イトウ先生のTips note【Premiere CC 2015】デュレーションの補間方法

Tipsnote-photo-2016009

こんにちは、イマジカデジタルスケープの伊藤和博です。
今週は、Premiere CC 2015から、スローモーションやラプスのビデオを作成するときに使える、「デュレーションの補間方法」についてご紹介します。
特にスローモーションを作成する際、60fpsからのレートダウンであればいいですが、30fpsから作成する場合には延ばす時間によってはどうしてもカクカクしたものになりがちです。Premiereでは、デフォルトエフェクトの「タイムリマップ」や「速度・デュレーション」を使用してスローモーションやラプスを作成しますが、CC 2015から、デュレーションの変更時に効果を発揮する「補間」機能が追加され、この機能を使用すると30fpsのビデオからでもなめらかなスローモーションを作成することが可能になりました。
ビデオクリップに応じて、「補間」の中からいくつかの設定を都度選び直して、レンダリングして試して見る必要はありますが、CC2014からスローモーションを作成するよりもきれいに作成可能ですので、ぜひ使ってみてください。

●さっそくやってみよう!

ビデオをシーケンスにクリップとして配置した後、クリップメニュー>速度・デュレーションを選択し、デュレーションを変更しますが、このときCC2015では「補間」という項目が追加され、補間方法を選択することが可能になりました。

Prcc15_op001

フレームブレンドは(AfterEffectsにもありますが)、必要に応じてフレームとフレームの間のブレンドを実行して滑らかにするものです。途中をブレンドするため滑らかな動きが期待できます。
フレームサンプリングはフレームを繰り返し、または削除することで目的のスピードにあわせます。コマアニメをさらにスローにする場合等にはいいでしょう。
オプティカルフローは、ピクセル分析とピクセルモーション予測に基づいて新しいビデオフレームを作成する補間方法で、背景と被写体とのコントラストが高く、背景がほぼ動かずに被写体がブレなく動くようなビデオに有効です。
通常の風景や旅行で撮影したビデオなどをスローモーションにする場合は、フレームブレンドで行うといいでしょう。
オプティカルフローは、昆虫や植物など、物体の動きを観察する目的で撮影したビデオなどをスローモーションに変更する際に使用するといいと思います。
なお、補間方法のデフォルト設定は、クリップメニュー>ビデオオプション>補間、から、デフォルトで使用する補間方法を選択しておくと、その設定がデフォルトとして使用されます。

Prcc15_op005

また、ファイルメニュー>書き出し>メディア、から書き出す際、書き出し設定のウインドウ内にもこの補間が搭載され、フレームレート変更時の補間方法としても使用できるようになっています。

Prcc15_op006

●実際に書き出したビデオ(順番に見てください)

まずは、オリジナルを見てください(15秒・音は鳴りません)

次に、これをCC2014で、デュレーションを50%にし、倍の長さに変更したものが以下のビデオになります(30秒・音は鳴りません)。

次にCC2015で同じくデュレーションを50%にし、倍の長さに変更したものが以下のビデオになります(30秒・音は鳴りません)。補間方法は「フレームブレンド」で行っています。

よーく見比べるとわかりますが、CC2015のフレームブレンドで補間したビデオの方が、CC2014で書き出したものよりも滑らかに見えます。あまり違いがわからなかった場合には、観覧席の上にある鉄格子のような部分に注目しながら、もう一度再生して見比べてみてください。

なお、このビデオは「オプティカルフロー」での補間には不向きのようで、オプティカルフローで補間すると以下のようになります。結構ノイズが入っているのがわかります。

このように、ビデオの種類によって補間方法は変更しないといけませんが、デュレーションを変更した後は、実際にレンダリングする前に必ず、シーケンスにインとアウトを設定し、インからアウトでエフェクトをレンダリングして問題がないことを確認してからレンダリングするといいでしょう。インからアウトでレンダリングした時点でプログラムモニター上でノイズが確認できる場合は、補間方法は変更の必要がある、ということになります。

いずれにしても、スローモーションの作成は、CC2015からの方がきれいにできると思いますので、ぜひC2015で行ってみてください。ところで毎年6月は、Adobe CCの新しいバージョンが出てくる時期ですので、そろそろCC2016が登場するのではないかと思いますが、Premiere Pro CC2016では、どうも8KやVRビデオなどにも対応するようです。今後に期待です。


この記事を読んだ方にオススメの講座はこちら!

