Illustrator CC 2018の使い方・基本トレーニング


イベント詳細

このイベントは 2019年 3月 1日 から 2019年 4月 4日 まで開催しています。 次回の開催は 2019年4月4日 AM 10:00 です。


 

多くのデザイナーが待ち望んだ機能を搭載
Illustrator CC 2018の使い方・基本トレーニング

Adobe Illustrator CC 2018は、デザイン、Web、映像プロジェクトのどのプロジェクトにも必須のベクトルグラフィックソフトウェアです。これまでのCCでは、テキスト関連機能、新しいワークスペースやタブレットに対応するなど環境進化、パン、ズームなどのビジュアル効果、パッケージや自動保存などのデータ保全、Web関連機能ではCSS、SVGなどの言語系機能の強化から、アートボード、アセットなど、様々な進化を遂げてきました。今回のこのCC2018では、これらが更に強化され、デザインセット、Opentype SVG、バリアブルフォント、などのテキスト系機能から、最大1000枚までのアートボード、複数ページのPDFの読み込み、変数によるデータ結合などの、複数ページ制作や複数デザインのより効率化が図られています。プロパティパネルの搭載によって必要な操作にすばやくアクセスできるよう設計されています。 このトレーニングでは、いくつかのサンプルを作成しながら、Adobe Illustrator CC 2018の基本機能と基本操作を学習します。これからIllustrator CCシリーズを使う方、また過去バージョンを使っていたが差分を学習したい方など、ぜひご参加ください。

←イベントカレンダーに戻る

受講のメリット

  • 少人数制クラスによる、ハンズオンセミナーなので、大人数で受講するよりもより理解度を深めることができます。
  • 教材費も込みでお得です。
  • 講師は、Adobe 認定エキスパート。より詳しい技術の習得が可能です。

期待される効果

  • Adobe Illustrator CC 2018の広域な機能を習得に加え、データ制作のポイント、CSSなどのソースコードとの連携、Illustratorデータを作る上で必要な機能と特徴を習得することができます。

教材

主教材:オリジナルテキスト
※主教材の代金は受講料に含まれております。

持ち物

  • 受講票
  • 筆記用具

※データの持ち帰りはできません

使用アプリケーション

  • Adobe Illustrator CC 2018

使用端末

Macintosh(MacPro 3.5GHz 6-Core Intel Xeon E5 32GBメモリ・250GBHD)

カリキュラム

はじめに

  • ペイント系・ドロー系
  • 作業の基本手順
  • 必要システム構成

インターフェイス

  • 開始インターフェイス
  • カラーテーマ
  • パネルとドッグの操作
  • ワークスペース

既存データ

  • ファイルの互換性
  • Illustratorで取り扱うファイル

新規書類の作成

  • カンバスとアートボード
  • 画面表示
  • アウトラインとプレビュー

オブジェクト

  • 選択と選択の仕方
  • 編集モードと編集モードでの操作
  • 各種選択ツール
  • 選択メニュー
  • 移動と移動の仕方
  • 作業の取り消し
  • 取り消しのやり直し
  • オブジェクトの作成(クローズパスとオープンパス)
  • シェイプの生成・削除・結合
  • パスファインダー
  • 変形パネル
  • ワープ(パペットワープ)(CC2018)
  • 座標と定規について
  • 描き直し
  • 部分的に消す
  • 切る(はさみとナイフ)
  • つなぐ(連結)
  • アンカーポイントの追加・削除・切り替え

カラー

  • 塗りと線
  • カラーパネルとスウォッチパネル
  • ペイントとその方法(任意の色または数値入力)
  • カラーガイド

線の編集

  • 線の位置、幅、線種、先端、角の形状、プロファイルの変更

アピアランスとレイヤー

  • 基本アピアランス
  • オブジェクトの階層(前面と背面)
  • レイヤーとサブレイヤー
  • レイヤーの作成と表示の切り替え
  • レイヤーでのオブジェクトの選択と移動
  • アピアランスを含んだレイヤー
  • アピアランスの移動

