イトウ先生のTips note【Dreamweaver CC 2015】ビジュアルメディアクエリー

20150408-tipsnote2015

こんにちは、イマジカデジタルスケープの伊藤和博です。
今週は、Dreamweaver CC 2015の新機能の中から、ビジュアルメディアクエリーをご紹介します。
メディアクエリーとは、様々なデバイスに個々のCSSルールを適用するためのCSS3モジュールで、指定したメディアクエリーに応じて、スマートフォン、タブレット、PCモニターなどの様々な条件に合わせてCSSをレンダリングするものです。メディアクエリーはレスポンシブWEBデザインを行う場合に使用しますが、Dreamweaver CC 2015では、CSSに記述しているメディアクエリーを認識し、そのメディアクエリー毎にプレビューを変更したり、デバイス毎の幅をドラッグで変更するなどの作業が簡単にできるようになりました。
また、ビジュアルメディアクエリーを使用することで、(メディアクエリーを設定していない)既存のHTMLやCSSに、新たにメディアクエリーを設定することも容易に行えるようになりました。

●さっそくやってみよう!

そもそもメディアクエリーを設定する場合は、HTML内にlink要素でCSSを適用し、そのlink要素にmedia属性で適用する方法と、CSS内に@media規則を定義し、1つのCSSでデバイス毎にCSSを切り替える2つの方法とがあり、HTMLで切り替える場合は・・・

<link rel=“stylesheet“ href=“layout.css” media=“screen” />
<link rel=“stylesheet“ href=“print.css” media=“print” />
<link rel=“stylesheet“ href=“sp.css” media=“screen and (min-width: 641px)” />

のように、複数のCSSをlink要素で適用し、media属性で切り替えて使用します。
1つのCSSで切り替える場合は、CSS内に@media規則を定義し、

@media screen and (min-width: 800px){この中に800px以上の幅で表示されるCSSを記述}
@media screen and (max-width: 799px){この中に799px以下の幅で表示されるCSSを記述}

のように、特定の幅以上以下で閲覧した場合に適用するCSSを記述していきます。
Dreamweaver CC 2015では、link要素へのmedia属性によるものでもCSSへの@media規則によるものでも、メディアクエリーを認識し、定義した幅ごとに異なるプレビューを確認したり、幅の調整をドラッグで変更したり、新規でメディアクエリーを作成することが可能になっています。

まずは、メディアクエリーを指定したHTMLをDreamweaverで開きます。

Dwcc15_media001

表示されたウインドウの右上にあるビジュアルメディアクエリーボタン(三本線のアイコン)をクリックすると、メディアクエリーで定義された幅がそれぞれ表示されます。この機能は、分割ビューとライブビューで機能し、コードビューとデザインビューでは機能しないようになっています。なお、Dreamweaver CC 2015では、デザインビューとライブビューは切り替えになっており、デフォルトではライブビューの状態になっています。

Dwcc15_media002

Dwcc15_media003

ビジュアルメディアクエリーボタンをクリックすると、メディアクエリーで定義された幅がそれぞれ表示されるため、各幅のスパンをクリックすることで、プレビューを変更することが可能です。

Dwcc15_media004

なお、メディアクエリーバーは、そのカラーで以下のような意味を持っています。

・緑:max-width 条件付きメディアクエリー
・青:min-width および max-width 条件付きメディアクエリー
・紫:min-width 条件付きメディアクエリー

これらのカラーは、CSSデザイナーパネル上でも反映されるようになっているため、どのメディアクエリーが対象なのかをカラーで追うことが可能です。

Dwcc15_media008

変更したウインドウ幅は、ウインドウ左にあるスクラブを左右にドラッグすると自由な幅に変更することができ、またスクラブの右にある空いた箇所をダブルクリックすると、最大サイズになります。

Dwcc15_media005

また、メディアクエリーで定義された幅の右端にあるスライダーをドラッグすると、任意にメディアクエリーの幅を変更することができ、変更した内容はCSSに即座に反映されるようになっています。

Dwcc15_media006

●新しいメディアクエリーを作成する

ビジュアルメディアクエリーから新しいメディアクエリーを作成する場合は、メディアクエリーバーにある「+」のボタンをクリックします。すると、メディアクエリーバーの下にmin-widthか、max-widthかを聞いてくるため、いずれかをクリックすると、「+」のボタンが設定されている箇所を基準にウインドウが開き、許容する幅を指定するウインドウが開くため、ここで保存先のCSSと幅を指定すると、新しいメディアクエリーを作成することが可能です。

Dwcc15_media009

また、元々メディアクエリーを設定していないHTMLやCSSにも、このメディアクエリーバーから新規でメディアクエリーを設定することが可能です。

Dwcc15_media013

レスポンシブWEBデザインには必須となるメディアクエリーですが、デザインビジュアルメディアクエリーを使用することで、デバイス毎に異なる幅の設定を容易に作成することが可能になりますので、ぜひ使ってみてください。


この記事を読んだ方にオススメの講座はこちら!

