イトウ先生のTips note【AfterEffects CC 2015】スムーザー

Tipsnote-photo-2016020

こんにちは、イマジカデジタルスケープの伊藤和博です。
つい先日、11月2日にCC2017がリリースされました。各アプリケーションとも現時点では主に従来からの機能強化が中心となるバージョンアップのようですが、今後このCC2017にいろいろと新機能が追加されていくことになるではないかと思います。どのような機能が搭載されるようになるかは、以下、Adobe MAXによる様々な発表で垣間見ることが可能です。

●Adobe MAX ONLINE(英語版ビデオ)
http://max.adobe.com/sessions/max-online/

今後は、こういった機能や製品がCCに盛り込まれていくことになる、ということだと思いますので、また興味深い機能がありましたらこのブログで取り上げてみたいと思います。

さて、今週はAfterEffects CC 2015からで、「スムーザー」という機能をご紹介します。
位置トランスフォームなどの空間的なモーションパスや、不透明度トランスフォームなどの時間的に変化していくプロセスをスムージングする機能がスムーザーです。
曲線的に移動する動きを滑らかにするために、一度作成したモーションパスを手動で編集してしまうと、曲線の曲がり具合が不均一になるなどバランスが悪くなることがありますが、スムーザーを使用するとバランスよく曲線的な動きを作ることが可能です。複数のキーフレームを設定していた場合でも、全体のプロセスで曲線をスムージングしてくれるため、1つ1つのキーフレームを手作業で微調整する、ということをしなくてもよくなります。

●さっそくやってみよう!

まずは、何らかのレイヤーに位置トランスフォームでアニメーションを作成します。

Aecc15_smooth003

このとき、モーションパスに作成された方向線や方向点、アンカーポイントを手動で調整することで曲線の曲がり具合を調整できますが、滑らかな曲線にすることを目的にこの作業を手作業で行うと、本当に滑らかになったのかが少々怪しいため、この曲線を編集を数値レベルで滑らかに編集するのがスムーザーになります。

Aecc15_smooth004

ウインドウメニュー>スムーザーを選択し、スムーザーパネルを表示した後、スムージングしたいキーフレームを最低「3つ以上」選択します。

Aecc15_smooth008

キーフレームの選択が2つ以下の場合は、スムーザーパネルがアクティブになりません。

Aecc15_smooth009

なお3つ以上のキーフレームであればかまいませんので、スムージングしたいキーフレームが複数ある場合、スムージングしたいキーのみを選択してもかまいません。

Aecc15_smooth010

複数のキーフレームを選択した後、スムーザーパネルの許容量を設定し、適用をクリックします。数値が高ければ高いほどよりスムージングがかかります。許容量の数値は高ければ高いほどよりスムージングしてくれます。また、曲線を滑らかに作り替えることから、キーフレームの位置も自動的に移動し、曲線としてのバランスを取ってくれます。

Aecc15_smooth012

なお、許容量の値を極端に高くしてスムージングしすぎると、キーフレームそのものを削除することでスムージングします。キーフレームを削除しない程度に数値のバランスを見て調整していきます。

Aecc15_smooth013

また、不透明など、空間的なトランスフォームではないものは、時間グラフとしてスムージングが可能です。任意の位置にキーフレームを設定し、任意の値にすると途中のキーを数値的にバランスよく按分してくれます。

Aecc15_smooth014

この機能は、あくまでもモーションパスや時間的な変化の度合いをスムージングする機能で、ロービングではありません。そのためキーフレームの最初と最後の位置を変更してしまうとキーフレーム間の尺が変更になりますので、あくまでも手作業で編集する曲線の修正を数値で滑らかに行う場合に使用するといいでしょう。


この記事を読んだ方にオススメの講座はこちら!

