気になるフォント Monotypeが作った日本語フォント「Tazuganeフォント」

今回ご紹介するのは、欧文フォント最大手メーカーMonotypeが開発した日本語フォント「Tazuganeフォント」です。

◆「Tazuganeフォント」はMonotypeの日本人デザイナー小林 章氏率いるチームが開発した「人になじむ、自然なかたち」をコンセプトに作られたフォントです。

たづがね角ゴシックは、Monotypeの欧文書体、Neue Frutiger®に合う日本語書体として開発がスタートしました。Neue Frutigerのような〈安心感〉をもつヒューマニストサンセリフ体として、サイン・書籍・広告・Web等、用途を限定しない汎用性の高い製品を目指しました。漢字と仮名などの日本語の文字サイズに合わせて、あらかじめNeue Frutigerを拡大し、ベースラインシフトを施した状態で搭載しています。

「Tazuganeフォント」

「Tazuganeフォント」:FontGarage

もちろん、その他のMonotypeフォントも現在お取り扱い中です。
販売開始してからも人気のある年間ライセンス「Monotype LETS」や、単品ずつのダウンロード販売も取り扱っています。
・「Monotypeフォント」はこちら
◆Monotype ダウンロードフォント:FontGarage

実は、Monotypeフォントは現時点で約25,000書体以上存在します。
書体数も多いため、未登録のフォントも多数あります。
もし気になったフォントや、お探しのフォントがありましたら、気軽にお問合せください。
・その他の「Monotypeフォント」はこちら
◆Monotypeお問合せフォーム:FontGarage

「Monotype LETS」はフォントワークスのライセンス方式「LETS」の仕組みを利用しています。
現在FontGarageでは新規入会者にお得なキャンペーンを実施しています。
Monotypeフォントが約9,000書体、1年間どれでも利用できる仕組みです。
・年間ライセンス「Monotype LETS」はこちら
◆Monotype LETS:FontGarage 新規入会10%OFFキャンペーン!

この機会にぜひご利用ください。