イトウ先生のTips note【Premiere CC 2015】Liveテキストテンプレート

Tipsnote-photo-2016011

こんにちは、イマジカデジタルスケープの伊藤和博です。
今週は、Premiere CC 2015から、AfterEffectsのコンポジションをテンプレートとして読み込む「Liveテキストテンプレート」をご紹介します。
この機能そのものはAfterEffects CC 2014からの機能で、Adobe Dynamic Linkを介した機能となります。
通常、Premiereに読み込んだAfterEffectsのコンポジションを修正する場合は、AfterEffectsに戻ってコンポジションを修正する、という作業が必要になりますが、この「Liveテキストテンプレート」を使用すると、AfterEffectsで作成したコンポジションに含まれるテキストレイヤーを、AfterEffectsを起動せずに、Premiereのみで修正する、ということが可能になります。
このテンプレートを使用しないと、テキストレイヤーの修正に都度AfterEffectsを起動することになるため、AfterEffectsのデータを取り込む際にはぜひ使いたい機能の一つになります。

●さっそくやってみよう!

まずは、AfterEffectsで通常通りデータを作成しますが、このとき、コンポジション設定の高度タブにある、「テンプレート」にチェックを入れてデータを作成します。
ここにチェックを入れてデータを作成すると、ロックがかかっていないテキストレイヤーのみ、Premiereで直接テキストの編集が可能になります。

Pr15_temp002

ロックをかけたテキストレイヤーと、かけていないテキストレーヤーが含まれるコンポジションを用意し・・

Pr15_temp003

Premiereに取り込んで、タイムラインに配置した後・・

Pr15_temp004

Pr15_temp005

エフェクトコントロールパネルのマスタータブを選択すると、ロックがかかっていないテキストレイヤーのみ「編集可能なAfterEffectsテキスト」と表示され、ここで直接文字を入力することが可能です。

Pr15_temp006

なお、この後、仮にAfterEffectsに戻って、AfterEffectsでテキストに編集を加えた場合、Premiereで編集を加えていない箇所への変更は、Premiereにも反映されます。例えば、AfterEffectsに戻ってテキストを入力し直し、カラーと位置を変更した場合、文字キャラクタの変更は反映されませんが、カラーと位置は反映されます。

Pr15_temp009

Pr15_temp010

●Premiereでコンポジションを複製すると・・

さらに、Premiereのプロジェクトパネル上でコンポジションを複製し、別のクリップとしてタイムラインに配置した後、エフェクトコントロールパネルでさらにテキストを入力し直したとします。

Pr15_temp011

Pr15_temp013

この後、AfterEffectsに戻って、テキストのカラーを変更すると、Premiereで複製したコンポジションの方にも、そのカラーの変更が適用されます。

Pr15_temp014

Pr15_temp015

●テンプレートがある場合、取り込めるのはテンプレートのみ

なお、テンプレートにチェックを入れたコンポジションを含むAfterEFfectsのデータをPremiereに取り込むと、テンプレートにチェックを入れたコンポジションしか認識しなくなります。

Pr15_temp017

Pr15_temp019

すべてのコンポジションを認識させる場合は、AfterEffectsでテキストレイヤーを使用するかどうかにかかわらず、テンプレートにチェックを入れて作成すると、チェックした全てのコンポジションを認識するようになります。

Pr15_temp018

なお、AfterEffects上でテキストにアニメーションを設定している場合でも、そのアニメーションを保持したまま、テキストのみ編集が可能です。いずれにしてもAfterEffectsでテキストレイヤーを使う使わないにかかわらず、テンプレートにチェックを入れてPremiereに取り込めば、あとからAfterEffects上でテキストレイヤーを入れることになってもPremiereでダイレクトに編集することが可能になります。さらに、Premiereは使ったことがあるけど、AfterEffectsの使い方がよくわからない、という場合でもPremiereのみでテキストの編集できるため非常に便利ですのでぜひこのテンプレートを使ってみてください。


この記事を読んだ方にオススメの講座はこちら!

