気になるフォント  短期集中連載:ダイナフォントで広がる暑中見舞いデザイン7「龍門石碑体9」

前回に引き続き、「気になるフォント」では、書体のバリエーションの豊富さから多くのデザイナーに使用されているダイナフォントシリーズを活用して作成した暑中見舞いデザインサンプルを短期集中連載として、1書体ごとにご紹介させていただきます。

第7回目は「龍門石碑体9」を使用して暑中見舞いをデザインしてみました。


使用書体:龍門石碑体9

カテゴリー:毛筆系書体

ダイナフォントの行書体は、日本の書道家が書いた行書をデジタル化しています。字形が縦長で転折の部分が柔らかく書かれており、「ダイナフォント乾隆行書」の特徴である力強い運筆や抑揚に対して穏やかさや優しさが表現された書体になっています。

このフォントはFontGarageで購入いただけます。

ウェイトは下記2種類

DF龍門石碑体 Std W9 ダイナコムウェア   書体名:DF龍門石碑体 W9
シミュレーション可能フォント  [ OpenType ]  [ Mac ]  [ フォントダウンロード ] 
サンプル画像
DF龍門石碑体 Std W9 ダイナコムウェア   書体名:DF龍門石碑体 W9
シミュレーション可能フォント [ OpenType ]  [ Win ]  [ フォントダウンロード ] 
サンプル画像

※Win用、Mac用がございます。
フォントタイプや対応OSによっては、字形が若干異なる場合がございます。予めご了承ください。

購入方法は3種類

(1)ダウンロード・・・「FontGarage」
(2)パッケージ・・・「CGiN/FontGarage」
(3)ライセンス・・・「FontGarage」
  ※年間ライセンス「DynaSmart」にも収録されています。