▼Dreamweaver CCの使い方・基本トレーニング
メインビジュアル:Dreamweaver CCの使い方・基本トレーニング

▼HTML5・CSS3の基礎知識(PC・スマートフォン)
メインビジュアル:HTML5・CSS3の基礎知識(PC・スマートフォン)


イトウ先生が、Twitterを始めました!みなさんもぜひ、フォローしてくださいね!
itoh_sensei

イトウ先生のTips noteアーカイブ【2016年~】

イトウ先生のTips note アーカイブ【2010年~】(別サイトに飛びます)

○消しゴムツールの活用
○ななめの画像をまっすぐにする方法
○自然な合成テクニック・角版
○自然な合成テクニック・切り抜き画像
○画像合成後の便利なショートカット
○調整レイヤー
○レイヤーパネルの不透明度と塗りについて
○不透明度のショートカット
○CS5新機能01:「コンテンツに応じる」機能
○CS5新機能02:絵筆ブラシと混合ブラシ
○CS5新機能03:人の記憶に近い画像・HDRについて
○CS5新機能04:パペットワープ
○CS5新機能05:3Dオブジェクトとアニメーション
○美しいモノクロ画像の作り方
○境界部分をきれいにカラー変更する方法
○Photoshop CS6 特集・その1(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その2(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その3(全3回)
○2つの画像の違いを調べる、差の絶対値
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その1
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その2
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その3
○CSSの読み込み(スウォッチカラー)と、 CSS書き出し(CSSをコピー)について
○条件付きアクション
○Photoshop CCの新機能
○Photoshop CCの新機能:Generator(ジェネレーター)
○PhotoshopをJavaScriptで操作するAdobe Extendscript Toolkit CC
○新しいスクリプトパターンと、リンクを配置について
○変数
○Photoshop CC 2014:「配置」と「パッケージ化」
○Photoshop CC 2014:焦点選択と測定ガイド
○Photoshop CC 2014:3Dプリント
○Photoshop CC 2014:CameraRaw 8.7
○Photoshop CC 2014:シェイプから新規ガイドを作成と、新規ガイドレイアウトを作成
○Photoshop CC 2014:PhotoshopとAfterEffectsで使える、カラールックアップテーブルの書き出し
○Photoshop CC 2015:アートボード
○Photoshop CC 2015:かすみを除去する
○CS5新機能01:ロトブラシ
○CS5新機能02:新しい便利なショートカット
○CS5 パペットアニメーションと、時間反転キーフレーム
○CS5 ビデオや画像の型抜きについて「トラックマットとステンシルアルファ」
○CS5 動画の動きを捕らえて、他のレイヤーに適用する「モーショントラック」
○CS5.5 ワープスタビライザー
○CS5.5 ブラー・互換・タイムコード
○CS5.5 「シャドウを落とす・受ける」機能
○CS5.5 エクスプレッション・その1
○CS5.5 エクスプレッション・その2
○CS5.5 エクスプレッション・その3
○CS6の新機能1:ベクトルレイヤーからシェイプを生成
○CS6の新機能2:3Dカメラトラック
○AfterEffects CCの新機能:ワープスタビライザーVFX
○AfterEffects CC・レンダリングの変更点
○AfterEffects CCの新機能:マスクをトラック
○AfterEffects CCの新機能:ピクセルモーションブラー
○AfterEffects CCエッジを調整ツール
○AfterEffects CC モーションスケッチ
○AfterEffects CC 2014:HTML5パネルSDK(その1)
○AfterEffects CC 2014:HTML5パネルSDK(その2)
○AfterEffects CC 2014:4KビデオのYouTubeへのアップロード
○AfterEffects CC 2014:相対的なプロパティリンクと一緒にコピー
○AfterEffects CC 2014:モーフィング
○AfterEffects CC 2014:画像やビデオ等からカラーを抽出し、他のレイヤーに適用するsampleImageメソッド
○AfterEffects CC 2014:監視フォルダーの使い方
○AfterEffects CC 2014:カラープロファイルの使い方
○AfterEffects CC 2015:顔のトラッキング
○AfterEffects CC 2015:タイムチューナー