保存と書き出し

  • フォーマットの種類
  • SVGとJavaScript
  • CSS

演習1

  • 複製とスナップ
  • パスのアウトライン
  • 新規線を追加
  • グループ化とグループ選択
  • 3D押し出しベベルのアピアランス
  • 矢印の作成
  • スマートガイド
  • 変形の繰り返し
  • カーソルキーによる移動
  • 変形を個別に適用
  • 円弧ツールによる、線へのアピアランスと線の書き足し
  • 動的シンボル(CC2015)
  • グラフィックスタイル
  • 分割拡張
  • オブジェクトとアンカーポイントの整列

タイポグラフィ

  • テキスト入力と選択の方法
  • テキスト編集(字間調整と行送り)
  • バリアブルフォント(CC2018)
  • テキストのカラーとアピアランス
  • テキストの配置(ポイントとエリア)
  • テキストの回り込み
  • 制御文字
  • 段落設定
  • テキストの変形
  • アウトライン化
  • レガシーテキストと、その更新

演習2

  • グラデーション
  • ライブブレンド
  • 複数画像の配置
  • リンクと埋め込み・埋め込み解除
  • クリッピングマスク
  • 画像トレース
  • パターンの登録と適用
  • 矩形以外のパターン
  • シンボルスプレーツール
  • 透明と描画モード
  • 不透明マスク
  • ブラシによる描画とブラシの変更
  • 内側描画
  • 背面描画

Web用データの作成

  • カラーモードの変更とその影響
  • ラスタライズ
  • プレビューモード
  • ピクセルグリッドに整合
  • ピクセルパーフェクト描画
  • Web用に保存

CSS

  • CSSプロパティ(CC)
  • ベンダープレフィックス
  • CSSの抽出

SVG

  • SVGオプション(CC2015)
  • SVGインタラクティビティ(JavaScript)

プリント

  • 透明の分割・統合プリセット
  • パッケージ

講師

伊藤 和博

株式会社イマジカデジタルスケープ トレーニングチームディレクター

講師歴20年。講座開発数100以上。 総合商社のスクールでMac/Winを使ったDTP/Webトレーニングスクールの業務全般を担当。 大手PCメーカー、プリンターメーカー、化粧品メーカー、大手印刷会社、大手広告代理店、新聞社、大手玩具メーカー、大学、官公庁、団体などに向けたトレーニングなど幅広い企業の人材育成に携わる。 現在は、イマジカデジタルスケープにてAdobeCCを中心としたトレーニングの企画、講師を務める。Adobe認定エキスパート、JAGAT認定DTPエキスパート、アップルコンピュータ認定技術者、CIW JavaScript Specialist、CIW Web Design Specialist。

受講者へのメッセージ

Illustrator CC 2018から、データ結合の機能が搭載され、飛躍的に作業効率が上がりました。アートボードも1000枚まで対応したため、前バージョンから搭載されている複数画像の配置の機能も合わせると、ちょっとしたInDesiggnのように使用することも可能になってきています。ユーザーエクスペリエンスの変更と、コントロールパネルに加えて、新たにプロパティパネルが採用され、使い勝手も少々これまでのIllustratorとは違った感じを受けます。 これまでのIllustratorを使っていた方も、新しいワークフローやオペレーションを学習するとより効率的なオペレーションができるようになったことが理解いただけると思います。この機会にぜひIllustratorを習得してみてください。

オススメする対象者

  • これからAdobe Illustrator CCシリーズを使う方
  • Illustratorを我流で使ってきた方で、Illustratorの使い方をきちんと覚えたい方

お申込み

この講座は、株式会社イマジカデジタルスケープが実施します。
お申込みや詳細の確認は下記URLから行って下さい。
http://training.dsp.co.jp/shopdetail/000000000179/

←イベントカレンダーに戻る