イワタUD フォントが、「2017年度グッドデザイン・ロングライフデザイン賞」を受賞


株式会社イワタは、自社フォント「イワタUD フォント」が、2017年度グッドデザイン・ロングライフデザイン賞を受賞したことを発表した。

イワタUD フォントは老眼や白内障、弱視でも見やすいフォントとして、2006年にイワタとパナソニック(当時は松下電器産業)が共同開発、発売した。
フォントデザインに「ユニバーサルデザイン」の概念を取り入れ、全く新しいカテゴリーを開拓した点、さらには、それが社会に広く定着したことが認められての受賞となった。

詳細はこちら

 

◆詳細情報
受賞製品:イワタUD フォント
UDゴシック、UD丸ゴシック、UD明朝、UD新聞明朝、UD新聞ゴシック
名称:グッドデザイン・ロングライフデザイン賞
表彰主体:公益財団法人 日本デザイン振興会 会長
URL  :www.g-mark.org/activity/2017/longlife.html

●「グッドデザイン・ロングライフデザイン賞」とは?
グッドデザイン・ロングライフデザイン賞の対象となるのは、現在生産・販売されている商品で(1)10年以上前にグッドデザイン賞を受賞している、(2)発売から10年以上にわたり市場へ提供され続けユーザーの支持を得ている、これらのいずれかを満たすもので、広く一般のユーザーから推薦された対象に審査される。

イワタは、この受賞を記念して、2017年10月10日より、20%OFFのダウンロードフォントキャンペーンの実施を予定している。


リリース元
株式会社イワタ
http://www.iwatafont.co.jp/