イトウ先生のTips note【Illustrator CC 2018】バリアブルフォント

こんにちは、イマジカデジタルスケープの伊藤和博です。
今週はIllustrator CC 2018から、「バリアブルフォント」をご紹介します。
バリアブルフォントとは、Adobe、Apple、Google、Microsoftの各社が共同開発したOpentypeフォントで、1つのフォントでフォントウェイトやグリフの幅などをお好みで調整可能なフォントです。
何らかのフォントを選択し、ウェイト(ミディアムやボールドなど)を設定した後、ミディアムよりも少しだけ細くしたい、または太くしたい、というような調整に対応するフォントで、ベースとなるフォントから自分好みのフォントを無限に作成可能、ともいえるフォントになります。
Illustrator CC 2018及びPhotoshop CC 2018にこのバリアブルフォントが搭載され、文字パネル上で簡単に字幅、線幅、傾斜のデザインの変更が可能になりました。

●バリアブルフォント

フォント名の横にOの上にVARと表示されているフォントがバリアブルフォント(Variable Font)で、Illustrator CC 2018の10月アップデートでは9書体搭載されています。

このバリアブルフォントに設定すると、フォントファミリを指定する箇所の右側にバリアブルフォントというボタンが表示され、このボタンからバリアブルフォントに応じて線の太さ(weight)、幅(width)、傾斜(slant(スラント))などを設定することが可能になっており、スライダーをスクラブし、お好みで調整することが可能です。

ちなみにPhotoshop CC 2018には7書体搭載されており、文字パネル上でバリアブルフォントを選択すると自動的に属性パネルがアクティブになり、属性パネル上で幅や傾斜を調整するようになっています。

なお、Illustrator上では特殊フォントというような扱いではなく、アピアランスの適用やアウトライン化なども通常のテキスト同様に可能になっています。

フォントサイズや字間などの変更などは従来通り文字パネルから、となりますが、このバリアブルフォントでフォントの幅(文字キャラクタそのものの字幅)、線の太さ、傾斜に対してのデザインが自由に行えるようになり、アウトライン化して形を変えるなどの作業がなくなり、表現の幅が広がりました。

●Webブラウザ上で表示

バリアブルフォントそのものは、CSS指定することでWebブラウザでも表示が可能で、現時点で表示可能なWebブラウザは、Safari(High Sierra・Safari 11以降)、Chrome及びChrome Canary(開発者用Chrome)、Firefox Developer Edition及びFirefox Nightyになります。

ただ、バリアブルフォントのロードが必要になりますが、現時点ではAdobe Typekitでもバリアブルフォントはありません。サンプルのフォントは以下のサイトでプロトタイプのダウンロードが可能になっています。

Adobe Variable Font Prototype
https://github.com/adobe-fonts/adobe-variable-font-prototype

CSSでの指定も、font-familyでの指定に加え、font-variation-settingsプロパティで太さ、幅などの指定を行うようですが、現時点のIllustrator CC 2018では、CSSプロパティパネルでもfont-variation-settingsプロパティの書き出しは無いため、今後のところで、CSSプロパティパネルでの書き出しはWebブラウザで表示可能なバリアブルフォントに対して対応、ということになるかもしれません。

実際に可変幅を活用してブラウザ上でアニメートできるようになれば、レスポンシブと合わせて表現の幅も広がると思いますが、そのイメージがWebKit.orgに出ています。なお、このページでアニメートしているのはバリアブルフォントそのものではなくビデオで、あくまでもブラウザ上で動作する可変のイメージになります。

WebKit.org
https://webkit.org/blog/7051/variable-fonts-on-the-web/

このバリアブルフォントの登場でIllustrator上でのデザインの自由度が増しましたが、今後Dreamweaverなどでもこのフォントが使用できるようになり、CSS指定でアニメーションなども可能になると、いろいろと活用の幅が見込めるフォントになるのでは、と思います。まずはCC2018をインストールして使ってみてください。


この記事を読んだ方にオススメの講座はこちら!

