大型カッティングマシン「CAMM-1 GR-640/540/420」の3機種を世界同時発表(ローランド ディー.ジー.)

ローランド ディー.ジー.株式会社は、カッティングマシン「CAMM-1(キャムワン)」ブランドの新製品として、大型カッティングマシン「GR-640/540/420」の3機種を世界同時発表した。発売は、GR-640/540が2017年3月7日(火)、GR-420が2017年4月3日(月)の予定。

GR-640/540/420は、プロフェッショナルに求められるカッティング品質と生産性を追求した最新モデル。ボディは、本体とスタンドを一体設計した“L字型デザイン”を採用し、剛性を追求。カッティングキャリッジやカッターホルダーなど主要部の構造も一新し、カッティング精度を大幅に向上させた。高剛性のボディは、マシンのポテンシャルを最大限に引き出し、最高毎秒1,485mmのカッティングスピード(ハイスピード時45°方向)と最大600gfのカット圧を達成した。

また、シートを押さえる圧力を10段階で調整できる電動ピンチローラーを新搭載。シートの厚さや素材に応じて最適な圧力を選択することができ、薄手のカーフィルムから厚手のサンドブラスト用シートまで搬送跡を付けることなくスムーズに搬送する。さらに、台紙付ステッカーの製作やパッケージの試作に有用なミシン目カットや、厚手の素材を確実にカットするための重ね切りやオーバーカットなど、さまざまなカッティング機能も搭載し、ユーザーのビジネスの可能性を広げる。

特長

1. 最高毎秒1,485mmのカッティングスピードと高いカッティング品質
本体とスタンドを一体化したL字型デザインを採用し、ボディ剛性を向上。高剛性設計に加え、カッティングキャリッジとカッターホルダーの構造を刷新することで、最高毎秒1,485mmのカッティングスピード(ハイスピード時45°方向)と高いカッティング品質を両立した。最大600gfのカット圧で、厚手の素材も美しく仕上げる。

2. 多様な素材や用途に対応
塩ビシートをはじめ、ウィンドウフィルム、カーフィルム、熱転写シート、サンドブラスト用のマスキングシート、反射シートなどに対応。フィルムやシートの厚みや材質に合わせて、圧力を10段階で調整できる電動ピンチローラーを搭載し、薄手のフィルムから厚手のシートまでスムーズに搬送する。台紙付ステッカーの製作やパッケージの試作に有用なミシン目カットや、厚手の素材を確実にカットするための重ね切りやオーバーカットなど、さまざまなカッティング機能を搭載。

3. カッティング業務を効率化する専用ソフトウェアを標準付属
カットデータの作成・編集が簡単に行える「Roland CutStudio(ローランド・カットスタジオ)」の機能を強化。カット線データの色分け機能や、進化した分割出力機能に加え、不要部分の除去を容易にする作図機能を新搭載し、後工程を含めたカッティング業務全体のさらなる効率化を可能にする。また、Adobe IllustratorやCorelDRAWと連携し、WindowsやmacOSの両方に対応する専用プラグインも標準で付属。

 

製品名 GR-640 GR-540 GR-420
インチサイズ 64インチ 54インチ 42インチ
最大カッティング領域(幅×長さ) 1,651㎜×25m 1,397mm×25m 1,075mm×25m
最大カッティング速度 1,050mm/s (SCAN、FEED方向)、
1,485mm/s (ハイスピード時45゜方向)
外形寸法(幅×奥行×高さ)/重量 2,165mm×740mm×1,190mm/93.5kg 1,910mm×740mm×1,190mm/87kg 1,650mm×740mm×1,190mm/78kg
インターフェイス Ethernet 10BASE-T/100BASE-TX、
USBインターフェィス(USB 2.0 FULL SPEED準拠)
標準価格(本体)※ 1,000,000円(税抜) 850,000円(税抜) 700,000円(税抜)

※本体、ソフトウェアを含む合計価格、運送・設置費別


リリース元
ローランド ディー.ジー.株式会社
http://www.rolanddg.co.jp/