イトウ先生のTips note【AfterEffects CC 2017】拡張された平面フォルダ

こんにちは、イマジカデジタルスケープの伊藤和博です。
今週は、AfterEffects CC 2017の新機能から、「拡張された平面フォルダ」をご紹介します。
AfterEffectsでは、平面レイヤー、調整レイヤー、ヌルオブジェクトの3つを作成すると、プロジェクトパネル内に「平面」というフォルダを自動的に作成し、そのフォルダ内にこれらを保存していきますが、この平面フォルダの扱いが拡張し、プロジェクトパネル内でフッテージを管理する際、非常に管理しやすくなりました。
複数の平面レイヤーや調整レイヤー、ヌルオブジェクトを駆使して編集される方はぜひ活用してみてください。

●さっそくやってみよう!

最初に、プロジェクトパネル内での各フッテージの管理についてご説明しますが、AfterEffectsでは、平面レイヤー、調整レイヤー、ヌルオブジェクトを作成するとプロジェクトパネル内に「平面フォルダ」というフォルダを自動で作成し、そのフォルダ内にこれらを保存していきます。
画像、ビデオ、サウンドなど外部から読み込むデータは、プロジェクトパネル内でフォルダを作成し、そのフォルダを選択した状態でファイルを読み込むか、または読み込んだ後、各目的のフォルダに手動で仕分けます。
テキスト、シェイプ、ライト、カメラの各レイヤーはプロジェクトそのものに保存されるため、フッテージとしてプロジェクトパネル内には作成されません。

ところでこの平面フォルダですが、フォルダの上で右クリックして名前を変更した後、新たに平面レイヤーを作成すると、名前を変更したフォルダに対して保存されるのではなく、新たに平面フォルダを作成してそのフォルダ内に平面レイヤーを保存していく、というのがCC 2015まででした。

CC 2017では、この平面フォルダの管理方法が変更となり、名前を変更した後も平面フォルダとして機能するようにしたり、新規で作成される平面フォルダの名前をカスタマイズしたり、と、フッテージの管理・整理が非常にしやすくなりました。

●平面フォルダの設定

まず、自動で作成される平面フォルダの名前をカスタマイズする場合は、環境設定 > 新規プロジェクト、という新メニューから設定することが可能になりました。環境設定で名前を変更した後、AfterEffectsの再起動後にここでの名前が有効になります。

再起動後、平面レイヤーを作成すると環境設定で設定した名前でフォルダが作成され、平面レイヤー等はこのフォルダ内に保存されていきますが、フォルダを右クリックすると平面フォルダとしての割り当てがされているのがわかります。

プロジェクトパネル内に新規フォルダを作成し、そのフォルダに対して平面フォルダの割り当てを行うと、以降はそのフォルダに対して平面レイヤーなどが保存されていきます。

平面フォルダとして割り当てたフォルダ名を変更しようとすると、そのフォルダを平面フォルダとして使い続けるかどうかを確認するアラートを表示します。「はい」をクリックすると継続して平面フォルダとして使用することができ、「いいえ」をクリックすると単にレイヤーを仕分けるためのフォルダとして使用することが可能です。

フォルダをネスト化し、ネスト化したフォルダに対して平面フォルダの割り当てをすることも可能です。

データが込み入ってくると、どのフッテージがどこに入っているのか探すのが面倒な場合がありましたが、今回のアップデートで平面フォルダの割り当てが容易になったため、プロジェクトパネル内でのデータの仕分けが非常にしやすくなった、といえるかと思いますのでぜひ使ってみてください。


この記事を読んだ方にオススメの講座はこちら!

▼AfterEffects CCの使い方・基本トレーニング
メインビジュアル:AfterEffects CCの使い方・基本トレーニング


イトウ先生が、Twitterを始めました!みなさんもぜひ、フォローしてくださいね!
itoh_sensei

イトウ先生のTips noteアーカイブ【2016年~】

イトウ先生のTips note アーカイブ【2010年~】(別サイトに飛びます)

○消しゴムツールの活用
○ななめの画像をまっすぐにする方法
○自然な合成テクニック・角版
○自然な合成テクニック・切り抜き画像
○画像合成後の便利なショートカット
○調整レイヤー
○レイヤーパネルの不透明度と塗りについて
○不透明度のショートカット
○CS5新機能01:「コンテンツに応じる」機能
○CS5新機能02:絵筆ブラシと混合ブラシ
○CS5新機能03:人の記憶に近い画像・HDRについて
○CS5新機能04:パペットワープ
○CS5新機能05:3Dオブジェクトとアニメーション
○美しいモノクロ画像の作り方
○境界部分をきれいにカラー変更する方法
○Photoshop CS6 特集・その1(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その2(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その3(全3回)
○2つの画像の違いを調べる、差の絶対値
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その1
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その2
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その3
○CSSの読み込み(スウォッチカラー)と、 CSS書き出し(CSSをコピー)について
○条件付きアクション
○Photoshop CCの新機能
○Photoshop CCの新機能:Generator(ジェネレーター)
○PhotoshopをJavaScriptで操作するAdobe Extendscript Toolkit CC
○新しいスクリプトパターンと、リンクを配置について
○変数
○Photoshop CC 2014:「配置」と「パッケージ化」
○Photoshop CC 2014:焦点選択と測定ガイド
○Photoshop CC 2014:3Dプリント
○Photoshop CC 2014:CameraRaw 8.7
○Photoshop CC 2014:シェイプから新規ガイドを作成と、新規ガイドレイアウトを作成
○Photoshop CC 2014:PhotoshopとAfterEffectsで使える、カラールックアップテーブルの書き出し
○Photoshop CC 2015:アートボード
○Photoshop CC 2015:かすみを除去する
○CS5新機能01:ロトブラシ
○CS5新機能02:新しい便利なショートカット
○CS5 パペットアニメーションと、時間反転キーフレーム
○CS5 ビデオや画像の型抜きについて「トラックマットとステンシルアルファ」
○CS5 動画の動きを捕らえて、他のレイヤーに適用する「モーショントラック」
○CS5.5 ワープスタビライザー
○CS5.5 ブラー・互換・タイムコード
○CS5.5 「シャドウを落とす・受ける」機能
○CS5.5 エクスプレッション・その1
○CS5.5 エクスプレッション・その2
○CS5.5 エクスプレッション・その3
○CS6の新機能1:ベクトルレイヤーからシェイプを生成
○CS6の新機能2:3Dカメラトラック
○AfterEffects CCの新機能:ワープスタビライザーVFX
○AfterEffects CC・レンダリングの変更点
○AfterEffects CCの新機能:マスクをトラック
○AfterEffects CCの新機能:ピクセルモーションブラー
○AfterEffects CCエッジを調整ツール
○AfterEffects CC モーションスケッチ
○AfterEffects CC 2014:HTML5パネルSDK(その1)
○AfterEffects CC 2014:HTML5パネルSDK(その2)
○AfterEffects CC 2014:4KビデオのYouTubeへのアップロード
○AfterEffects CC 2014:相対的なプロパティリンクと一緒にコピー
○AfterEffects CC 2014:モーフィング
○AfterEffects CC 2014:画像やビデオ等からカラーを抽出し、他のレイヤーに適用するsampleImageメソッド
○AfterEffects CC 2014:監視フォルダーの使い方
○AfterEffects CC 2014:カラープロファイルの使い方
○AfterEffects CC 2015:顔のトラッキング
○AfterEffects CC 2015:タイムチューナー