イトウ先生のTips note【AfterEffects CC 2017】現在のフレームから静止画を作る

こんにちは、イマジカデジタルスケープの伊藤和博です。
今週は、AfterEffects CC 2017から「現在のフレームから静止画を作成する」をご紹介します。
動画を再生していない時に表示しておく画像をポスター画像(YouTubeでは終了画像)といいますが、今回のブログでは、このポスター画像の作成等に使用できる、動画の中にある1カットから静止画を作成する方法をご紹介します。
このポスター画像の作り方には何通りかの方法がありますが、AfterEffectsのレンダリング前のデータ、また、すでにビデオとしてレンダリングしてしまったもの、AfterEffectsを使わない方法、などをご紹介していきます。

●フレームを保存

AfterEffectsのaepファイルから直接静止画を作成する場合は、まず、静止画として書き出したい箇所に再生ヘッドをセットしておき、タイムラインパネルを選択した状態で、コンポジションメニュー > フレームを保存 > ファイルまたはPhotoshopレイヤーを選択します。

コンポジションメニュー > フレームを保存 > ファイル、を選択した場合は、レンダーキューパネルが表示され、Photoshopシーケンスとして現在再生ヘッドが置いてある静止画1枚を画像として書き出し、AfterEffects上のレイヤーは1枚に結合されます。また、コンポジションも含めて書き出すため、レイヤーに透明を含む場合はコンポジションの背景色も含めた形で書き出されます。

コンポジションメニュー > フレームを保存 > Photoshopレイヤー、を選択した場合は、タイムラインにあるレイヤー構造のまま、レイヤーのみを保存します。コンポジションは含まないため、レイヤーに透明を含む場合はそのまま透明として保存されます。また、セーフティエリアはPhotoshopの定規ガイドとして作成され、このガイドはPhotoshopで編集することが可能です。

なお、透明を含まないビデオや画像がレイヤーとしてあり、コンポジションが完全に隠れている場合は、ファイルとして書き出しても、Photoshopレイヤーとして書き出しても見た目では判断がつきませんが、AfterEffectsのレイヤー構造を活かして書き出す場合はPhotoshopレイヤーで、コンポジションも含めて書き出す場合はファイルで、という使い分けをするといいかと思います。

●AfterEffectsが無い場合や、レンダリング後のビデオの場合は、Photoshopでも可能

Photoshopでは、ファイルメニュー>開く、で直接ビデオデータを開くことが可能です。ビデオを開いた後、ウインドウメニューからタイムラインパネルを表示し、任意の箇所に再生ヘッドを動かした後、画像選択を選択してコピーし、新規画像などにペーストすると、動画から静止画を作成することが可能です。

シャッターチャンスを狙って写真を撮影するのではなく、一連のシーンをスマホの動画機能で撮影してしまい、好きな箇所で動画を止めてそこから静止画を作成する、ということが可能ですので、写真撮影が苦手な方は、丸ごとビデオで撮影してしまってあとから編集する、という方法でもいいかと思います。

●YouTubeの場合

YouTubeの場合、動画の管理 > 終了画像とアノテーションの機能で、アップ済みの動画から好きなシーンを終了画像として設定することが可能です。

動画内には含まれない自作したオリジナル画像などを終了画像に設定する場合は、要素を追加から画像を設定することが可能ですので、上記の方法で作成したポスター画像でぜひ試してみてください。


この記事を読んだ方にオススメの講座はこちら!

▼AfterEffects CCの使い方・基本トレーニング
メインビジュアル:AfterEffects CCの使い方・基本トレーニング
▼Photoshop CC 2015 の使い方・基本トレーニング
メインビジュアル:Photoshop CC 2015 の使い方・基本トレーニング


イトウ先生が、Twitterを始めました!みなさんもぜひ、フォローしてくださいね!
itoh_sensei

イトウ先生のTips noteアーカイブ【2016年~】

イトウ先生のTips note アーカイブ【2010年~】(別サイトに飛びます)

○消しゴムツールの活用
○ななめの画像をまっすぐにする方法
○自然な合成テクニック・角版
○自然な合成テクニック・切り抜き画像
○画像合成後の便利なショートカット
○調整レイヤー
○レイヤーパネルの不透明度と塗りについて
○不透明度のショートカット
○CS5新機能01:「コンテンツに応じる」機能
○CS5新機能02:絵筆ブラシと混合ブラシ
○CS5新機能03:人の記憶に近い画像・HDRについて
○CS5新機能04:パペットワープ
○CS5新機能05:3Dオブジェクトとアニメーション
○美しいモノクロ画像の作り方
○境界部分をきれいにカラー変更する方法
○Photoshop CS6 特集・その1(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その2(全3回)
○Photoshop CS6 特集・その3(全3回)
○2つの画像の違いを調べる、差の絶対値
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その1
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その2
○Photoshop CS6だけで作るビデオ・その3
○CSSの読み込み(スウォッチカラー)と、 CSS書き出し(CSSをコピー)について
○条件付きアクション
○Photoshop CCの新機能
○Photoshop CCの新機能:Generator(ジェネレーター)
○PhotoshopをJavaScriptで操作するAdobe Extendscript Toolkit CC
○新しいスクリプトパターンと、リンクを配置について
○変数
○Photoshop CC 2014:「配置」と「パッケージ化」
○Photoshop CC 2014:焦点選択と測定ガイド
○Photoshop CC 2014:3Dプリント
○Photoshop CC 2014:CameraRaw 8.7
○Photoshop CC 2014:シェイプから新規ガイドを作成と、新規ガイドレイアウトを作成
○Photoshop CC 2014:PhotoshopとAfterEffectsで使える、カラールックアップテーブルの書き出し
○Photoshop CC 2015:アートボード
○Photoshop CC 2015:かすみを除去する
○CS5新機能01:ロトブラシ
○CS5新機能02:新しい便利なショートカット
○CS5 パペットアニメーションと、時間反転キーフレーム
○CS5 ビデオや画像の型抜きについて「トラックマットとステンシルアルファ」
○CS5 動画の動きを捕らえて、他のレイヤーに適用する「モーショントラック」
○CS5.5 ワープスタビライザー
○CS5.5 ブラー・互換・タイムコード
○CS5.5 「シャドウを落とす・受ける」機能
○CS5.5 エクスプレッション・その1
○CS5.5 エクスプレッション・その2
○CS5.5 エクスプレッション・その3
○CS6の新機能1:ベクトルレイヤーからシェイプを生成
○CS6の新機能2:3Dカメラトラック
○AfterEffects CCの新機能:ワープスタビライザーVFX
○AfterEffects CC・レンダリングの変更点
○AfterEffects CCの新機能:マスクをトラック
○AfterEffects CCの新機能:ピクセルモーションブラー
○AfterEffects CCエッジを調整ツール
○AfterEffects CC モーションスケッチ
○AfterEffects CC 2014:HTML5パネルSDK(その1)
○AfterEffects CC 2014:HTML5パネルSDK(その2)
○AfterEffects CC 2014:4KビデオのYouTubeへのアップロード
○AfterEffects CC 2014:相対的なプロパティリンクと一緒にコピー
○AfterEffects CC 2014:モーフィング
○AfterEffects CC 2014:画像やビデオ等からカラーを抽出し、他のレイヤーに適用するsampleImageメソッド
○AfterEffects CC 2014:監視フォルダーの使い方
○AfterEffects CC 2014:カラープロファイルの使い方
○AfterEffects CC 2015:顔のトラッキング
○AfterEffects CC 2015:タイムチューナー