第3回:明るく透明感のある肌に整える(Maako)

タイトル画像

こんにちは。9月に刊行された「RAW現像ビフォー/アフター パラメータビジュアルリファレンス」という書籍の編集を担当した岡本です。

この連載では、「RAW現像ビフォー/アフター」に作例写真を提供いただいた、Rinoこと佐々木優子さん(デザイナー)、Maakoこといけだまあこさん(フォトグラファー、デザイナー)の二人が、書籍を参考にLightroomという現像ソフトを使ってRAW現像にチャレンジしてみた作例を紹介するものです。細かい解説を読むよりも、JPEGで写真を撮影・補正していた方は、RAWで撮影・現像することによる違いや効果を感じてみてください。

●RAW現像ってご存じですか?

RAW現像とは、デジタルカメラで撮影した「生の・未加工の」データです。JPEGが撮影時に削ぎ落としてしまった、写真に写る以上のディテールや明るさを内包しているので、現像ソフトを使ってそのポテンシャルを引き出すことができます。詳しくは、studio9さんの記事をご覧ください。あ、もちろん書籍「RAW現像ビフォー/アフター」でも詳しく解説していますので、よろしくお願いします(笑)。

●これからRAW現像する人が知っておくべき、たった一つの考え方。(studio9)
http://photo-studio9.com/photo-cooking/

●魅力的なポートレートに仕上げるには丁寧に肌の調整を!

ポイントは、「スポット修正」と「補正ブラシ」。人物の顔にあった、ほくろ、シミ、毛穴などを、Lightroomでできうる限り修正することで、魅力的なポートレートに仕上がります。作例は男性の写真ですが、女性の肌の質感をより美しく整えることも可能です。肌の明るさや透明感、艶やかさなど、ちょっとした作業で表現することができます。

ビフォー/アフター比較

まず、「補正ブラシ」で「マスク」をかけて、もろもろを細かく修正します。肌の質感ををなだらかにしたかったので、「明瞭度」を下げ、「シャープ」も下げています(パラメータを微妙に操作する程度です。Maakoさんによれば、部分部分で数カ所にわけて修正しているので、結構こまかな作業になるようです。納得行くまで修正してみましょう。

Lightroom設定画面その1

さらに、「スポット修正」で消したいところをポチッと押すと、Lightroomが勝手に修正してくれます。Photoshopでいう「パッチツール」に匹敵するくらい、余計なものが綺麗に消えてくれます。不自然にならない程度に、ほくろ、シミ、毛穴などを調整すれば、できあがりです。

Lightroom設定画面その2

いかがでしたでしょうか。各パラメータの解説や動かすことによる写真の変化など、詳しくは書籍「RAW現像ビフォー/アフター」をご覧ください。それでは、次回の連載更新をお楽しみに。

書籍概要

RAW現像ビフォーアフター表紙

理想の写真に近づく!RAW現像ビフォー/アフター パラメータビジュアルリファレンス

定価:本体2,700円+税
判型:B5判/256ページ/オールカラー
ISBN:978-4-86246-351-7
発売日:2016年9月10日
発売元:ボーンデジタル
著者:小原裕太
作例写真提供:いけだまあこ、佐々木優子

出版社サイト
https://www.borndigital.co.jp/book/5982.html

●プロフィール

佐々木優子(Rino)
東京都出身・在住。グラフィックデザイナー、Webデザイナー。Web制作会社勤務を経て、2011年よりフリーランスのWebデザイナーとして独立。そのかたわら、友人らの勧めにより写真撮影を始め、魅力に一気に惹きこまれる。主に風景や人物の写真を得意とし、仕事での撮影・展示会などで撮影の幅を広げつつある。メインで使用するカメラはCanon EOS 6D。写真補正にはLightroom、Photoshopを使用。趣味は、旅行と美味しいご飯を食べること。
http://so-lat.com/

いけだまあこ(Maako)
新潟県出身、東京都在住。フォトグラファー、IA・UXデザイナー。美容師からWeb制作の仕事に転身、10年ほどWeb制作会社に勤務。10年以上続けていた趣味が高じて2015年からフリーランスフォトグラファーに。プロダクト撮影、イメージ写真撮影、ライブ撮影、人物撮影などを行い、趣味でストリートスナップ、カフェ、バー、夜の街での写真撮影も楽しむ。メインで使用するカメラはNikon D750。写真補正にはLightroom、Photoshopを使用。趣味は、旅とヨガと写真。
http://www.harmony.pics/