでのPremiere Proといえば、何か1つのプロジェクトを開いている間は、他のプロジェクトを同時には開けない、というのが当たり前でしたが、今回のPremiere Pro CC 2018から、複数のプロジェクトを同時に開いて編集作業ができるようになりました。
これによって、プロジェクト間でのデータのやり取りや、「過去に作ったあのデータの中にある、テロップやビデオを使いたい」といった場合に、プロジェクト間でドラッグ&ドロップすることでアセットを移行をする、などのやりとりが可能になりました。

●さっそくやってみよう!

まずは、何らかのプロジェクトを新規で作成するか、既存のプロジェクトを開いた状態で、ファイルメニュー > プロジェクトを開く、を選択し、他のプロジェクトを開きます。すると、プロジェクトパネル自体が複数表示され、2つのプロジェクトが同時に開いているのがわかります。

複数のプロジェクトを同時に閉じる場合は、ファイルメニュー > すべてのプロジェクトを閉じる、を選択します。また現在開いているプロジェクトを確認する場合は、ウインドウメニュー > プロジェクト、で確認することが可能です。

●プロジェクト間でのアセットの移行

現在編集中のプロジェクトに対して、既存のプロジェクトを取り込む場合は、ファイルメニュー > 読み込み、で、取り込みたいPremiereのプロジェクトを選択することで、プロジェクトそのもの、またはシーケンスを取り込むことが可能ですが、この方法はこのCC2018でももちろん可能です。

複数のプロジェクトを同時に開けるようになると、各プロジェクト間にあるアセット単位で様々なデータ移行が可能になるわけですが、単にプロジェクト間でデータを移行する場合には、プロジェクトパネル間でアセットをドラッグ&ドロップすれば、各プロジェクト間でアセットをコピーすることが可能です。
また、タイムラインパネルに対し、他のプロジェクトパネルからアセットをドロップすると、そのシーケンスを含むプロジェクトパネル内にアセットそのものが自動的にコピーされ、そのコピーしたアセットからタイムラインにクリップを配置した扱いとなります。

このアセットがコピーされる仕組みは、ビデオ、画像、タイトル、シーケンスそのものでも同じです。なお、シーケンスをドロップした場合は、シーケンスそのものと、そのシーケンス内で使用しているアセットすべてがコピーされます。

また、プロジェクトマネジャーによるファイルの収集も、個々のプロジェクトごと個別に行うことが可能ですが、収集する場合は、収集したいプロジェクトパネルをあらかじめ選択した上で、プロジェクトマネジャーから行うようにします。

シーケンス単位で取り込む場合は、従来の方法で取り込めばいいですが、今回のこの機能の搭載で、個々のプロジェクトにあるアセット単位でデータの移行が可能になりました。非常に使い勝手のいい機能といえると思いますので、ぜひ使ってみてください。


この記事を読んだ方にオススメの講座はこちら!

▼Premiere Pro CC 2014の使い方・基本トレーニング
メインビジュアル:Premiere Pro CC 2014の使い方・基本トレーニング


イトウ先生が、Twitterを始めました!みなさんもぜひ、フォローしてくださいね!
itoh_sensei

イトウ先生のTips noteアーカイブ【2016年~】

○AfterEffects CC 2015:顔のトラッキング
○AfterEffects CC 2015:タイムチューナー
○AfterEffects CC 2015:AIデータはレイヤーに分配で取り込む
○AfterEffects CC 2015:プレビューのコントロール
○AfterEffects CC 2015:スクリプト
○AfterEffects CC 2015:新しくなったMAXON CINEMA 4D Exporter
○AfterEffects CC 2015:マスクリファレンス
○AfterEffects CC 2015:スムーザー
○AfterEffects CC 2015:立体の旗を作る・1
○AfterEffects CC 2015:立体の旗を作る・2(CINEMA 4Dレンダラー)
○AfterEffects CC 2017:強化されたライブテキストテンプレート
○AfterEffects CC 2017:日付のトークン
○AfterEffects CC 2017:マーカーデュレーション
○AfterEffects CC 2017:他のレイヤーのエフェクトをプリコンポーズ無しで参照する
○AfterEffects CC 2017:拡張された平面フォルダ
○AfterEffects CC 2017:レイヤーのあるコンポジションに変換
○AfterEffects CC 2017:現在のフレームから静止画を作る
○AfterEffects CC 2017:最後のフレームでフリーズ
○AfterEffects CC 2017:サウンドの振幅を他のレイヤーで活用する、オーディオ振幅
○AfterEffects CC 2017:カンマ区切りの文字列をランダムに表示する
○AfterEffects CC 2017:CC Light Raysとトラッカー
○AfterEffects CC 2018:パスからヌルを作成
○AfterEffects CC 2018:モーショングラフィックステンプレート