▼Premiere Pro CC 2014の使い方・基本トレーニング
メインビジュアル:Premiere Pro CC 2014の使い方・基本トレーニング


イトウ先生が、Twitterを始めました!みなさんもぜひ、フォローしてくださいね!
itoh_sensei

イトウ先生のTips noteアーカイブ【2016年~】

イトウ先生のTips note アーカイブ【2010年~】(別サイトに飛びます)

○消しゴムツールの活用
○ななめの画像をまっすぐにする方法
○自然な合成テクニック・角版
○自然な合成テクニック・切り抜き画像
○画像合成後の便利なショートカット
○調整レイヤー
○レイヤーパネルの不透明度と塗りについて
○不透明度のショートカット
○CS5新機能01:「コンテンツに応じる」機能
○CS5新機能02:絵筆ブラシと混合ブラシ
○CS5新機能03:人の記憶に近い画像・HDRについて
○CS5新機能04:パペットワープ
○CS5新機能05:3Dオブジェクトとアニメーション
○美しいモノクロ画像の作り方
○境界部分をきれいにカラー変更する方法
○Photoshop CS6 特集・その1(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その2(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その3(全3回)
○2つの画像の違いを調べる、差の絶対値
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その1
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その2
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その3
○CSSの読み込み(スウォッチカラー)と、 CSS書き出し(CSSをコピー)について
○条件付きアクション
○Photoshop CCの新機能
○Photoshop CCの新機能:Generator(ジェネレーター)
○PhotoshopをJavaScriptで操作するAdobe Extendscript Toolkit CC
○新しいスクリプトパターンと、リンクを配置について
○変数
○Photoshop CC 2014:「配置」と「パッケージ化」
○Photoshop CC 2014:焦点選択と測定ガイド
○Photoshop CC 2014:3Dプリント
○Photoshop CC 2014:CameraRaw 8.7
○Photoshop CC 2014:シェイプから新規ガイドを作成と、新規ガイドレイアウトを作成
○Photoshop CC 2014:PhotoshopとAfterEffectsで使える、カラールックアップテーブルの書き出し
○Photoshop CC 2015:アートボード
○Photoshop CC 2015:かすみを除去する
○CS5新機能01:ロトブラシ
○CS5新機能02:新しい便利なショートカット
○CS5 パペットアニメーションと、時間反転キーフレーム
○CS5 ビデオや画像の型抜きについて「トラックマットとステンシルアルファ」
○CS5 動画の動きを捕らえて、他のレイヤーに適用する「モーショントラック」
○CS5.5 ワープスタビライザー
○CS5.5 ブラー・互換・タイムコード
○CS5.5 「シャドウを落とす・受ける」機能
○CS5.5 エクスプレッション・その1
○CS5.5 エクスプレッション・その2
○CS5.5 エクスプレッション・その3
○CS6の新機能1:ベクトルレイヤーからシェイプを生成
○CS6の新機能2:3Dカメラトラック
○AfterEffects CCの新機能:ワープスタビライザーVFX
○AfterEffects CC・レンダリングの変更点
○AfterEffects CCの新機能:マスクをトラック
○AfterEffects CCの新機能:ピクセルモーションブラー
○AfterEffects CCエッジを調整ツール
○AfterEffects CC モーションスケッチ
○AfterEffects CC 2014:HTML5パネルSDK(その1)
○AfterEffects CC 2014:HTML5パネルSDK(その2)
○AfterEffects CC 2014:4KビデオのYouTubeへのアップロード
○AfterEffects CC 2014:相対的なプロパティリンクと一緒にコピー
○AfterEffects CC 2014:モーフィング
○AfterEffects CC 2014:画像やビデオ等からカラーを抽出し、他のレイヤーに適用するsampleImageメソッド
○AfterEffects CC 2014:監視フォルダーの使い方
○AfterEffects CC 2014:カラープロファイルの使い方
○AfterEffects CC 2015:顔のトラッキング
○AfterEffects CC 2015:タイムチューナー