▼Premiere Pro CC 2014の使い方・基本トレーニング
メインビジュアル:Premiere Pro CC 2014の使い方・基本トレーニング

▼AfterEffects CCの使い方・基本トレーニング
メインビジュアル:AfterEffects CCの使い方・基本トレーニング


イトウ先生が、Twitterを始めました!みなさんもぜひ、フォローしてくださいね!
itoh_sensei

イトウ先生のTips noteアーカイブ【2016年~】

イトウ先生のTips note アーカイブ【2010年~】(別サイトに飛びます)

○消しゴムツールの活用
○ななめの画像をまっすぐにする方法
○自然な合成テクニック・角版
○自然な合成テクニック・切り抜き画像
○画像合成後の便利なショートカット
○調整レイヤー
○レイヤーパネルの不透明度と塗りについて
○不透明度のショートカット
○CS5新機能01:「コンテンツに応じる」機能
○CS5新機能02:絵筆ブラシと混合ブラシ
○CS5新機能03:人の記憶に近い画像・HDRについて
○CS5新機能04:パペットワープ
○CS5新機能05:3Dオブジェクトとアニメーション
○美しいモノクロ画像の作り方
○境界部分をきれいにカラー変更する方法
○Photoshop CS6 特集・その1(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その2(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その3(全3回)
○2つの画像の違いを調べる、差の絶対値
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その1
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その2
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その3
○CSSの読み込み(スウォッチカラー)と、 CSS書き出し(CSSをコピー)について
○条件付きアクション
○Photoshop CCの新機能
○Photoshop CCの新機能:Generator(ジェネレーター)
○PhotoshopをJavaScriptで操作するAdobe Extendscript Toolkit CC
○新しいスクリプトパターンと、リンクを配置について
○変数
○Photoshop CC 2014:「配置」と「パッケージ化」
○Photoshop CC 2014:焦点選択と測定ガイド
○Photoshop CC 2014:3Dプリント
○Photoshop CC 2014:CameraRaw 8.7
○Photoshop CC 2014:シェイプから新規ガイドを作成と、新規ガイドレイアウトを作成
○Photoshop CC 2014:PhotoshopとAfterEffectsで使える、カラールックアップテーブルの書き出し
○Photoshop CC 2015:アートボード
○Photoshop CC 2015:かすみを除去する
○CS5新機能01:ロトブラシ
○CS5新機能02:新しい便利なショートカット
○CS5 パペットアニメーションと、時間反転キーフレーム
○CS5 ビデオや画像の型抜きについて「トラックマットとステンシルアルファ」
○CS5 動画の動きを捕らえて、他のレイヤーに適用する「モーショントラック」
○CS5.5 ワープスタビライザー
○CS5.5 ブラー・互換・タイムコード
○CS5.5 「シャドウを落とす・受ける」機能
○CS5.5 エクスプレッション・その1
○CS5.5 エクスプレッション・その2
○CS5.5 エクスプレッション・その3
○CS6の新機能1:ベクトルレイヤーからシェイプを生成
○CS6の新機能2:3Dカメラトラック
○AfterEffects CCの新機能:ワープスタビライザーVFX
○AfterEffects CC・レンダリングの変更点
○AfterEffects CCの新機能:マスクをトラック
○AfterEffects CCの新機能:ピクセルモーションブラー
○AfterEffects CCエッジを調整ツール
○AfterEffects CC モーションスケッチ
○AfterEffects CC 2014:HTML5パネルSDK(その1)
○AfterEffects CC 2014:HTML5パネルSDK(その2)
○AfterEffects CC 2014:4KビデオのYouTubeへのアップロード
○AfterEffects CC 2014:相対的なプロパティリンクと一緒にコピー
○AfterEffects CC 2014:モーフィング
○AfterEffects CC 2014:画像やビデオ等からカラーを抽出し、他のレイヤーに適用するsampleImageメソッド
○AfterEffects CC 2014:監視フォルダーの使い方
○AfterEffects CC 2014:カラープロファイルの使い方
○AfterEffects CC 2015:顔のトラッキング
○AfterEffects CC 2015:タイムチューナー