▼Illustrator CC 2015の使い方・基本トレーニング
メインビジュアル:Illustrator CC 2015の使い方・基本トレーニング


イトウ先生が、Twitterを始めました!みなさんもぜひ、フォローしてくださいね!
itoh_sensei

イトウ先生のTips noteアーカイブ【2016年~】

イトウ先生のTips note アーカイブ【2010年~】(別サイトに飛びます)

○消しゴムツールの活用
○ななめの画像をまっすぐにする方法
○自然な合成テクニック・角版
○自然な合成テクニック・切り抜き画像
○画像合成後の便利なショートカット
○調整レイヤー
○レイヤーパネルの不透明度と塗りについて
○不透明度のショートカット
○CS5新機能01:「コンテンツに応じる」機能
○CS5新機能02:絵筆ブラシと混合ブラシ
○CS5新機能03:人の記憶に近い画像・HDRについて
○CS5新機能04:パペットワープ
○CS5新機能05:3Dオブジェクトとアニメーション
○美しいモノクロ画像の作り方
○境界部分をきれいにカラー変更する方法
○Photoshop CS6 特集・その1(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その2(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その3(全3回)
○2つの画像の違いを調べる、差の絶対値
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その1
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その2
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その3
○CSSの読み込み(スウォッチカラー)と、 CSS書き出し(CSSをコピー)について
○条件付きアクション
○Photoshop CCの新機能
○Photoshop CCの新機能:Generator(ジェネレーター)
○PhotoshopをJavaScriptで操作するAdobe Extendscript Toolkit CC
○新しいスクリプトパターンと、リンクを配置について
○変数
○Photoshop CC 2014:「配置」と「パッケージ化」
○Photoshop CC 2014:焦点選択と測定ガイド
○Photoshop CC 2014:3Dプリント
○Photoshop CC 2014:CameraRaw 8.7
○Photoshop CC 2014:シェイプから新規ガイドを作成と、新規ガイドレイアウトを作成
○Photoshop CC 2014:PhotoshopとAfterEffectsで使える、カラールックアップテーブルの書き出し
○Photoshop CC 2015:アートボード
○Photoshop CC 2015:かすみを除去する
○CS5新機能01:ロトブラシ
○CS5新機能02:新しい便利なショートカット
○CS5 パペットアニメーションと、時間反転キーフレーム
○CS5 ビデオや画像の型抜きについて「トラックマットとステンシルアルファ」
○CS5 動画の動きを捕らえて、他のレイヤーに適用する「モーショントラック」
○CS5.5 ワープスタビライザー
○CS5.5 ブラー・互換・タイムコード
○CS5.5 「シャドウを落とす・受ける」機能
○CS5.5 エクスプレッション・その1
○CS5.5 エクスプレッション・その2
○CS5.5 エクスプレッション・その3
○CS6の新機能1:ベクトルレイヤーからシェイプを生成
○CS6の新機能2:3Dカメラトラック
○AfterEffects CCの新機能:ワープスタビライザーVFX
○AfterEffects CC・レンダリングの変更点
○AfterEffects CCの新機能:マスクをトラック
○AfterEffects CCの新機能:ピクセルモーションブラー
○AfterEffects CCエッジを調整ツール
○AfterEffects CC モーションスケッチ
○AfterEffects CC 2014:HTML5パネルSDK(その1)
○AfterEffects CC 2014:HTML5パネルSDK(その2)
○AfterEffects CC 2014:4KビデオのYouTubeへのアップロード
○AfterEffects CC 2014:相対的なプロパティリンクと一緒にコピー
○AfterEffects CC 2014:モーフィング
○AfterEffects CC 2014:画像やビデオ等からカラーを抽出し、他のレイヤーに適用するsampleImageメソッド
○AfterEffects CC 2014:監視フォルダーの使い方
○AfterEffects CC 2014:カラープロファイルの使い方
○AfterEffects CC 2015:顔のトラッキング
○AfterEffects CC 2015:タイムチューナー