イトウ先生のTips note【Illustrator CC 2018】新しくなったアートボード操作

こんにちは、イマジカデジタルスケープの伊藤和博です。
今週は、Illustrator CC 2018から新機能で「新しくなったアートボード操作」をご紹介します。
Illustratorで複数のアートボードが使えるようになったのはCS4から、となりますが、アートボードの「操作」そのものは特別に進化したものではありませんでした。CC2018ではこのアートボードの操作が進化し、デザインする側にとって便利に使えるようになりましたので、その辺りをご紹介したいと思います。
これまでちょっと一手間かかった操作もCC2018では楽に操作できるようになりました。

●さっそくやってみよう!

Illustratorを使っているとよくある例として、「一度作成したデザインの別パターンを作成する」ということがあるかと思います。カラーバリエーションを作成したり、サイズ違いの別オブジェクトを作成する、ということなどです。
その場合、最初に作成したデザイン案の別案を作成するために、新規にアートボードを追加しそのアートボード上に別案を作成する、または、既存のアートボードを複製して別デザインを作成する、ということも多いかと思います。

ところがこの操作を繰り返し、アートボードを追加しづつけると、カンバスの限界に達した時にアートボードが追加できなくなり、既存のアートボードを手動で動かして追加、という作業が発生していました。

あと一つだけアートボードを追加したい、という場合に、いちいち既存のアートボードを動かして新規アートボードを作る必要があり、少々面倒でしたが、CC2018では、カンバスの限界に到達すると、自動的に既存のアートボードの下段に新規アートボードを追加するようになりました。また、追加したアートボードが常にウインドウの中央に表示されるように、表示位置にも補正が入るようになりました。

ちなみに、カンバスサイズは縦横最大5779.558mmになりますが、CC2018では「カンバスサイズに収まる範囲内で」最大1000までのアートボードを保持することが可能です。そのため、アートボードの数が1000以内で、かつ、カンバス内にアートボードが収まるスペースがあれば、カンバスの下限にアートボードが到達しても、カンバスの最上段にアートボードを自動的に追加しづつけることが可能になりました。

ただし、これは従来通りとなりますが、アートボードが追加される予定のカンバス上に何らかのオブジェクトが存在しても、アートボードを追加するとそのオブジェクトを無視してアートボードが追加されます。大判のポスターや看板デザインなどでは一度カンバス上でラフデザインを行って、縮小してアートボードに入れ直す、ということをするかと思いますが、細かいオブジェクトがカンバス上にちらばっている場合には注意が必要です。

なお、アートボードとアートボードの隙間(いわゆるドブ)の距離は、デフォルトで7.06mm(20pt)に設定されていますが、新規ドキュメント作成時にこの距離をカスタムで指定しておけば、アートボードパネルから新規に追加したアートボードもこの距離を維持して追加されるようになります。

また、オブジェクトをoption【Alt】+shift【Shift】+ドラッグで複製する場合、アートボードのツラが揃っていた方が複製しやすいですが、最初にアートボードの数を1で作成し、同じサイズのアートボードを追加し続けると、下段に追加されたアートボードは、最初のアートボードとX座標の位置が異なり、位置がずれて追加されます。

この、ずれたアートボードの位置合わせは、整列パネルでできるようになりました。アートボードの位置合わせは、アートボードツールを選択し、shift【Shift】+ドラッグまたはクリックすることで複数のアートボードを同時に選択できるようになったため、揃えたいアートボードを複数選択しておき、以下のように整列パネルで揃えることが可能になります。

なお、整列の際、アートボード自体のグループ化や、複数選択中のアートボードからいずれかのアートボードをキーオブジェクト化する、ということはできませんが、まとまったアートボードを一括で揃える場合は、スマートガイドが機能するため、まとまったアートボードを既存のアートボードに揃える場合はスマートガイドを活用するといいでしょう。

なお、アートボードツールで既存のアートボードをoption【Alt】+ドラッグでアートボードの複製(オブジェクトごと複製)は、そのまま機能しますが、shift【Shift】キーの使い方が変更されているため、アートボード内にアートボードを作成するshift【Shift】+ドラッグの使い方はなくなりました。既存のアートボード内にアートボードを作成する場合は、一度カンバス上で作成したアートボードを既存のアートボードに移動して作成、という形になります。

デザイン案を展開する際、カラーやサイズなどのバリエーションが増えてくると、どうしても複数のアートボードが必要不可欠になりますが、カンバスの限界に到達すると、既存のアートボードを動かすのが結構手間でしたが、これがなくなっただけでも結構重宝するかと思いますのでせひ使ってみてください。


この記事を読んだ方にオススメの講座はこちら!

