イトウ先生のTips note【Illustrator CC 2015】ダイナミックシンボル

Tipsnote-photo-2016001

こんにちは、イマジカデジタルスケープの伊藤和博です。
今週からブログのデザインも新たになりまして、ページデザインやタイトルイメージも変更となりました。イメージは度々更新していきますので、今度ともよろしくお願いいたします。
それでは、早速今週のブログですが、今週は、Illustrator CC 2015の新機能から、ダイナミックシンボルとスタティックシンボルについてご紹介します。
シンボルの機能そのものは以前から搭載されている機能で、IllustratorはもちろんFlashにも搭載しており、何らかのオブジェクトをシンボルとして登録し、登録したオブジェクトをアートボードやステージに配置すると、その配置したオブジェクトは、登録したシンボルに対するインスタンス(子)の関係になり、親(シンボル)を変更すると、子(インスタンス)も変更され、また子(インスタンス)を変更することでも親(シンボル)を変更できる、というものでした。
Illustrator CC 2015ではこのシンボルの登録時にダイナミックとスタティックという登録方法が追加され、シンボル登録後も個々のインスタンスに個別の編集を加えることができるようになりました。使い分けをきちんと行うと大変便利な機能ですのでぜひ活用してみてください。

●さっそくやってみよう!

まずは、何らかのオブジェクトを作成し、シンボルに登録します。シンボルへの登録方法は従来と同じで、オブジェクトを選択しシンボルパネルの新規シンボルをクリックするか、オブジェクトそのものをシンボルパネルにドラッグすると登録可能です。

Ai15_sym001

このシンボル登録時に、以下のようにダイナミックとスタティックを選択できるようになりました。

Ai15_sym002

ダイナミックシンボルとして登録したシンボルは、パネルのアイコンに+マークが表示されるようになります。登録後、シンボルをアートボードにドラッグ、またはシンボルパネルのシンボルインスタンスを配置をクリック、またはシンボルスプレー等で吹き付けて使用するのも従来と同じです。

Ai15_sym005

●ダイナミックシンボルとスタティックシンボルの違い

ダイナミックシンボルと、スタティックシンボルの違いは、ダイナミックシンボルとして登録したものは、個別のインスタンスに対して編集を加えられる、というのが特徴です。スタティックシンボルは従来のシンボルと同じ使い方、と考えていいでしょう。
ダイナミックシンボルかスタティックシンボルかの判断は、シンボルパネルの+マークでも確認可能ですが、その選択「状態」に違いがあります。
以下は、多角形オブジェクトをスタティックシンボルとして登録した場合との比較ですが、これらのオブジェクトをそれぞれ選択ツールで選択すると、ダイナミックシンボルはオブジェクトの中心に十字線が表示され、スタティックシンボルは、従来通りオブジェクトの周りに矩形のパスが表示されます。

Ai15_sym009

これらをダイレクト選択ツールで選択したときは、ダイナミックシンボルは、通常のオブジェクトと同じ選択状態となり、アンカーポイントが表示されます。この時、バウンディングボックスを表示の状態にしておいた場合でも、ダイレクト選択ツールで選択している時と同じ状態となるため、バウンディングボックスは表示されません。一方、スタティックシンボルは、シンボルを選択ツールで選択したときと同じ状態になり、選択ツールの違いによる、選択状態の違いに差がありません。

Ai15_sym010

ダイナミックシンボルのインスタンスをダイレクト選択ツールで選択し、カラー等を変更すると、そのインスタンスのみ変更が適用されます。

Ai15_sym006

この後、シンボルパネルからダイナミックシンボルの親をダブルクリックし、編集モード中に親のカラーを変更しても、ダイレクト選択ツールで変更したインスタンスのカラーはそのまま保持されます。

Ai15_sym007

Ai15_sym008

ただし、個別に変更できるのはアピアランスのみで、アンカーポイント1つのみを動かす、アンカーポイントを追加・削除する、線幅ツールで線幅を調整する、消しゴムで消す、拡大縮小・回転・リフレクト、など、骨格の形状の変更に伴うパスの変更は一切できません。パスの形状まで変更する場合は、分割・拡張する必要があるため、そうなると、そもそもシンボルインスタンスである必要が無くなる、というわけですね。

Ai15_sym011

スタティックシンボルの場合は、従来と同じように扱うため、個別のインスタンスだけを編集する場合は、分割・拡張を行って編集、という流れになります。

骨格の形状は同じでアピアランスだけ個別に変更を加えたい。ただし、骨格そのものも変更してバリエーションを持たせることも考慮したい、というような場合に、ダイナミックシンボルは便利な機能です。
ダイナミックシンボルはパスの形状のみのシンボル登録、スタティックシンボルはパスの形状とアピアランスの組み合わせに対するシンボル登録、といえるかと思いますので、用途に応じてぜひ使い分けてみてください。


この記事を読んだ方にオススメの講座はこちら!