▼AfterEffects CCの使い方・基本トレーニング
メインビジュアル:AfterEffects CCの使い方・基本トレーニング

▼AfterEffects CC 2014の使い方・実践トレーニング
メインビジュアル:AfterEffects CC 2014の使い方・実践トレーニング


イトウ先生が、Twitterを始めました!みなさんもぜひ、フォローしてくださいね!
itoh_sensei

イトウ先生のTips noteアーカイブ【2016年~】

イトウ先生のTips note アーカイブ【2010年~】(別サイトに飛びます)

○消しゴムツールの活用
○ななめの画像をまっすぐにする方法
○自然な合成テクニック・角版
○自然な合成テクニック・切り抜き画像
○画像合成後の便利なショートカット
○調整レイヤー
○レイヤーパネルの不透明度と塗りについて
○不透明度のショートカット
○CS5新機能01:「コンテンツに応じる」機能
○CS5新機能02:絵筆ブラシと混合ブラシ
○CS5新機能03:人の記憶に近い画像・HDRについて
○CS5新機能04:パペットワープ
○CS5新機能05:3Dオブジェクトとアニメーション
○美しいモノクロ画像の作り方
○境界部分をきれいにカラー変更する方法
○Photoshop CS6 特集・その1(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その2(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その3(全3回)
○2つの画像の違いを調べる、差の絶対値
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その1
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その2
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その3
○CSSの読み込み(スウォッチカラー)と、 CSS書き出し(CSSをコピー)について
○条件付きアクション
○Photoshop CCの新機能
○Photoshop CCの新機能:Generator(ジェネレーター)
○PhotoshopをJavaScriptで操作するAdobe Extendscript Toolkit CC
○新しいスクリプトパターンと、リンクを配置について
○変数
○Photoshop CC 2014:「配置」と「パッケージ化」
○Photoshop CC 2014:焦点選択と測定ガイド
○Photoshop CC 2014:3Dプリント
○Photoshop CC 2014:CameraRaw 8.7
○Photoshop CC 2014:シェイプから新規ガイドを作成と、新規ガイドレイアウトを作成
○Photoshop CC 2014:PhotoshopとAfterEffectsで使える、カラールックアップテーブルの書き出し
○Photoshop CC 2015:アートボード
○Photoshop CC 2015:かすみを除去する
○CS5新機能01:ロトブラシ
○CS5新機能02:新しい便利なショートカット
○CS5 パペットアニメーションと、時間反転キーフレーム
○CS5 ビデオや画像の型抜きについて「トラックマットとステンシルアルファ」
○CS5 動画の動きを捕らえて、他のレイヤーに適用する「モーショントラック」
○CS5.5 ワープスタビライザー
○CS5.5 ブラー・互換・タイムコード
○CS5.5 「シャドウを落とす・受ける」機能
○CS5.5 エクスプレッション・その1
○CS5.5 エクスプレッション・その2
○CS5.5 エクスプレッション・その3
○CS6の新機能1:ベクトルレイヤーからシェイプを生成
○CS6の新機能2:3Dカメラトラック
○AfterEffects CCの新機能:ワープスタビライザーVFX
○AfterEffects CC・レンダリングの変更点
○AfterEffects CCの新機能:マスクをトラック
○AfterEffects CCの新機能:ピクセルモーションブラー
○AfterEffects CCエッジを調整ツール
○AfterEffects CC モーションスケッチ
○AfterEffects CC 2014:HTML5パネルSDK(その1)
○AfterEffects CC 2014:HTML5パネルSDK(その2)
○AfterEffects CC 2014:4KビデオのYouTubeへのアップロード
○AfterEffects CC 2014:相対的なプロパティリンクと一緒にコピー
○AfterEffects CC 2014:モーフィング
○AfterEffects CC 2014:画像やビデオ等からカラーを抽出し、他のレイヤーに適用するsampleImageメソッド
○AfterEffects CC 2014:監視フォルダーの使い方
○AfterEffects CC 2014:カラープロファイルの使い方
○AfterEffects CC 2015:顔のトラッキング
○AfterEffects CC 2015:タイムチューナー