▼Illustrator CC 2018の使い方・基本トレーニング
メインビジュアル:Illustrator CC 2018の使い方・基本トレーニング


イトウ先生が、Twitterを始めました!みなさんもぜひ、フォローしてくださいね!
itoh_sensei

イトウ先生のTips noteアーカイブ【2016年~】

○AfterEffects CC 2015:顔のトラッキング
○AfterEffects CC 2015:タイムチューナー
○AfterEffects CC 2015:AIデータはレイヤーに分配で取り込む
○AfterEffects CC 2015:プレビューのコントロール
○AfterEffects CC 2015:スクリプト
○AfterEffects CC 2015:新しくなったMAXON CINEMA 4D Exporter
○AfterEffects CC 2015:マスクリファレンス
○AfterEffects CC 2015:スムーザー
○AfterEffects CC 2015:立体の旗を作る・1
○AfterEffects CC 2015:立体の旗を作る・2(CINEMA 4Dレンダラー)
○AfterEffects CC 2017:強化されたライブテキストテンプレート
○AfterEffects CC 2017:日付のトークン
○AfterEffects CC 2017:マーカーデュレーション
○AfterEffects CC 2017:他のレイヤーのエフェクトをプリコンポーズ無しで参照する
○AfterEffects CC 2017:拡張された平面フォルダ
○AfterEffects CC 2017:レイヤーのあるコンポジションに変換
○AfterEffects CC 2017:現在のフレームから静止画を作る
○AfterEffects CC 2017:最後のフレームでフリーズ
○AfterEffects CC 2017:サウンドの振幅を他のレイヤーで活用する、オーディオ振幅
○AfterEffects CC 2017:カンマ区切りの文字列をランダムに表示する
○AfterEffects CC 2017:CC Light Raysとトラッカー
○AfterEffects CC 2018:パスからヌルを作成
○AfterEffects CC 2018:モーショングラフィックステンプレート
○AfterEffects CC 2018:マスタープロパティ
○AfterEffects CC 2018:プロパティリンクのピックウィップ

イトウ先生のTips note アーカイブ【2010年~】(別サイトに飛びます)

○消しゴムツールの活用
○ななめの画像をまっすぐにする方法
○自然な合成テクニック・角版
○自然な合成テクニック・切り抜き画像
○画像合成後の便利なショートカット
○調整レイヤー
○レイヤーパネルの不透明度と塗りについて
○不透明度のショートカット
○CS5新機能01:「コンテンツに応じる」機能
○CS5新機能02:絵筆ブラシと混合ブラシ
○CS5新機能03:人の記憶に近い画像・HDRについて
○CS5新機能04:パペットワープ
○CS5新機能05:3Dオブジェクトとアニメーション
○美しいモノクロ画像の作り方
○境界部分をきれいにカラー変更する方法
○Photoshop CS6 特集・その1(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その2(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その3(全3回)
○2つの画像の違いを調べる、差の絶対値
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その1
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その2
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その3
○CSSの読み込み(スウォッチカラー)と、 CSS書き出し(CSSをコピー)について
○条件付きアクション
○Photoshop CCの新機能
○Photoshop CCの新機能:Generator(ジェネレーター)
○PhotoshopをJavaScriptで操作するAdobe Extendscript Toolkit CC
○新しいスクリプトパターンと、リンクを配置について
○変数
○Photoshop CC 2014:「配置」と「パッケージ化」
○Photoshop CC 2014:焦点選択と測定ガイド
○Photoshop CC 2014:3Dプリント
○Photoshop CC 2014:CameraRaw 8.7
○Photoshop CC 2014:シェイプから新規ガイドを作成と、新規ガイドレイアウトを作成
○Photoshop CC 2014:PhotoshopとAfterEffectsで使える、カラールックアップテーブルの書き出し
○Photoshop CC 2015:アートボード
○Photoshop CC 2015:かすみを除去する
○CS5新機能01:ロトブラシ
○CS5新機能02:新しい便利なショートカット
○CS5 パペットアニメーションと、時間反転キーフレーム
○CS5 ビデオや画像の型抜きについて「トラックマットとステンシルアルファ」
○CS5 動画の動きを捕らえて、他のレイヤーに適用する「モーショントラック」
○CS5.5 ワープスタビライザー
○CS5.5 ブラー・互換・タイムコード
○CS5.5 「シャドウを落とす・受ける」機能
○CS5.5 エクスプレッション・その1
○CS5.5 エクスプレッション・その2
○CS5.5 エクスプレッション・その3
○CS6の新機能1:ベクトルレイヤーからシェイプを生成
○CS6の新機能2:3Dカメラトラック
○AfterEffects CCの新機能:ワープスタビライザーVFX
○AfterEffects CC・レンダリングの変更点
○AfterEffects CCの新機能:マスクをトラック
○AfterEffects CCの新機能:ピクセルモーションブラー
○AfterEffects CCエッジを調整ツール
○AfterEffects CC モーションスケッチ
○AfterEffects CC 2014:HTML5パネルSDK(その1)
○AfterEffects CC 2014:HTML5パネルSDK(その2)
○AfterEffects CC 2014:4KビデオのYouTubeへのアップロード
○AfterEffects CC 2014:相対的なプロパティリンクと一緒にコピー
○AfterEffects CC 2014:モーフィング
○AfterEffects CC 2014:画像やビデオ等からカラーを抽出し、他のレイヤーに適用するsampleImageメソッド
○AfterEffects CC 2014:監視フォルダーの使い方
○AfterEffects CC 2014:カラープロファイルの使い方
○AfterEffects CC 2015:顔のトラッキング
○AfterEffects CC 2015:タイムチューナー