▼Illustrator CC の使い方・基本トレーニング
メインビジュアル:Illustrator CC の使い方・基本トレーニング


イトウ先生が、Twitterを始めました!みなさんもぜひ、フォローしてくださいね!
itoh_sensei

イトウ先生のTips noteアーカイブ【2016年~】

イトウ先生のTips note アーカイブ【2010年~】(別サイトに飛びます)

○消しゴムツールの活用
○ななめの画像をまっすぐにする方法
○自然な合成テクニック・角版
○自然な合成テクニック・切り抜き画像
○画像合成後の便利なショートカット
○調整レイヤー
○レイヤーパネルの不透明度と塗りについて
○不透明度のショートカット
○CS5新機能01:「コンテンツに応じる」機能
○CS5新機能02:絵筆ブラシと混合ブラシ
○CS5新機能03:人の記憶に近い画像・HDRについて
○CS5新機能04:パペットワープ
○CS5新機能05:3Dオブジェクトとアニメーション
○美しいモノクロ画像の作り方
○境界部分をきれいにカラー変更する方法
○Photoshop CS6 特集・その1(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その2(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その3(全3回)
○2つの画像の違いを調べる、差の絶対値
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その1
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その2
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その3
○CSSの読み込み(スウォッチカラー)と、 CSS書き出し(CSSをコピー)について
○条件付きアクション
○Photoshop CCの新機能
○Photoshop CCの新機能:Generator(ジェネレーター)
○PhotoshopをJavaScriptで操作するAdobe Extendscript Toolkit CC
○新しいスクリプトパターンと、リンクを配置について
○変数
○Photoshop CC 2014:「配置」と「パッケージ化」
○Photoshop CC 2014:焦点選択と測定ガイド
○Photoshop CC 2014:3Dプリント
○Photoshop CC 2014:CameraRaw 8.7
○Photoshop CC 2014:シェイプから新規ガイドを作成と、新規ガイドレイアウトを作成
○Photoshop CC 2014:PhotoshopとAfterEffectsで使える、カラールックアップテーブルの書き出し
○Photoshop CC 2015:アートボード
○Photoshop CC 2015:かすみを除去する
○CS5新機能01:ロトブラシ
○CS5新機能02:新しい便利なショートカット
○CS5 パペットアニメーションと、時間反転キーフレーム
○CS5 ビデオや画像の型抜きについて「トラックマットとステンシルアルファ」
○CS5 動画の動きを捕らえて、他のレイヤーに適用する「モーショントラック」
○CS5.5 ワープスタビライザー
○CS5.5 ブラー・互換・タイムコード
○CS5.5 「シャドウを落とす・受ける」機能
○CS5.5 エクスプレッション・その1
○CS5.5 エクスプレッション・その2
○CS5.5 エクスプレッション・その3
○CS6の新機能1:ベクトルレイヤーからシェイプを生成
○CS6の新機能2:3Dカメラトラック
○AfterEffects CCの新機能:ワープスタビライザーVFX
○AfterEffects CC・レンダリングの変更点
○AfterEffects CCの新機能:マスクをトラック
○AfterEffects CCの新機能:ピクセルモーションブラー
○AfterEffects CCエッジを調整ツール
○AfterEffects CC モーションスケッチ
○AfterEffects CC 2014:HTML5パネルSDK(その1)
○AfterEffects CC 2014:HTML5パネルSDK(その2)
○AfterEffects CC 2014:4KビデオのYouTubeへのアップロード
○AfterEffects CC 2014:相対的なプロパティリンクと一緒にコピー
○AfterEffects CC 2014:モーフィング
○AfterEffects CC 2014:画像やビデオ等からカラーを抽出し、他のレイヤーに適用するsampleImageメソッド
○AfterEffects CC 2014:監視フォルダーの使い方
○AfterEffects CC 2014:カラープロファイルの使い方
○AfterEffects CC 2015:顔のトラッキング
○AfterEffects CC 2015:タイムチューナー